YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, July 27, 2016

AUSTIN #2 JULY 2016

AUSTIN  #2  JULY  2016

オーステインは音楽の街で有名です。
空港にすでにギターのアートが飾られてますし、町中に色々なデザインのギターがあります。
さて7月25日の「ヘル オア ハイウオーター」(16)のプレミアは少し離れたアラモ ドラフト ハウスという映画館とビアホールがくっついた場所で行われ、ホテルを出る間際から突風が吹き、大雨となりました。

会場大混雑、音楽のイベントはしょっちゅうでしょうが、メジャースターの映画のプレミアはあまり開催されないでしょうから、地元の名士(?)や、やっと切符を手に入れたような期待に満ちた目つきのファンたちがひしめいています。

ハリウッドと違って全くドレスアップした人がいないのも新鮮でした。もちろん若い女の子たちはミニドレスにカウボーイブーツというテキサスルックで張り切っています。

劇場には椅子の前に細いカンターがあって、ここにすでにポップコーンとか水が置いてあり、注文すると地元のビールやスナックなども届けてくれる、デイナーシアター形式です。

舞台の上には監督やジェフ ブリッジェス、クリス パイン、ベン フォスターたちが並んで、気楽な挨拶をしていました。誰もがカジュアルな格好で、若い女優が出ない映画なので、ちょっと殺風景でしたが、何しろ内容は兄弟と彼らを追うテキサス レンジャーのドラマですから、西部の男っぽさが焦点なのです。

ジェフ ブリッジェスは引退寸前のレンジャーを演じて、その飄々とした仕事ぶりがなんとも良い味を添えてます。

そしてこのプレミアのあと、カントリー音楽を聴きに行った地元の有名なクラブで飛び入り出演をしたジェフの生のパーフォーマンスを偶然目撃したのでした!
それは次のページで。
プレミアに行く前、突然突風が!

テキサスの首都、オーステインの州庁ビル

プレミアの舞台。

昼食を食べたランバートという有名なバーベキューのお店のバー。


州庁のそば。

プレミアの舞台挨拶。左から2番目のジェフはしらが頭、クリスの白シャツ。愉快なウエイトレスを演じた有名なベテラン女優などなど。

プレミアがはねてから地元のクラブでのジェフの飛び入り実演!

No comments:

Post a Comment