YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, July 29, 2016

NEW YORK JULY 29-30 2016

NEW  YORK  JULY  29  -  30  2016

またニューヨークです。今回はマーベル コミックの
「スイサイド スクワッド」(16)と言う漫画ヒーローが
続々と登場するアクション映画のインタヴュー、ウイル  スミスやマーゴット ロビーたちに明日会います。

さて今回のホテルはミート地区(肉おろし地区)にある
スタンダート ホテルで、まず外観がなんともユニークで、
昔の線路の跡を利用した「ハイライン」という緑の遊歩道を
またがっての建物です。
この辺りは若い人々が多くて、何もかもがミニマリズム風の
デザインで、レストランもバーもものすごく賑わっています。
ホテルの部屋も床から天井までのガラス張りで、17階の部屋ですから、ガラスのすぐ近くにたつとちょっと身震いしてしまいます。
丁寧なサービスはありませんが、フロントの人々は全員ロック歌手のようですし、エレベーターの中のインテリアは真っ黒な上にスポットライトが一つ、階のボタンがよく見えないので年寄りにはちょっと辛いデザインです。
部屋のインテリアも然り、イケアで買ったような家具と真っ黒なタイル張りの浴室など、クリーンですが、かなり安っぽいのは否めません。
それでもなんとなく楽しくなる雰囲気にあふれていますし、周囲がまた、風変わりなお店が多くて、下町の雰囲気が楽しめます。
スタンダード ホテルの部屋(ホテルのページから)


夕食をとったホテルの食堂。

大きな牡蠣とはまぐりのアペタイザー。

後ろに見えるのはキッチン。

ニュージャージー州のニューアーク空港に着いたので、ニューヨークに行くには長いホーランド トンネルを通ります。金曜日午後なのでひときわ混んでいます。

スタンダード ホテル(ホテルのページから)ハイラインにまたがっているデザインです。

「スイサイド スクワッド」のポスター

ハイラインという緑の遊歩道です。

No comments:

Post a Comment