YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, December 5, 2016

COLIN FARRELL 2016

COLIN   FARRELL  2016

コリン ファレルの特徴はと云うと、何と言っても毛深いのです。デビューしたての頃は、ゲジゲジ眉毛が豊かな表情と一緒に動いて、それを見ているだけでも面白かったほどでした。
今回は「ファンタステイック ビースト と魔法の旅」(16)の会見におヒゲを生やし、髪はべったりとポマード(とは呼ばないのでしょうが)を塗ってのスリックバック スタイル、黒いスリムなスーツを着こなして、スタイリッシュに現れました。
この映画ではどこか心細い主人公のニュート(エデイー レッドメーン)に敵対する悪魔法使いの役で出てくるのですが、最後のシーンでのあっと驚く変身が話題になってます。
「誰にも言っちゃダメだよ! 僕だった仰天したのだから」とコリンはいたずらっぽく指を口に当てて、しーっという動作をしています。

「「ハリー ポッター」シリーズは若い世代のバイブルのような存在だろう。僕は彼らの祖先を演じるわけだから、色々イメージを膨らませたね。リチャード ハリスが演じたダンブルドーフが僕の御贔屓だった。魔法使いって想像力を刺激するから、頭の運動に良いかもね」

などと他愛のないことを言ってますが、昔の利かん坊、ワイルドボーイの影はほとんどなく、アイルランドはダブリン訛りだけが、未だにしっかりと留まっています。おまけにもう2児の父親ですし、今年の5月31日には40歳になって、さすがに落ち着いた先輩の風が漂ってきました。
前にも書きましたが、アイルランドの情熱に溢れているこリンですから、ハッグしたりのスキンシップが好きで、すぐに抱きついてきますが、同時にすぐに怒ったりもするのです。

奇妙な映画「ロブスター」(15)が、面白いけれど、よく分からなかったと訴えたら、「僕も!」などと苦笑している顔がまた、かわいらしいのでした。

コリンに初めて会ったのが、「タイガーランド」(00)の時ですから、もう16年、たった16年という感じです。その間の映画でツーショットは10数枚になりますが、今回はおひげの濃さをご覧いただくショットを3枚載せましょう。
2006 「マイアミ ヴァイス」


2014「ニューヨーク 冬物語」

2016「ファンタステイック ビースト と魔法の旅」

「ファンタステイック。。」右は弟分のエズラ ミラー

2016「ファンタステイック。。」の Parcival Graves の役。






No comments:

Post a Comment