YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, February 28, 2017

ANDREW GARFIELD 2017

ANDREW   GARFIELD   2017

アカデミー賞で最も応援したのは主演男優賞候補の
アンドリュー ガーフィールド でした。
候補作は「ハックソー リッジ」(16)の銃を拒否する兵士の役で、これはまた心底感動する第2次大戦沖縄戦での静かな英雄の実話でした。
その上、もう1本、「サイレンス・沈黙」(16)での宣教師の役も全身全霊のスピリットが画面から漂っている劇演で、1年にこの熱情演技を2本やってのけたアンドリューの役者根性に仰天です。
10年に1本ぐらいの圧倒的ノックアウト演技を続けてこなしてしまったアンドリューは、人間的にも信念に篤い、静かで、マナーを心得た俳優なのも、応援の理由のひとつ。

少し前までは「スパイダーマン」(12、14)でアイドルスターだったのですから。おまけに共演相手の前日にオスカー主演女優賞を取ったばかりのエマ ストーンとのロマンスは世界中から注目されていたのですから。

メキシコのカンクーンで毎年開かれたソニーの行事で、やけに大げさに発表された「次のスパイダーマン!!」のファンファーレが思い出されます。
スパイダーマン第1号のトビー マガイアと似ている可愛くて、小柄で、敏捷そうな体つきのアンドリューは、穴があったら入りたいような、ものすごく恥ずかしそうな表情をしていました。
それからたった2年で大作の大役への挑戦を見事にやり遂げたのです。
初めてアンドリューを見たのはロバート レッドフォード監督出演の「大いなる陰謀」(07)でレッドフォード扮する大学教授に従う学生の役をした時で、その美男子風ルックスが日本の昔のアイドル、三田明にそっくりだったのが印象に残ってました。日本の友人に告げたら大笑いで、うん、似ている、そっくりだと共鳴してくれました。

「スパイダーマン」シリーズの少し前に カズオ イシグロ原作の「私を離さないで」(10)でのクローン男性の役も心に残っています。原作は私の大好きな本の1冊でした。

1983年8月20日、カルフォルニア州ロスアンジェルス生まれですが、4歳の時に英国のサリーに移ったのは、母親が英国人だったから。父御はインテリア業を妻と営んでいるそうです。祖父母は東ヨーロッパから英国に移住したユダヤ人で、元の名前はガーファンクルでした。
彼自身は自分をユダヤ人と認めているそうです。

彼を見るたびに髪の量にびっくりします。小さな顔と同じくらいの厚さというのでしょうか、高さの髪の毛が密におっ立ていて、ハゲかけてきた私を非常に羨ましがらせるのです。

オスカー賞でちょっと前まで恋仲だったエマがスピーチをしている時のアンドリューは目に涙を浮かべて感動していました。タブロイドなどでは、復活!と騒がれていますが、さてどうなることでしょう。
間も無く「アンダー ザ シルバー レーク」(17)というフィルム ノワールが公開されます。今度は現代のスリラーで、髭ぼうぼうだったり、泥と汗と血まみれの役ではなく、すっきりとしたアンドリューが見られそうです。
2016「サイレンス


2016「ハックソー リッジ」
髪の毛のヴォリュームをご覧ください!

懐かしの「美しき10代」の頃の三田明。

2012、エマとの恋が芽生えた頃。

2014「ドリーム ホーム」

2012「アメイジング スパイダーマン」
2010「ソーシャル ネットワーク」左から、ジャステイン テインバーレーク、アンドリュー、ジェシー アイゼンバーグと脚本のアーロン ソーキン。
2014「アメージング スパイダーマン2」

2016「サイレンス」

Monday, February 27, 2017

ATLANTA SET VISIT #2 FEB 2017

ATLANTA  SET VISIT #2 FEB 2017

怒涛のアカデミー賞レポートを書く心の準備ができてないので、今日はアトランタ旅行の第2弾を唐突に書きます。

2度目のセット訪問は2月22日、目下カルト的に人気が出てきたテレビシリーズ「ストレンジャー シングス」Stranger Things(16−)という少年消失、SF要素がふんだんのドラマで、母親役をウイノナ ライダーが好演、デイヴィッド ハーバーという俳優が保安官役で脇を固めてますが、主役は4人の子供達で、この日はその生き生きとした反応の見せる子役たちに会いました。

アトランタはジョージア州の映画ビジネス誘致政策の恩恵があるためにハリウッド映画の製作が至る所で行われているのです。ほとんど南部のハリウッドとなって、いろいろなところでセレブにばったり会ったり、ロケ中の表示に出くわします。

