YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, October 18, 2017

JUSTIN TIMBERLAKE 2017

JUSTIN  TIMBERLAKE   2017

新作「ワンダー ホイール」(17)  WONDER WHEEL
にライフガード(水難救助員)の役で1950年代の古典的な水着を着て登場するジャステイン テインバーレークに ニューヨークで会ってきました。
風邪気味だそうで、部屋の中でも毛糸の帽子をかぶり、ジャケットの下にはフランネルのシャツと着膨れで登場。熱い紅茶をすすりながらの会見となりました。

ウデイー アレン監督の「ワンダー ホイール」は「脅威の車輪」が直訳ですが、この場合は遊園地、コニーアイランドの乗り物のことで、主人公のケイト ウインスレットはジェットコースターのようなぐるぐる回る乗り物のすぐ横の小屋に住んでいるのです。
ジャステインは大学生でライフガードはアルバイト、浜辺で出会ったケイトが彼を好きになり、若い男と人妻の恋が始まります。
もちろんうまく運ぶわけもなく、その昔女優志願だったケイトは次第にドラマテイックになり、ラストの頃には「欲望という名の電車」のブランチやら、「サンセット大通り」のノーマ デズモンドもどきになって、これが見ものです。

1981年1月31日テネシー州メンフィス生まれ、12歳の時に「ミッキー マウス クラブ」のレギュラーになって
ブリットニー スペアーズ、クリステイーナ アギュレラとともに踊って歌ってのショウに出たのがジャステインのエンターテイナーの始まりでした。
今もいろいろな授賞式やイベントで巧みなダンスと歌を披露してハリウッドの司会者のトップでもあります。

目下ハリウッドを襲っている「セクハラ問題」に対しては
「僕はシングルマザーだった母に育てられ、母のような強くて、正義感のある女性を心から尊敬しているから、女性に対してそういう屈辱的な行為をするなんて考えられない」
ときりりとした表情で断言しています。
2012年に女優のジェシカ ビールと結婚、2歳になる サイラスという男の子が一人います。
2017  10月 「ワンダー ホイール」





2016




2010「ソーシャル ネットワーク」左から、ジャステイン、アンドリュー ガーフィールド、ジェッシー アイゼンバーグ、アーロン ソーキン(脚本)



ジャステイン と 奥方のジェシカ ビール。

二人の結婚式。


水着姿です。

作家を目指す大学生役。

Sunday, October 15, 2017

BLAKE LIVELY 2017

BLAKE  LIVELY  2017

毎度ファッショナブルで、チャーミングなブレーク ライヴリーの最新作は「ALL I SEE IS YOU」(17)という映画で、題名から御察しの通り、盲目の美女を演じています。

盲目の美女が出てくる映画はかなり多いいのですが、いま思い出すだけでもオードリー ヘップバーン、ウマ サーマン、昔のテレビシリーズの刑事の妻、などなど調べる余裕がないのでリストアップしませんが、やはり聴覚と皮膚感覚が研ぎ澄まされた人間の官能がドラマに相乗効果を与えるからでしょうか。

会見に現れたライヴリーは2番目の赤ちゃんを産んだばかりだというのに、ボデイーコンシャスな胸とウエストが強調されたデザインで、おまけに上質なウールとモヘヤという秋らしい珍しいコンビネーションです。長身だからこそ着こなせる特別なスタイルでした。

話はすぐに目下ハリウッドを襲っているワインステインのセクハラ問題に行きます。
「私はハリウッドのビジネスの一環にいる家族と育ちましたから、ある程度「キャステイング カウチ」の危険は知っていたし、そういう状況に自分を置かないように気をつけていたから、私自身は大丈夫だったけれど、大勢の女性が傷ついていることはよく分かっています。この機会にそういう獣のような行為をする人々が減って、人々の意識や理解が強くなると思いたいですね。でもどの業種でも発生していることで、犠牲者はほとんど弱い立場の人ばかり。
私には娘がいるので、考えただけでも身体中に悪寒が走ります。そういう醜い状況が少しでも改善されるように運動していきたいと思っています」
と真面目な顔で答えてくれました。
早口で、いかにもアメリカ西部の女性らしい、気さくな喋り方をします。
「バンコックとバルセロナのロケはすごく楽しかった。タイ料理が大好きだけれど、それでも3ヶ月もいるとやっぱり飽きてしまうわね。フルーツは最高だし、街に出ると花屋さんがそこかしこにあって良い香りで、私の大都会で鈍くなった感性が磨かれました」

