YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, October 4, 2015

LAPLAND DESIGNER HOUSE SEP 27 2015

LAPLAND  DESIGNER HOUSE  SEP 27 2015

北欧は優秀なデザインで知られてますが、特にフィンランドは日本との文化交流も豊かにあって、親近感を覚えます。
ラップランドの到着したその日に,フィンランドでも高名なアーテイストのご夫妻、日本語表記に誤りがあると行けないので,そのままノートします。

Hanneli & Pekka  Sillfors
FINNISH DESIGN IDOLS GO WILDERNESS
www.idou.fi

のデザイン ハウスを訪れました。美しいイナリ湖のほとりにあって,冬になると30センチ位の厚さの氷が張るそうで、スケートをしたり,散歩?をしたりするとか。
9月下旬の湖を渡る風は,骨にこたえる寒さですが一歩,室内に入ると春のように柔らかな暖かさに包まれて,すぐさま実も心もゆったりとして、外のひゅーひゅーと風に揺れる木々も風景画のように,他人事に見えてしまうのです。

デザインハウスは全て古い材木で造られていて、トイレも試験的に、水を使わず,排泄物が自然に腐る様な仕掛けになっています。と言っても使う時はかなり勇気が要りました。

何もかもがミニマリスト風のデザインで,繊細で美しく、薄緑色のボトルがとても気に入ったので欲しいなー,でも値段が高そう!1000ドル位かなー?と思いつつ,聞いてみたら150ユーロですって!
ちょうど私のお誕生日が近いので,買いました。良い思い出ですし。

ご夫妻がお遊び用,つまりちょっとお客様をもてなすために建てたガラスのテントが又とびきりエレガントでした。天井にはイタリーはムラノのシャンデリア,床には白い砂利が敷き詰められ、暖房もしっかり入り、ここでイタリーのスパークリン ワインと洒落たカナッペを頂きました。

少し離れた所にお二人が住む,これ又デザインがモダーンな母屋が見えます。

素晴らしい場所でデザインのアイデアを練るご夫妻の生き方をちょっぴり羨ましいと思いましたが,遠さと寒さを考えるととても無理だな、と情けない都会育ちのわたくしでありました。
デザインハウスの正面です。

玄関横のデザインがかわいい鳥

キッチン

眼鏡が洒落ているシルフォースご夫妻

滑らかなデザインのボトル


犬なのですって!


ガラス窓越しの林が又素敵です。

自然に優しいトイレ。水の代わりにおがくずを振りかけます。

スプーンやナイフが差してあります。

ピッチャーやバケット のデザインが秀逸です。

バランスを取って上下するおっかない階段!

湖畔のガラスのテント 

ガラスのテントの床は白い砂利。面白くて実用的なアイデア。

ご夫妻の母屋

ひとたび外に出ると寒ーいのです。




広大な庭のあちこちにある照明


下から2階を見上げます。

買い物客 支払いデスク,左にクレジットカードの器具が見えます。


No comments:

Post a Comment