今回のセットの明細は例によってまだ明かせませんが、それぞれの子供たちの家を見学、80年代のインテリアがちょっと埃っぽくて、妙にチグハグで、ノスタルジーを感じます。

何と言っても「エレブン」という名の不思議なパワーを持った主人公の少女を演じる ミリー ボビー ブラウン(13歳)の歳よりはるかに成熟した演技力にいつも感心してましたが、本物のミリーも感性が豊かな魅力的な少女でした。
スペイン生まれ、両親は英国人、というユニークな育ちもミリーの才能に影響しているのでしょう。

くるくる髪の少年、ダステインを演じるゲイテン マタラッゾは歯ナシの口でいつもケタケタ笑っている、最高に可愛らしくて、陽気な性格を見せて、私のご贔屓なのですが、ここにきて、ゲイテンが難病にかかっていることを知りました。

鎖骨頭蓋骨異形成症 Cleidocranial Dysplasia という病気で、生まれた時から鎖骨がなく、歯や頭蓋骨が成長しないという症状なのだそうです。
2002年9月8日ニュージャージー州生まれですから、現在14歳、小さい時から演技の道を目指していたものの、歯なし ルックだったり、歳の割に小さいことなどで全く選んでもらえず、この企画で晴れて役を得たそう。制作側は彼の病状を知ってあえて起用したという美談もあります。
自分と同じ症状で苦しむ子供たちに少しでも同じ悩みを抱えているけれど、頑張っているよーとアピールするために、ゲイテンは励まし合いの組織を作って、いろいろな面で参加しているという頼もしい面も知って、ますます彼の明るいスマイルのファンになりました。

日本での公開のことはわかりませんが、とても面白い内容なのでケーブルテレビなどで放映するかもしれません。
是非是非オススメの少年探偵団のようなドラマです。
2月22日アトランタの秘密の場所でクリステンと。


「ストレンジャー シングス」の枯れたトウモロコシ垣根を背景に。

自転車に乗っている「ET」もどきの少年組の右側にゲイテンがいます。

真ん中がミリー、右下がゲイテンです。

ゴーストバスターズみたいな格好の少年隊、真ん中がゲイテン。

失踪した少年の母親役のウイノナ ライダー
ミリー演じる「イレブン」は秘密の基地で誰かに利用されているようなのです。

ミリー演じる「イレブン」は超能力を使うと鼻血が出たりいろいろダメージを受けるのです。

Sunday, February 26, 2017

OSCAR DAY FEB 26 2017

OSCAR  DAY    FEB  26  2017

今日はハリウッドのシンボル 1大イベントのアカデミー授賞式。現在朝の7時ですが、雨が、しとしと降っています。
「ラ ラ ランド」が何個受賞するか、はもうどうでも良い古いニュースですが、
今日最大のサスペンスは、デンゼル ワシントンか、
ケイシー アフレックか!主演男優の一騎打ちです。

私はキネマ旬報にもうこの15年ぐらい、オスカー予想と
授賞式レポートを書いていますが、毎年、こういう賭けの要素が入ってくるのがスリリングで楽しいですね。
初めてオスカー授賞式を取材したのは、もう30余年前、黒いロングドレスを着て出かけて、日本のベテラン記者たちがいつもはヨレヨレの格好なのに神妙にタキシードを着ているのが新鮮でした。

さて今年は「ライオン」というニコール キッドマンが豪州はタスマニアに住むお母さんになり、インドからの孤児を引き取るという映画で、そのインドの少年が大人になった時を演じる英国系インド人のデーヴ パテルとニコールがそれぞれオスカー候補になっています。ストーリーは成長したインド青年がグーグル アース を使って故郷インドの実母を探し出すという母をたずねて三千里、なのですが、日本のテレビ東京が「一夜漬けサンデーロケ」という番組で、オスカー候補になったスターをグーグル アースで探し出そうという
企画を考えて、ピンクのドレスで漫才をすると言う阿佐ヶ谷姉妹がロスアンジェルスにやってきて、いろいろな場所に行くという珍道中ものらしく、
なんとその中に私も登場するのです。
全く日本のお笑い番組とかに無知蒙昧なので、いったいどういう風に対処するのか、出たとこ勝負でまいります。

いつ放映するなどということもわかりませんが、収録は明日なので日付などを教えてもらいましょう。

撮影場所は家の近くの海岸です。お天気が晴れると良いのですが、雨、ほとんど確実と予報が出ています。
阿佐ヶ谷姉妹


2017 最新のニコール キッドマン

2016 デンゼル ワシントン

2016 ケイシー アフレック
2016 「ライオン」ニコールとサニー パワー
「サルー」少年時代を演じるサニーがとても良いのです。
おばさんメークで頑張るニコール。

