YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, August 5, 2015

ALEXANDER SKARSGARD

ALEXANDER  SKARSGARD


最近ハリウッドに進出目覚ましいスウェーデン産ののっぽの二枚目、アレキサンダー スカースガードは、同国の名優、ステラン スカースガードの息子です。

苗字のAの上にピリオドのような小なさな丸印がついているのが正式なスウエーデンの表示で、彼の略歴を読むとこの丸印が至る所にあって、シャボン玉が飛んでいるよう!

母国で俳優としてならした後、2001年の「ズーランダー」でお馬鹿な大男を演じてハリウッド デビューをし、テレビシリーズ「トルー ブラッド」(08−)でハンサムな吸血鬼、エリック ノースマンの役で一躍スターに。
父親のステランがしょっちゅうコラボレートするラース フォン トリア監督の映画「メランコリア」(11)にキルステン ダンストと共演、ルックスだけでなく演技力も認められました。

新作「ザ ダイアリー オブ テイーンエイジ ガール」(15)ではガールフレンドの10代の娘ともセックスをする男を熱演、70年代のサンフランシスコを背景に、フリーセックスにドラッグ文化が描かれてます。
男のガールフレンドを演じるのはクリステン ウイッグ、娘を英国の新鋭、ベル ポウリーが難しい役を上手く演じ、アレキサンダーもモラルの無い男を人間的に作って、いつもは喜劇が専門のウイッグが深刻ドラマに体当たり。

192センチの実際のアレキサンダーは人なつっこくて、おふざけ屋ですから、そそり立つモデルのような存在を気軽に見せていて、これも彼がかなり意図的にデザインした「パーソナリテイー」なのでしょう。

冷房が弱い部屋で色々と質疑応答に答える彼のグレイの木綿のTシャツにぽちぽちシミが出て来て,何と大汗をかいているのです。それでも気にせずに一生懸命に答える姿勢がとても好ましいと思いました。

サンフランシスコのゲイ地区、カストロ街で行われた「ザ ダイアリー。。」のプレミアに華麗な女装で登場したのも彼の風変わりなユーモアでしょう。ファラ フォーセットもどきと報道されてました。

1976年8月25日 スウェーデンのストックホルム生まれ。8歳から父親にくっ付いて映画に出て来た古強者でもあります。
何と言ってもギリシャ彫刻のような体ですからモテモテで、恋人の名前の数たるや 大したもので
アレックス チャング、エヴァン レチェル ウッド、ケイト ボスワース、シャリーズ セロンと新人からオスカー女優まで目覚ましいリストが続いてます。
セロンとデイトしながら、同時に歌手のリアナとイタリアのスカイダイバーのロバータ マンチーノとも交際していたと言うタブロイド誌のレポートもあって,何とも頼もしいプレイ ボーイぶりではありませんか。

まもなく「ターザン」(16)で主役を演じ,共演は演技巧者のクリストフ ウオルツにサムエル ジャクソンと面白そうな配役です。当たり役になると良いのですが、どうもターザン俳優は軽んじられる風潮があるのもハリウッドの伝統であります。
2015「THE DAIARY OF TEENAGE GIRL」左胸のあたりに汗のシミが見えます。

「ザ ダイアリー」から。左が娘役のベル ポウリー
2011「メランコリア」右はキルステン ダンスト
父御のステラン



2015「ザ ダイアリー」のプレミア 左がベル ポウリー、右は監督
のマリエル ヘラー

No comments:

Post a Comment