YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, September 13, 2016

CHRIS PRATT

CHRIS  PRATT

「7人の侍」(54)が「荒野の7人」(60)、そして今、再び再映画化されて「マグニフィセント セブン」 (16)となって登場。
今回は三船敏郎の役をクリス プラットが熱演してます。
トロント映画祭最初のインタヴューはこの映画からスタートしました。

主役はデンゼル ワシントンが黒ずくめのカウボーイルックでリーダーの役をキメています。

ちょび髭を蓄えて、紺のデニムのジャケットを着て現れたクリスは、いつものように、どこまでも明るく、ひょうきんに振舞っていました。
1979年6月21日 ミネソタ州のヴァージニアに生まれた中西部の、人がよくて、保守的で、アメリカの良さを保った性格がにじみ出ているのが彼の強みでしょう。
「バス(魚)が僕の人生のオブセッション!家の近くの湖で何千時間も釣りを続けても1匹も釣れなかったのだから。今でも釣り道具に凝ってたくさん持っているし、バスを探して釣りまくっているんだ。なんたってミネソタは湖の州だからそこらじゅうにあるのに、僕には夢の魚なのだよ。食べたいわけじゃなく、生きたバスを釣り上げたいんだ」
と大げさな話をして自分からゲラゲラ笑っています。
15ヶ月の息子と宮崎アニメを見るのだ一番のリラックス時間とか。
「紅の豚」を是非見るようにすすめたら、しっかりメモしていました。
「セブン」の乗馬や拳銃扱いの練習期間はまるで牢屋のエキササイズ時間みたいだったとまたもや、面白おかしく、オーバーに話します。
「僕の乗った馬は「戦火の馬」(11)に使われた馬だったのだよ。もっとも撮影の時だけで、普段はもっとまずい顔の馬に乗らされたんだ」

新「M 7」は本格的西部劇ファンには非常に物足りない映画になっていますが、登場人物の西部劇ごっこを見るだけでも娯楽要素はたっぷりと言えましょう。


 
2016 MAGNIFICENT  SEVEN



No comments:

Post a Comment