1987年8月25日、カリフオルニア州のターザナ 生まれ。ターザンを書いたライターが住んでいた街だったために「ターザナ」と呼ばれるようになったのです。
Blake Christina Lively 珍しいブレークと言う名前は祖母の弟の名前だそうです。
2012年にライアン レイノルズと結婚、最初の女の子はジェイムスという男の子の名前がつけられて、いろいろ騒がれましたが、次の女の子はイネズという、ちょっと古めかしい名前がつけられました。


2017 10月。
夫君のライアンをフルにサポートするブレークは私が書いている雑誌「スクリーン」の表紙のスーパーヒーローたちの中に、「デッド プール」が入ってないとわざと指を突き付けてきて、文句を言ってました。ライアンが情熱的に取り組んでいるマンガチックなヒーローのシリーズです。
ハリウッドでも最も華麗なカップルのブレークとライアン。


2017「オール アイ シー イズ ユー」から。

2017「オール。。」夫役のジェイソン クラーク と。

2017「オール。。」


2017「オール。。」から。ジェイソン クラーク(夫役)と。

2017「オール。。」右端はスイス人の監督、マーク フォスター。

2017  ALL I SEE IS YOU


2015 「アデライン」
2016「キャフェ ソサエテイー」

2010「ザ タウン」

2008「旅するジーンズと19歳の旅立ち」

Thursday, October 12, 2017

HARVEY WEINSTEIN 2017

HARVEY  WEINSTEIN   2017

10月に入った途端ハリウッドはハーヴェイ ワインステインのスキャンダルで大騒ぎ。
彼には何度も会ってますが、女性を見ると、すぐに裸にして楽しむような目つきをします。誰でもプロデユーサーの権限を利用して、「キャステイング カウチ」を頻繁にしているのはすぐに感じるはず。
Casting Couch  は昔からある言葉で、パワーがある人間が「役をあげるから」といった誘い言葉で、カウチ=ソファで新人女優たちに手をつける習慣です。

アンジェリーナ ジョリーからグエネス パルトロウ までゾロゾロと大スターたちが「私も、私も」と告白をはじめましたが、オハイオから出てきたばかりのおぼこ娘でも
「ホテルの部屋に来なさい。話があるから」などと言われたら、それなりの察しはつくはず。

ともかく、これでプロデユーサーたちがもっとクリーンな行動をとるようになれば、めでたしめでたしです。
もっともハリウッドに限らず、どこの業界でも権力を持った人間がこの手の行動をとるのは周知の事実。
若い時はしょっちゅう、この手のセクハラを経験した私としては、これからの女性は良いなーと思うばかりです。
自分で勝手に「減るモンじゃあるまいし」と考えて、多少の居心地の悪さを何度我慢したことか。

それにしてもハーヴェイーの製作した映画はほとんど私の大好きなものばかり。
英雄、色を好む、と言いますが、彼の絶えないセクシュアルな欲望が映画の感性を刺激するのかもしれません。欲望を感じた美人女優を配役して、素晴らしい映画を作るのは、美術を創造的そうぞうてする人々に共通していると思いました。

「イングリッシュ ペイシャント(96)」 「ギャング オブ ニューヨーク」(02)「パルプ フィクション」 (94)「恋に落ちたシェイクスピア」(98)「マリリン7日間の恋」(11)「ゴールド」(16)などなど、合計331本もの映画を製作しています。

