YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, February 4, 2015

GEORGE CLOONEY JAN 4 2015

GEORGE   CLOONEY   JAN 4  2015


ジョージ クルーニーがセシル B.デミル賞(ゴールデン グローブ賞の功労賞)を受けるにあたって、1月4日にウエスト ハリウッドにある「クレイグ’ス」と言うレストランで小さなレセプションがありました。彼が御贔屓のお店だそうで、地味な、居心地の良さそうなイタリアンです。

まだ新婚の彼は、いつものように愛嬌を振りまいていましたが,かなり疲れた雰囲気が漂ってました。愛妻は同伴せず,一人でありとあらゆる人々と握手をし、祝杯を重ね、その我慢度はほとんど選挙中の政治家のよう。こう言う席では、広報担当やアシスタントが、交通整理をし、独り占めしようとすすファンを取り締まるものなのですが、ジョージは孤軍奮闘です。体の四方八方から人々に囲まれて、それでも笑顔を絶やさず、嬉しそうに振る舞っているのを見て、改めてスターなどになりたくないと痛感。一種のパーフォーマンスと考えて、演技をしている気分なのかもしれませんが。

ケンタッキー州のレキシントンに生まれ、伯母上は有名な歌手のローズマリー クルーニーでしたが父親は地元のニユースキャスター、大学ではジャーナリズムを専攻、84年に映画デビュー、長いことテレビ界でうだつが上がらなかったのが「ER・緊急救命室」(94−)の医師役でスターに。
以来、独自のアイデアを込めた意欲作を勇ましく創り、社会運動に、政治活動に精力的に活躍してきました。

今年の5月6日に54歳、自分では結婚のことを
「マリーイング アップ」(玉の輿の逆)だとふざけて言ってますが、最近のふたりのパワーバランスを見るとレバノンのベイルート生まれ、英国一流の弁護士にして、富豪の娘、オックスフォード大優等生、37歳のアマル アラムデインの方がぐんと力強く見えます。おまけに今は、英国王室のキャサリン妃を抜いて、英国一のベストドレッサーと褒めそやされていますし。
タブロイド紙は
「アマルはレッドカーペットやデザイナーは誰だ、と言った馬鹿馬鹿しさにうんざり。離婚さえ考えている!」
と書き立てていますが、さてさて長続きすると良いのですが。

と言う訳で今回はジョージのお義理笑いの写真を載せます。
わたくしは実は、あまりジョージのファンではないので、この写真の親密さ,は、


お互いの演技力であります。

No comments:

Post a Comment