YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, August 11, 2015

ELIZABETH DEBICKI

ELIZABETH   DEBICKI

とびきりのっぽで、ショートブロンドの髪型がモダーンで勇ましく、実に高感度100パーセントのエリザベス デビッキはオーストラリア育ち、フランスはパリ生まれ、ポーランド系の新大型女優です。

「ザ マン フロム アンクル」(15)ではイタリアの強烈悪女をさも楽しそうに怪演してますし、少し前は「華麗なるギャツビー」(13)で女主人公,デイジー ブキャノン(ケアリー マリガン)の親友、ジョーダン ベイカーを張り切って演じてました。

190センチと余りに背が高い為に不必要な媚び,とか,愛嬌をかなぐり捨てて、さっぱりとした、威勢の良い姿勢を見せて、それが何とも新鮮で、頼もしく、これからの活躍が楽しみ!
2015「ザ マン フロム アンクル」ナポレオン ソロのヘンリー カヴィルと。
2015 「ザ マン フロム アンクル」でのファッションが素敵です。
2013「華麗なるギャツビー」から。

1990年8月 ポーランド人の父親とオーストラリア人の母親が共にバレー舞踊団の巡業中にフランスのパリで生まれ,5歳の時にオーストラリアのメルボルンに移って、彼女もダンサーとしてのルートをたどりましたが途中で劇場演劇に転換したのです。この身長ではとてもプリマバレリーナの相手を務める男性が見つかりそうも無いと言うのも理由のひとつかもしれません。メルボルン大で演劇を専攻、2年目にして演劇部門での最高学位を得たそうです。

2011年に映画初出演、このオーデイション テープを見たバズ ルーマン監督が「華麗なるギャツビー」(13)の役をエリザベスにオファーしたのでした。

映画の合間にはしっかり舞台に出て13年の「メイズ」
(女中)ではベテランのケイト ブランシェットとフランス人女優のイザベル ユッパート主演の舞台にマダム役で出ています。

「小さい時から別の人になりたくてしょうがなかった。女優になってそれが実現して、毎日が幸せでたまりません。「華麗なるギャツビー」の時はケアリー マリガンと姉妹の様に仲良くなって、本当に夢のようでした」

と謙虚で、正直で飾り気の無い人柄が覗けます。
出演作も話題のマイケル ファスベンダー主演の「マクベス」(15),「エヴェレスト」(15)等などが並んでいて、これからのスクリーンの上での巨大な!存在感が期待されます。


2015  THE MAN FROM U.N.C.L.E.




No comments:

Post a Comment