今年もアリシア ヴィカンダー主演の「チューリップ フィーヴァー」とベネデイクト カンバーバッチ主演の「カレント ウオー」ニコール キッドマン主演の「アップサイド」ジェレミー レナー主演の「ウインド リバー」など、例年のごとくオスカー賞狙いの「秀作」が並んでいますが、このスキャンダルで、ほとんどがキャンペーンのラインアップから外されるでしょう。

1952年3月19日ニューヨークのクイーンズにあるフラッシング生まれ。もちろんユダヤ系で、父親はダイアモンドのカッター、かなり貧しい家庭に育ちました。
同じ会社で常にハーヴィーの陰でセカンドマンを強いられてきた弟のボブが仕組んだ追い出し劇の説もあります。

これからますますこの手のスキャンダルが出てくるに違いないハリウッドは、全体的に興行成績も下り坂で、さてどのように展開するでしょうか。
かなり前のツーショットです。




2017年のゴールデングローブ授賞式、離婚を宣言したジョージア チャップマン夫人と。






Monday, October 9, 2017

RYAN GOSLING 2017

RYAN  GOSLING   2017

前回の「ララ ランド」(16)主演スター、エマ ストーンの続きで、今回はライアン ゴスリングです。
新作「ブレード ラナー 2049」(17)で大活躍中、この手のSF 近未来ものには辛い評論家連中もこの作品とライアンには大拍手で迎えています。もっとも公開した週末の興行成績は予想を大幅に下回る31.5百万ドルでしたが、これは全般に映画館に行く人が減少したためで、映画の評判のせいではない模様。
さて、目下ハリウッドナンバーワンの人気スターのライアンは、いつもの半分照れた、半分「また自分のことをくっちゃべらなきゃならないのか」と言ううんざりした表情で会見の場に現れました。
ちょび髭がオモシロ味を出して、真面目な顔をするほど、ひょうきんに見えてしまいます。
当日も勿論、その前日、その翌日とテレビなどに出てくるライアンは色違いの模様編みのセーターばかり着ていて、よっぽどデニムとニットのコンビネーションがお気に入りの様子。
「2049年の僕?やだなー。考えたこともないし。今のハリソンと同じぐらいの年だとしたら、やっぱりハリソンてすごいよね。撮影で今回ハリソンにいやっというほど殴られたて、これですっかり友情の絆が深まったのだよ」
とニタニタと笑顔を浮かべます。この表情がライアン ファンにとってはたまらないのでしょう。
その上、話すたびに眉毛が激しく上下して、これがまたライアンの人懐っこさを強調します。

去年の12月に17年間も一緒だった愛犬ジョージを亡くし、胸にかかっているペンダントはジョージの名前タッグだと言ってました。
「どこにでも一緒に行って、ジョージは自分を犬とは思ってなくて、人間以上だと思っていたんだ。お座り!などという命令には全く従わず、座った方が楽ですよ、といった言い方をすると威張って座る、っていうような犬だった。
年を取ってきて、歯もなくなり、毛も剥げかけてきて、まるで老ロッカーのような妙な威厳と魅力が出てきたね。
今のところ次の犬を飼うつもりはないんだ。もう少し様子を見てみようと思っている」

愛情満タンのライアンなのでした。

1980年11月12日、カナダのオンタリオ州ロンドン生まれ。
今も衝撃の初めての大役「ザ ビリーバー」(01)でのユダヤ系のくせにネオ ナチのグループで親分になるドラマをヴィヴィッドに思い出します。
以来どの役にも、ライアンの手を抜かない、情熱の役作りが伺えて、ますます良い役者になること必至!



