YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, November 20, 2014

ARIANNA HUFFINGTON

ARIANNA    HUFFINGTON


アリアーナ ハッフィングトンはインターネットのニユース ページ,「ハッフィングトン ポスト」の社長にして編集長として、世界中のネットワークを把握している貴重な存在の女性です。
1950年7月15日ギリシャのアテネ生まれ,父親はジャーナリストとコンサルタント,母親は高名な作家の娘と言う知的な家庭に育ち、16歳の時に英国に行って高校では優秀な成績を示し、ケンブリッジ大へ。ここでも最優等生として卒業,外国人女性としては初,女性としても3人目のケンブリッジ組合の会長になったのです。
英国で親しくなった男性が結婚も子供も拒否した為,1980年にいざアメリカはニユーヨークへ。ここでマイケル ハッフィングトンと知り合い,86年に結婚。夫君は政治家を志し,カリフォルニア州に移住。二人の娘が生まれ,97年に離婚。
翌年 マイケルは自分がバイセクシュアルであると告白,そして妻にはちゃんとその旨を告げたとも言ってました。
アリアーナはじっとしていられないタイプの様で,結婚している時も常に政治活動なりジャーナリストとして活躍,オペラ歌手にしてギリシャ人のマリア カラスの伝記を書いたり, パブロ ピカソの伝記を書いたりしますがどちらとも剽窃の疑いが出ているという,勇気ある、と言うか根性の女性なのです。
ライターに飽き足らず,政治評論から,テレビのトークショウのレギュラー,果ては女優業まで手がける究極のパーフォーマーとも言えましょう。

2005年に自分のブログをスタートし,これが後のポストの基礎となり,2011年には社長兼編集長となりました。
目下世界中にレポーターが居て,それぞれのニユースを送って来るそう。
2012年にはピュリッツアー賞を受賞。現在も毎日,勤労意欲満点で世界中に散らばった各地の才能あるレポーターの
取材の焦点をつかんで,いち早く的確なニユースを発散しています。
この11月には母国ギリシャにも支社を設置,祝賀会ではギリシャ首相アントニス サマラスとのダンスも披露しました。

柔らかな口調で的を得た話をし,相手の言う事も静かにうなづきながら聞き,声の大きさで相手をやり込めるなどと言うテクニックはしないようです。その余裕と自信が彼女の成功の要因のひとつなのだと感じ入りました。
著書の広告

2014年 ギリシャの首相,アントニスとダンス




2014

No comments:

Post a Comment