2016 デーヴ パテル


Saturday, February 25, 2017

ATLANTA SET VISITS FEB 2017

ATLANTA  SET VISITS  FEB 2017

今回のアトランタでのセット訪問はまず行きの飛行機が大幅に遅れて、夜の10時過ぎにホテルに到着、そして、このホテル、Homewood Suites Hotel Buckhead はアトランタ市内というよりビジネスとショッッピングセンターで知られるバックヘッドというところにあって、レストランもルームサービスもないという、家族なり、ビジネスマン(ウーマンも!)の長期間滞在用なのでした。
2月21日 朝 映画セットに行くバスの中。眠そうですが結構ハッピーに見えます。

2月21日夜、レストランに行く前、ロビーで。
ロビーの煖炉と鹿(バックヘッドの意味は鹿の頭)おなじみのジャネットと。

ヒューストンを飛行機から見ました。うねうねは川です。

セント セシリア で HJ とマグナス。

 セント セシリア でアジア人女性は全員鮭の皮を食べたのでした。ジャネットはフィリピン、リンは台湾出身です。

マーゴット ロビーが食べたステーキ。ネットから。

セント セシリア レストラン ネットから。

セント セシリア レストランの外観。ネットから。

広いスイートルームは居間や台所が付いていて広々として快適なのですが、ジャーナリストは基本的に非常に怠惰な人種で、いちいち外に出て夜遅く空いているレストランを探したり、ましてやスーパーに行って食事の材料を買うなど、たった3日間の滞在には全くバカバカしいので、こういう状況にあたるとむやみに頭にきてしまうのです。

結局私はロスアンジェルス空港で買ったツナサンドの残りと持参したフルーツ、フロントの男性がくれたポテトチップスなどでごまかし、他の人々はフロントにあったチラシの中華料理屋に出前を注文するという解決策を見出したのでした。

翌朝はホテルが提供する簡単な(あまり美味しくないスクランブル エッグと平べったいソーセージと食パン)朝食を食べてから、1時間ほどアトランタのバックヘッド近所をお散歩。
ちょっと横道に入ると。かなり高級な住宅地となって、「風と共に去りぬ」ほどではないですが、大きな館が立ち並んでいました。春の花が咲いた木が色彩を添えてます。

フィギュアスケート選手のタニヤ ハーデイング、 94年冬季五輪でのセンセーショナルな事件の映画化、 「アイ、タニヤ」の撮影を見るために出発、スタジオに着くとオーストラリアの大柄でグラマラスで超美人のマーゴット ロビーが見事に変身して、あの小柄で気の強そうなタニアを演じているばかりか、上手にスケートをしている場面のフッテージを見せてくれます。例によって詳しいことは書けませんが、23年前の信じられない事件、ライバルの選手に怪我を負わせて自分が勝とうとする歪んだ勝負心を再び思い出したり、タニアに俗にいう「ホワイト トラッシュ」(白いゴミ、 貧乏で無教養の白人)という差別用語が使われていたのも思い出しました。

前の晩の寂しい夕食の償いというわけでもありませんがスタジオはアトランタの有名なイタリアン レストランに私たちを招待してくれたばかりか、スターのマーゴットも現れ、私の右隣に座って、もりもりとステーキを食べる姿を目の当たりにしたのです。ちなみに私はサーモン ステーキがメインでパリパリの皮も一緒に頂いて、西洋人からびっくりされました。よほど新鮮でない限り、そしてパリパリに焼けてない限り私も好んで皮まで食べませんが。いろいろな種類のパスタ、特に小さなタコがまざったパスタが美味でした。

長い1日だったのでデザートはスキップしてホテルに直帰。
部屋にテレビが2台もあるので、深夜番組を嫌でも見てしまうという夜でした。

いつものごとくレイアウトがごちゃごちゃなのですがご容赦のほどを。
典型的なアメリカのスイートルームHomewood Suits ネットからです。

このホテルはヒルトン系です。ネットから。

キッチン付きです。ネットから。

典型的な実質的ロビー。ネットから。

ホテルの裏にある住宅地の1軒。

雨のヒューストン空港 (経由地)

ホテル裏の屋敷。

いかめしい門がある屋敷

花の木に隠れて大きなお屋敷が。

ホテル近くのダイナー、この横の道を入ると屋敷街になるのです。

いかがですか、売りに出ています。

ホテルの201号室の部屋で深夜番組を見ている図。

何もかも大きくて広いのが強みです。

ダイナーの正面。

屋敷街のはずれにある墓地。

屋敷街にある教会。