YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, August 2, 2017

NEW YORK JULY 30 - 31 2017

NEW YORK  JULY 30 - 31  2017

またまたニューヨークに一泊旅行。今回はファンタジー冒険映画「ダーク タワー」の取材です。
7月30日はまだ真っ暗なうちに空港へ。外が暗いと妙に切ない気分になります。
泊まり先のロンドン ホテルから、最初の夜は評判の精進料理のお店、「嘉日」に。マンハッタンの39番街にある、とびきり注目のお店で、2階のテーブルからは緑の木々が窓越しに見えて、とても涼やかです。
友人のあきこさんが連れて行ってくださったのですが、どこから見ても高級感がみなぎっていて、(つまり、ひどく気取っているのです)私はいつもと違う、違和感を少し感じたり。

ウオルター(正確な名前の記憶なし)というハンサムなウェイターがほとんど完璧な日本語でアテンドしてくれます。
食器や凝った飾り付けの説明、材料の説明、何もかもが馬耳東風で、実は私は食べ物本来の味にしか興味がないのだと実感したのでした。冷えた酒シャンペンでスタート。
時間があまりないので、「花」コースを選びます。それでも10品あまりのお皿が丁寧なお品書きとともに出てきて、実はあまり細かく覚えていないのです。アメリカでは入手が難しそうな食材と飾り用の本物の葉っぱが豊かに登場してました。
1階の「こかげ」では坂本龍一さんがお食事中。高級感がお分かりでしょう!

それから「ダーク タワー」(17)の試写へ。冒険に巻き込まれる少年のトム テイラーが、新鮮で、可愛くて、最高でした。スパイダーマンのトム ホランドと同じく英国出身で、イドリス エルバにもマシュウー マコナヘイにも負けない堂々の存在感を見せています。

そしてロンドンホテルに戻ってドリンクをいただいたのが最初の日の行動でした。


翌31日はハイカラでおしゃれなウイットビー ホテルでのインタヴュー。イドリスはあくまでセクシーで、マシュウはあくまで愉快で、暖かく、と同時にちょっとエキセントリックで、それが魅力を増しています。
スターのお話はまた後で。
精進料理「嘉日」で。あきこさん(左)と舞さん。


多分2番目のお料理。お盆の氷はプラステック。

2階は精進料理、1階 「こかげ」は普通のお料理。
仲良しのベルギー人のクリステインのペット、チュウイーです。
あきこさんからのプレゼントの水色の巨大Tシャツ。

お玄関。


ウイットビー ホテル。デザインがカラフルで洒落てます。

1階のシンプルなインテリア。ネットから。
2階。ネットからなので、窓の外の緑の木々が見えません。

「嘉日」の前であきこさんと。

No comments:

Post a Comment