YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, March 9, 2015

SOFIA BULGARIA MARCH 9 2015

SOFIA   BULGARIA   MARCH  9   2015


毎日雪です.道は雪か、ぬかるみかで、滑りやすくて,急いで歩けません(速度がわたくしの歩行スタイル)し、いつもと違う筋肉を使うので,妙に疲れます。
ロシア通の友人の指摘によると,例の豚首とレバーを食べたレストランのペクトパ(PECTOPAH)はロシア語でレストランを言う意味だと知りました。それでレストランの名前はと調べるととブルガリア語のみの表記で,これ又国際感覚,旅行者へのPR など考えてないようなのもブルガリアの頑固さを見せているのでしょう。

昨日 3月8日は女性の日を祝って大勢の人がお花を持って妻,母,などに捧げに行く姿を目撃.屋台の花屋は大繁盛、特に小さなヒヤシンスの花束が大いに売れてました。
3月になると春が来たと喜ぶお祝いを MARTENITSI   と呼んで,赤と白の毛糸のお人形や輪っかを手首に巻きます。お店のドアや木にも飾ってあって,寒い冬の国が春を待ち望む心情が伝わります。

今朝はフランコ ネロの記者会見がグランド ホテル ソフィアで行われ,イタリアの大スターは45分遅れて登場.顔つきが優れないのは昨夜,滑って転んで顔を打ったせいだと分かりました。73歳ですが、リチャード バートンの全盛期のような精悍で,男っぽい頑固そうな顔つきでした。
しばらく儀礼的な挨拶や感想などの交換があって、それからハンスが「ジャンゴ」の原作(66)とタランテイーノの新作(2012)についての感想を聞くと山のように答えてくれましたが全てイタリー語で通訳はブルガリア語に直すので,ほとんど分かりません。
でもマーロン ブランドとかポール ニューマンと言った俳優の名前が飛び交う楽しい思い出だったようで,最初の気難かしい顔はすっかり消え失せました。
隣に坐ったイタリー人はこの映画の作曲を担当したジェラルド カシエロ (Gerardo  Casiello )で,何とわたくしを見て「ミス ヨーコ ナリタではないか!私はあなたのフェースブックの大ファンなのですよ!」と喜んでました。世間は狭いものです。

太陽が数秒間顔を出しましたが,残念又引っ込んでしまい,雪が勝ってます。
あのブルガリア夕食のあとは、スペインのタパス,イタリアンのパスタ,翌日もイタリアンのピザ、と軽めの食事を続けてきました。今夜は再び,油っこいブルガリア料理に挑戦する予定です。
20153月9日 フランコ ネロ


同記者会見 右端がカシエロ氏
3月7日夜イタリアン レストラン
3月7日イタリアンのお店の前で「カパニーナ」とあります。
3月8日日曜日の公園 犬のお散歩
日曜日のパン屋さん
3月8日 ライオンの橋のたもとで。

真っ白な川

ソフィアのモスク


3月の春を祝う赤と白の毛糸の飾り「マーテニーチ」

No comments:

Post a Comment