YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, September 4, 2016

JAY HERNANDEZ & ADEWALE AKINNUOYE-AGBAGE

JAY  HERNANDEZ & ADEWALE AKINNUOYE-
AGBAGE


ジェイ ヘルナンデス と  アデウェル アキノエ   アーバジ と、どちらもあまり知られた名前ではありませんが「スーサイド スクイッド」(16)で活躍しているたくましい中堅俳優たちです。
ジェイは「クレイジー・ビューテイフル」(01)で主役のキルステン ダンストの優秀なクラスメート、カルロスを演じてハリウッドの新人として注目され、演じてハリウッドの新人として注目され、オリバー ストーン監督の「ワールド
トレード センター」(06)ではニコラス ケージ扮するポート オーソリテイーのボスの下で働くオフィサー役、最初の爆発では生き延びたものの、2番目の爆発で亡くなってしまいます。

今年はミラ クニス主演の「バッド マムス」(16)にも出演。テレビシリーズにも顔を出しています。

1978年2月20日、カリフォルニア州のモンテベロ生まれ、父御のハヴィエは機械工、母御は秘書、兄が二人で一人は米国海軍に入っているという、典型的カリフォルニアのラテン系家族です。
俳優になったきっかけもロスアンジェルスの高層ビルのエレベーターの中で、スカウトに口説かれて俳優になったと言う
運命の偶然からでした。

ジャイには、ブロンドのダニエラ ドイッチャーという女優さんのワイフがいます。

アデウェルは1967年8月22日に英国はロンドンにナイジェリア移民の息子として生まれました。
ロンドン大学で法律を学んだという優秀なアデウェルでした。イタリア語、スワヒリ語、ヨルバ語と英語が流暢に話せるそうです。

188センチの体格とはっきりした目鼻立ちで、イタリアのミラノでモデルとして活躍し、94年頃からテレビに出演、映画では「コンゴ」(95)から、当然とはいえ、アフリカ人の男といった役をたくさん手がけてきました。

「スーサイド。。」ではキラー クロック、殺し屋のワニ男という見るからに恐ろしい役でせっかくのシャープなルックスが全く生かされてません。クローズアップになると、そのワニのうろこが気持ち悪くて、よく見ていられないほどでした。
「ポンペイ」(14)のアテイカスのようなノーブルなアフリカの軍人と言ったような役をもっとして欲しいものです。


ジェイと奥方のダニエラ。
デイアブロ役
2001「クレイジー・ラヴ」キルステイン ダンスト と。
2016「スーサイド。。」のジェイ。
2016 アデウェルの「スーサイド。。」でのキラー クロック役
「ポンペイ」でのアテイカス役
2016    SUICIDE SQUAD   左がアデウェル、右がジェイ。

ADEWALE AKINNUOYE-AGBAGE

No comments:

Post a Comment