左から監督のデニ ヴィエネーヴ、リドリー スコット、ハリソン フォード、ライアン ゴスリング








2016  LA LA LAND

2002  「完全犯罪クラブ」右はマイケル ピット。


2017「ブレード ラナー 2049」


Saturday, October 7, 2017

EMMA STONE 2017

EMMA   STONE   2017

今年のオスカー授賞式の「ラ ラ ランド」(16)エラー騒ぎの根本の原因になったのは、ベスト映画賞の前にエマ ストーンが主演女優賞を受賞していたからでした。
彼女の名前と映画の題名が書いてあるカードを、間違えて渡してしまった会計会社派遣の担当者の巨大な失敗が、プレゼンターのウオーレン ビーテイーとフェイ ダナウェイのおそらく老眼鏡が必要なシニア達の虚栄心(メガネをかけてしっかり読んだら、エマ ストーン「ララ ランド」と書いてあって、あ、これはベスト映画のカードではないな、とすぐにわかったはず)も手伝っての映画至上の最大エラーとなったのです。

最近とあるレセプションでオスカーに使われる会計会社のライバルの重役の隣に座りました。こちらはゴールデングローグ授賞式の封筒の中身を作るエキスパートです。あの時の失敗から、改善の余地がありますか?と聞いてみると
「僕たちはずーっと前から、そういう間違いが絶対に起きないように、まず封筒を2枚作ったりしません。それから受賞者の名前だけで、映画の題名は入れません。どれもが舞台であがったりしてしまうプレゼンターたちへの配慮から来ています。あの会社のオスカー係はもう2度とオスカー授賞式には来れないでしょうが、会社では別に同じレベルで働いていると聞いてます。うちの会社だったら左遷ものでしょうね」
とベテランらしく、自信にあふれた落ち着いたトーンで説明してくれました。

さて、その主演女優賞を晴れて獲得したエマ ストーンは新作「バトルオブ ザ セックセズ」BATTLE OF THE SEXES(17)でテニスのチャンピオン、ビリー ジーン キングを熱演しています。
1973年に男子チャンピオンだったボビー リッグス(ステーヴ カレル)が男女平等を唄ってキングに挑戦した試合がハイライトの映画ですが、同時に既婚のキングがレズビアンに目覚め、性的嗜好の権利にも挑戦したというドラマになっています。彼女の初めてのレズビアンの恋の相手は、最近めきめきと出演回数が増えてきた英国女優の アンドレア ライズボーロー がさわやかに演じています。

エマは少しでもプロのテニス選手に見えるように激しい練習をして、映画ように様になるテニスの動きを習得したそうですが、ちょっとでもテニスをかじった人が見ると、なんともおぼつかないコート上の動きでした。もちろんサーブをする時や、スマッシュなどはすべてスタンドインがしていますから、ぼーっと眺めているとエマがすごいプレイをしている様に見えますが。

「テニスのトレーニングはきつかったけれどだんだん上手になってきた気がしてそれはそれでやりがいがあったわ。ボールの扱い一つでもビギナーとプロでは全く違いますものね。
それよりも世界的な偉人のひとりのビリー ジーンに会えて、親しくなれたのが最高のボーナスだった。
全く驕ったり、距離を置いたりしない、ものすごく優しくて楽しい女性で、一緒にいるとほっとする様な居心地の良さを与えてくれるの。今の私のヒーローよ」

キングに少しでも似せるために、前歯が少し出っ歯になっているメークをしたのではと思って質問すると
「えー!これは全部自前の歯よ!」
とびっくりの答えが返ってきました。
シエナ ミラーにも同じ質問をして、自前、自然の歯と言われて大赤面。勝手に考えて、喋り方で出っ歯に見えてしまうという結論に達しました。
美人女優に体の部品の質問をする時は、慎重にしなければいけません。
オスカーの思い出は、
「子供の時からだーい好きだったレオ(デイカプリオ)にオスカー像をもらったこと! まさに夢が叶った瞬間ね。今でも思い出しただけであの時の紅潮の気分がよみがえってくるわ!」
と頬をピンクに染めるのでした。

1988年11月6日 アリゾナ州スコッツデール生まれ。
小さい時から女優を目指し、苦労を重ねてここまでになったため、思いやりと配慮を携えた優しい女性です。

ツーショットを並べてみると、エマの成長が少しずつ覗けて、まだ29歳!ですが、女優の顔が決まってきました。
 






2017  BATTLE OF THE SEXES. 一番最近のショットです。




 
上、初めてのレズビアンの恋人にして、美容師役のアンドレア ライズボーローと。