YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, April 3, 2016

KATHRHYN BIGELOW

KATHRYN   BEGELOW


最近のハリウッドは黒人が認められない、女性の重役が少ない、女性の監督や脚本家が不平等に扱われる、女優のギャラが男優に比べると格段に低い、などなど世界的な不平等の縮図を見せてます。
今年のアカデミー賞で黒人がたった一人もノミネートされなかったために大きな批判の渦が沸き起こりましたが、ひっそりとこういう声も上がっています。
「私が黒人だったら、もっとずっと早く認められたと思う。未だに苦労に苦労を重ねても、私の声はハリウッドでは小さすぎるのよ」
と勇気ある発言をしたのはジュリー デルピーです。フランス人女優で、脚本も書き、監督にも進出、歌手としてアルバムまで出している美人の彼女ですら、女性の活躍の場を得るのは難しいと訴えていました。

キャサリン ビゲローはハリウッドの女性監督の中では最も有名でしょう。美人にして、才気に溢れ、ロマコメなどには見向きもせずに、男性的なアクション映画や戦争映画をキビキビと監督する特別な存在です。

1951年11月27日、カリフォルニア州サンカルロス生まれ、大学でアートを学び、コンビア大学で映画を専攻、78年に短編映画でデビューし、「ラブレス」(78)をモンテイー モンゴメリーと共同監督、87年に「ニア ダーク・月夜の出来事」を単独監督します。
89年にジェイムス キャメロン監督(「タイタニック」(97)などなど巨大映画の監督として有名)と結婚、二人の才能を合わせてのヴィデオや映画が生まれたものの、たった2年後の91年に離婚。

この頃キャサリンは「ブルー ステイール」(89)や「ハートブルー」(91)、「ストレンジ デイズ」(95)などのヒット映画を監督しています。
何度か会見をしていますが、ルックスから御察しの通り、スリムで整った美人にふさわしい、シャープな言葉がどんどん出てくる、かなり男っぽいタイプで、無駄なことや、自分を飾るような言葉や行動をまったく見せない、ストイックな面が見て取れました。
ジェイムス キャメロン監督夫妻の頃。
2009 トム ハンクスから作品賞と監督賞の2個のオスカー賞を渡されました。

2008年の爆弾除去専門兵たちのドラマ「ハートロッカー」を制作、監督してオスカー史上初めての女性監督として受賞、12年には、オサマ ビン ラーデン殺害の兵隊たちの行動を描いた「ゼロ ダーク サーテイー」を監督、主演女優のジェシカ チャステインがオスカー主演賞にノミネートされるなど、ビゲロウの男性顔負けの骨太で、大胆な映画作りはつとに有名なのです。
目下、まだ内容は分かりませんが新作の進行が進んでいるようで、どんな映画になるか楽しみです。
2012「ゼロ ダーク サーテイ」







No comments:

Post a Comment