YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, December 2, 2015

HOLLYWOOD PARTY DEC 1 2015

HOLLYWOOD   PARTY   DEC  1  2015

12月に入って最初のハリウッドのパーテイーは、パラマウント スタジオのホンチョ(偉い人)ボブ ムーアと言う副社長のマリブのビーチ ハウスでのホーム パーテイーでした。新しくてスマートなインテリアの家はこじんまりとしていますが(他のスタジオの重役たちは、ベルエアの山の中などの、大きな門からうねうね自動車道が続く豪邸に住んでいます)海と浜辺に続く裏庭が広くて、明るくて、エレガントにデザインされていて、それは素敵なのです。
この夜は大きなプールやジャクジを覆って、そのスペースをパーテイー会場やくつろぎのソファなどの空間に変えて、クリスマス ツリーも色を抑え、照明もシンプルに,しかし華やかな効果を上げて、とびきりおしゃれでシックなセッテイングでした。
着くや否やバーに行って色々なドリンクを飲んだので(何時もの事ですが、この日は特別寒かったので)玄関から居間、台所、素敵な壁紙のお客様用トイレなどを写真に撮ろうと思いつつ、すぐにそう言う義務は忘れて、食べたり、飲んだり, しばらくぶりの友人との他愛ない会話に没頭してしまうのです。
大体がホストのミスター アンド ミセス ムーアにさえ挨拶してないのですから。もう自分たちの何時もの馬鹿話で手一杯と言う,ひどいお客なのでした。でも同伴の友人夫妻はネットビジネスなので,素早く有名人やスタジオの偉い人々とコネクトしていました。

マーク ワールバーグ、ステイーヴ カレル、ジェニファー ジェイソン リー(戸外で寒いから暖かいものを着用するように、と言う警告が届いたにもかかわらず、銀のラメのミニワンピースのみを着ていたので、エスコートの男性の上着を羽織っていました),監督のアレキサンダー ペイン などのセレブも来ていましたが「ハッピー ホリデー!」と言う挨拶程度で、彼らに群がる他のお客様にスペースを譲ったり。それにしても毎日のようにスタジオのパーテイーにお義理と賞プロモーションにやってくるスターたちの忍耐と努力には感心するばかりです。笑顔を浮かべて「一体こいつは誰なんだ!」などと言う表情は全く見せず、上手に短い会話をしては次のグループと又、同じ様な会話をするというのも、演技力のワザなのでしょうか。

混雑もなく、お行儀が良いゲストばかり,浜辺のまさにドリームハウスでのとびきり綺麗なパーテイーでありました。

背後の1段上がった所の下がプールです。


70代でロックンロールのイタリア人フォトグラファー。

3時間前にミラノからやって来たイタ公の友人

イタ公は寝ています。

左横のインターネットビジネスの友人(金髪の女性)はしっかりコンタクトなどをチェックしています。

イタ公 ちょっと目を覚まします。インターネットは相変わらずハードワークです。

英国人の友人

ウイーンに住むオペラ歌手



携帯で撮った写真はどうもボケがち。

No comments:

Post a Comment