YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, November 4, 2016

RUTH NEGGA

RUTH  NEGGA  

今年のラインアップで最も愛情がこもった映画は、おそらく
「ラヴィング」(16)でしょう。
1958年のアメリカはヴァージニア州で白人の男性と黒人の女性が法で禁じられ、結婚すると刑務所に送られるという時代に、晴れて結婚に至るまでの信じられないほどの困難と、試練にめげずに愛を貫いた男女のストーリーです。

黒人の女性と交際したために刑務所に送られた男性をオーストラリアの最近、際立って演技派として光ってきたジョエル エジャートンが演じ、彼の恋人のち妻を英国人女優のルース ネガ が熱演。

小柄で、ちょっと東洋人ぽいルックスが親しみやすい雰囲気を漂わせてますが、一旦会話をすると彼女の揺るぎない決意と根性に、お気楽に近づいたこちらは、ちょっとひるんでしまうほどでした。

1981年5月にエチオピアのアジスアベバにアイルランド人の母親とエチオピア人の父親のもとに生まれて、物心ついた頃からアイルランドに移ったために、チャーミングなアイリッシュ アクセントで話をします。
ダブリンにあるトリニテイー大学で演技を学んだそう。

「7歳の時に父が自動車事故で死んでしまった、その時から私には強い独立心が生まれたみたいです。小さい頃から女優になりたかった夢を絶対にかなえたいと思ったのもそのせいではないかしら。
ニガ というのは父の祖国の名前で、黒人で、この名前が付いているのは困るのではという人もいますが、私は誇りを持ってこの名前を使っています」
と毅然として答えてました。
アメリカでは黒人をニガーと呼ぶと名誉毀損で訴えられかねません。黒人同士では親しみを見せるために平気で呼びますが、印刷物でも最近まで N ワード と書いているほどに、強い差別語なのです。

「ラヴィング」で世界的に知られるようになるでしょうが、
アメリカのテレビシリーズ「プリーチャーズ」(15−_)
という番組にも出演しています。主演の英国俳優、ドミック
クーパーと私生活でも交際している様子。
天国から神は去った、と信じるようになった伝道師(クーパー)の相手役を演じています。
2016「ラヴィング」

2016

2016  LOVING  JOEL EDGERTON ( LEFT ) 1958年ごろの車や洋服も見ものです。

TV  SERIES    PREACHER  Dominic Cooper ( middle )

2016  LOVING    JOEL EDGERTON ( right)



No comments:

Post a Comment