YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, August 7, 2015

PARKER POSEY

PARKER   POSEY


独立映画の女王 と言うタイトルを持つ、低予算映画を好んで選ぶ、気っぷの良い,かなりエキセントリックなパーカー ポージーがウッデイ アレンの新作「イレーショナル マン」(15)に出ています。主演はホアキン フェニックスと最近のウッデイの女神、エマ ストーン。東部のロードアイランドにある架空の大学でホアキンは教授役、パーカーは
教授のひとり、女子学生がエマで、3人が愛情関係に陥り、かなり危険なドラマが発展するのです。

1968年11月8日にメリーランド州のボルテイモアに自動車販売業の父親とシェフの母親のもとに双子の弟と共に生まれました。父親は50年代のスーパーモデル、まことにスタイリッシュでクールだったスージー パーカーの名前を取って娘のファーストネームにしたそうで,何となく家庭の雰囲気が分かるような。

小さい時から人前でパーフォームをするのが好きだったパーカーは大学で演劇を専攻、テレビの仕事が舞い込む様になります。90年代だけで32本の独立映画に出演して,女王の名前がついた他に、もろもろのホラー映画や風変わりな映画などにもたくさん出た為にカルト映画の女王とも呼ばれています。

何度かインタヴューしましたがいつも外したタイミングで相手を面食らわせるしゃべり方をし、時どき露悪的に、時どき、わざと良い子ちゃんになったり,気分によって自分を演出しているようです。
目ジカラがあるので、意志力を放つルックスが効果的で印象に残ります。
今回は入って来るなり、近くでシェフがオムレツを作っているのを見て、食べたーい!とはしゃいいで、実際に会見中に野菜とチーズ入り(と自分で注文したのです)のオムレツを食べたのですから。むしゃむしゃではありませんが質問に答える合間にちょびちょびと味わってましたが綺麗にメークされた顔でものを食べるのはかなり大胆です。とどのつまりはそう言う奇天烈な行動を見せたくて、食欲よりもスタンドプレイと受け取りましょうか。

綺麗に見せたい余りに同じアングルでしか撮影させない女優などがざわつくハリウッドでは新鮮で頼もしいパーカーです。ウデイーも彼女を気に入った様子で次の作品にも登場が決まりました。
2015「イレーショナル マン」ホアキン フェニックスと。
「イレーショナル マン」左がエマ ストーン、ウデイー アレンと何故かターバンが好きなパーカー。

2015   IRRATIONAL MAN 又ターバンです。


No comments:

Post a Comment