YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, May 25, 2016

BOSTON REPORT #3 SCENERY MAY 2016

BOSTON REPORT #3 SCENERY MAY 2016


ほんの少しだけ ホテルの周りを歩きました。すぐ斜め前に建国の父などが埋葬されている墓地があります。17世紀の時代の衣装を着たガイドたちが色々説明をしていましたが時間が無いので割愛。
その横にボストンのシンボル、アメリカで最も古い公共の公園、ボストン コモン が緑豊かな空間を広げています。
ニューヨークのセントラル パークと同様、大都会にこういう広大な緑のスペースがあるのは素晴らしい事で、西海岸の大都会、ロスアンジェルスには全く無いのです。

まだ肌寒いのでヒーターの近くなどにはホームレスがゴロゴロとしているのも大都会の困った現状です。
ロンドンで今大人気の猛烈に安い衣料店「プライマーク」がオープンしていたのもオドロキでした。

最近のボストンを背景にした映画を数本並べてみます。
この中で一番好きなのは、ベン アフレックの「ザ タウン」でしょうか。ベンが育った街ボストンへの愛情が豊かに感じられます。


ボストンの中央にある米国で最も古い1634年に作られた広い公園 ボストン コモンズ


コモンズにそびえるステートハウス、州知事のオフィス

街の真ん中にある古い墓地の古いお墓


ポール リヴィアのお墓 (1735−1818)ボストン生まれの銀の実業家で英国からの独立運動でスパイを使ったりした建国の父のひとり
おそらくボストンのお店では最も新しい英国の安衣料品店がオープン
2000 「パーフェクトストーム」ボストンの漁師たちが巨大嵐に遭遇するドラマ。真ん中にジョージ クルーニー。
2010「ザ タウン」ベン アフレックとジェレミー レナーの兄弟がフィンウェイ パークで盗難を企みます。
2006「デイパーテッド」ボストンの警察とマフィアのもつれのドラマ、左からマーテイン シーン、   マーク ワールバーグ、ジャック ニコルソン。
2015「スポットライト」ボストンの新聞記者が神父たちの性的犯罪を暴くドラマ。右から2番目がマーク ラッファロー。舞台はまたしても、フィンウェイ パーク。
銀のビジネスマン故、銀製品とポーズするポール リヴィア
歳をとったポール リヴィアの切手

墓地の記念碑 初代市長の名前が最後に。



No comments:

Post a Comment