YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, September 26, 2016

LONDON #4 MI-5

LONDON  # 4  MI-5

MI−6の建物を見たからには、近くのスパイ国内情報局、
MI−5を観察しなければなりません。
MI−6のほとんど斜め向かい、テームズ川の向こう岸にある、こちらは由緒ありげで、上品な白めの灰色の建物が有名なテームズ ハウスと呼ばれるビルでMI−5のヘッドクオーターです。
というわけでまた川を越える橋を渡らねばなりません。今度の橋は Lambeth  ランベス というヴォクゾール橋より車の行き来が少ないために、あまり高所恐怖症に影響のないものでしたが、それでも下のテームス川にボートなどが通ると途端に高さと水の流れを感じて、足がすくみます。
あまり特徴のない建物で、いかにも官庁という感じでした。
結局、この日のスパイ 本部訪問散歩は延々3時間となって夕闇の迫る中、ホテルにたどり着いたのです。

大好きなスパイものテレビシリーズ「MI−5」(2002−2011)ではこの建物の入り口が毎度登場します。そして幹部とエージェントがプライベートの会話などする時は外に出て、必ずテームズ川沿いの歩道などを歩きながら、ひそひそと秘密の話を交します。
ちなみに英国ではこのシリーズを「スプークス」Spooks(スラングでスパイのこと)というタイトルで放映しました。

「プライド アンド プレジュデイス」(05)で、女性の憧れの君、ミスター ダーシーを演じたマシュー マクファイジェン(Matthew McFadyen )が最初のシリーズで主演のスパイを熱演、同僚のスパイ役の美しいキーリー ハウズ(Keeley Hawes)が既婚者であったにもかかわらず、熱愛の末、夫と別れてくれと大雨の中で求婚、二人は晴れて結婚したという超ロマンテイックな実話もあって、当時のファンを夢中にした人気番組でした。
目下ハリウッドで注目されている英国黒人男優のデヴィッド
オイエロウもスパイの部下の役を可愛らしく演じています。
このシリーズは9年間も続いた長期番組で、スパイを演じる役者がどんどん変わるのも楽しいものでした。

スパイ 大ファンの私はジョン ルカレの著書を全部読み、 最近はノンフィクションの「ア スパイ アモング フレンズ」
A Spy Among Friends: Kim Philby & the Great Betrayal
Ben McCintyre 著を熱心に読みました。
ま、MI−6 の話ですが、ついでにお勧めしておきます。

MI−5 のビルの横にあるテイト ブリテン 美術館

テレビドラマ「MI−5」からの本部入り口を見せた1場面。

同じく「MI−5」からの場面、局長役のピーター
ファースと言語や文化に詳しい専門エージェント。背後には本部入り口が。
ポリネシアか何かを記念した近くの胸像。

近くの船舶保険会社の飾り。
この本はとても面白い高名スパイのノンフィクションです。

マシュー マクファイジェン「MI−5」のスターでした。



MI5 の正面玄関。
2003年ごろ。左からデイヴィッド オイエロウ、マシュー マクファイジェン、キーリー ハウズ。
テームズ ハウス の正面玄関。

No comments:

Post a Comment