YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, September 5, 2016

ANNA KENDRICK 2016

ANNA  KENDRICK   2016

ちびっ子のくせにもの凄いエネルギーを発散するアナ
ケンドリックに久しぶりに会ってきました。
「ザ ホラーズ」(THE HOLLARS)(16)とアニメの「トロールズ」(TOROLLS)(16)での声の出演の  インタヴューです。

気持ちの良い、胸のすく大声で喋るのがアナの良いところで、私がそれを指摘すると
「父は大男で、とても低い静かな声の持ち主、でも母は私と同じ小柄なくせにとてつもなく大きな声が出るの。体のサイズを声で補っているとでも言うのかしら。だから私はしっかり母の大声を受け継いでしまったみたいね。
この間ベン(アフレック)と一緒に映画のレコーデイングをしたのだけれど、私の声のボリュームがベンの10倍ぐらいあってちょっと恥ずかしかったのよ」
とそれでも、嬉しそうに答えてくれました。
耳が痛くなる大声ではなく、すっきりと、よく通る声で、最近かなり耳が遠くなった感のある私にはこれほどの嬉しいことはありません。
「マイレージ、マイライフ」(09)でジョージ クルーニーをたじたじとさせてしまう、鼻息の荒い若い女性を演じてハリウッドをアッと言わせたのがアナ24歳の時、オスカー助演賞にノミネートされたほどのインパクトでした。
「トワイライト」(08−11)シリーズでも悲劇的で、暗い主役たち(クリステン スチュアートとロバート パッテインソン)の横で、容器にケラケラ笑う同級生の役が光ってましたし、最近では「ピッチ パーフェクト」(12、15)でのアマチュア歌手役がスクリーンから飛び出してきそうにエネルギッシュだったのを覚えていらっしゃる方も多い筈。
「歌うのが大好き。大きな声で歌っていると嫌なことも吹っ飛んで行ってしまうし!」とカラカラと言ってのけるアナは12歳の時にミュージカル「上流社会」の舞台に出て、ダイアナの役を熱演、史上2番目の若さでトニー賞にノミネートされてもいます。

1985年8月9日、メイン州のポートランド生まれ。
父御は公認会計士、次のアナの映画は「ザ アカウンタント」(16)とまさに「会計士」という題名で、ベン アフレックと共演他に渋い役者のJ。K。シモンズ、ジョン リスゴーなども共演するという面白そうな映画です。

つい最近、「トワイライト」のロバート パテインソンと夕食を共にしたそうで
「ロブとはとても仲良しなの。お互いに色々なことがあったわねーと懐かしい話をいっぱいしたのよ。彼はとても幸せそうだったか安心したわ」
と世話女房のようなことを言って、ニンマリしていました。
2014  INTO THE WOODS


2012  THE END OF WATCH

2016   THE HOLLARS,  TROLLS
2016  THE HOLLARS  John Krasinski

2016  TROLLS  右の声はジャステイン テインバーレーク。


2009「マイレージ、マイライフ」ジョージ クルーニーと。

2016「トロールズ「のキャラクター人形と。

No comments:

Post a Comment