YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, December 10, 2015

GUGU MBATHA-RAW

GUGU  MBATHA-RAW

グーグー ムバサ ロウと言う英国出身の新鋭女優を紹介しましょう。グーグーと言う不思議に可愛い名前は、正式にはググレトウ (Gugulethu)と言って、アフリカはズールー語で「我々の誇り」と言う意味だそう。
最近のアフリカ系英国俳優たちは民族の誇りを示して、チュワテル エジオフォア やデヴィッド オイエロウの様に名前を例えば、ロック ハドソン(例えがちょっと外れてますが)のようにアングロ化しないのです。

グーグーは「ベル」(13)と言う18世紀の英国で、混血の黒人の女性が貴族としてハイソサエテイーで生きるという英国映画でその美しさと演技力で注目されました。
1983年英国はオックスフォードシャーに南アフリカの医師を父に、英国人の看護婦を毋に生まれ、小さい頃から歌に踊りに興味を持って,2001年には奨学金でロンドンの格式のあるロイヤル アカデミー オブ ドラマチック アーツに入学、数々のシェイクスピアの舞台に立って、04年に卒業、それからわたくしの大好きなテレビシリーズのスパイもの「MI−5」のレギュラーになったり,超人気シリーズの「ドクター フー」にも出演しています。

ウイル スミスが実在のナイジェリア出身の解剖医を熱演する「コンカッション」(15)では彼のルームメイトから、妻になるやはりアフリカ出身の女性を演じて、ハリウッドの大作でもベテランのメガスターたちに負けない存在をしっかり見せました。プロフットボール選手たちの頭部の衝撃がもろもろの精神的,肉体的ダメージにつながる論文を発表してアメリカの巨大組織NFLとの戦いとなります。弱者のダビデと巨人ゴライアスと比較される戦いが展開される感動のスポーツ医学ビジネス ドラマです。
メークでかなりルックスを変え、入魂の演技で、この医師を演じて、今朝(12月10日)のゴールデングローブ賞の候補発表にウイルが晴れて仲間入りしました。

会見では知的でウイットに富む会話をする英国演劇サークル出身のプライドと伝統を敬う謙虚さを見せてました。

グーグーは「自分の性的アピールを重視する映画より(正確にはブーブ アピール、おっぱいパワーと言ってます)演技力で勝負して行きたい」と正直にコメントして、その通りにどんどんと演技力を試す役が舞い込んで、これからの「我々の誇り」の活躍に期待しましょう。
2015「コンカッション」医師役のウイル スミスと。


2013「ベル」から。右はサラ ゲイドン。



2015「コンカッション」CONCUSSION

No comments:

Post a Comment