YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, August 8, 2015

MILES TELLER 2015

MILES    TELLER   2015


しごきコーチと血まみれの手でドラムを叩く教え子の迫真ドラマ「セッション」(原題「ウイップラッシュ」)(14)で実際に手を血で真っ赤にして生徒を演じたマイルス テラーが今回は180度転換の漫画チックなアクション映画「ファンタステイック フォー」(15)にリーダー役の主役で登場。
欠陥のある若者がそれぞれスーパーパワーを持つようになると言うお話は「X−メン」やら色々とあって、少年たちに勇気を与え, 励ますと言う役目を果たすようですが。

去年マイルスにあった時はまだまだ新人の緊張と青臭さがあったのに、もうすっかり自信もついて,話し方も正々堂々とはっきりして、28歳の壮年のパワーがついてきました。
何かとエルビス プレスリーに似ている為に彼を演じたら良いのでは、と言う話が持ち上がっているのですが、当人もとうとうその気になって来たようで、しっかりとした脚本を待っている様子。

前々から顔が少し歪んでいる様に思ってましたが、実は2007年に自動車の大事故に遭って,かなり整形が必要だったのだそうです。今も筋肉が不自然に動くそうでそれで曲がっている様に時どき見えてしまうのでした。

1987年7月20日ペンシルバニア州のダウニングタウンに原子力発電所の技師の父親のもとに生まれ,俳優を目指してニユーヨークのテイッシュ演劇学校で基礎をきちっと学んでいます。

ガールフレンドのケリー スペリーと。
「ラビット ホール」(2010)と言う映画がマイルスの映画デビューでした。ニコール キッドマンが自分の小さな息子が家の前で車に轢かれて亡くなり、その車を運転していた高校生がマイルスと言う設定です。このオーデイションでマイルスはキッドマンの前で本当に身悶えして、ぶるぶると震えてしまい、「本物だわ!」と言う彼女の一声で役が決定したそうです。
2014「セッション」
色々な映画に引っ張りだこのようで、まずは青春冒険シリーズ「デイヴァージェント」の第3弾「アレジャント」の撮影に現在入ってるのですが、しっかりモデルのガールフレンド,ケリー スペリーをエスコートしてレッドカーペットに登場するスターメイキングの義務も健気に努めています。
2014  WHIPLASH 「セッション」の時。

2015「ファンタステイック フォア」


2014「デイヴァージェント」

2015「ファンタステイック フォア」ケイト マラと。

2015「インサージェント」テオ ジェイムス左とシャリーン ウッドリー


No comments:

Post a Comment