YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, October 3, 2014

JACKIE WEAVER

JACKIE    WEAVER


大昔の笠置シズ子みたいな、見るからに下町風で,世話好きなような,何処かに底意地の悪さを秘めているような,しわくちゃのおばさんがジャッキー ウイーヴァーです。
日本では余りおなじみではないでしょうが,豪州では,日本の杉村春子,英国のジュデイー デンチ,アメリカのキャシー ベイツと言った舞台出身の大女優なのです。

「アニマル キングダム」(10)と言う豪州の犯罪家族のもの凄い剣幕でまくしたてる母親役を激演して,遥か彼方のハリウッドにまで,その罵声が聞こえて,見事にオスカー助演女優賞候補になったのでした。殺人犯の息子達に悪事を命令し,息子達に気味の悪い唇への接吻をする毒気満タンの母親役に,人間味を含ませるという難しい演技をものにしたのです。

1947年5月25日 オーストラリアはニユーサウスウェールズ州のシドニーの近く、ハーツヴィルに第2次大戦時は英国王室空軍のパイロットで,戦後は弁護士となった父親と英国人の母親の間に生まれ,小さい頃から,正確な発音をするように躾けられ、内気な性格を克服する目的で地元の劇団に入団。15歳の時「シンデレラ」の主役を演じて、相手役のアイドル俳優と恋をし,以後恋愛に精を出して,18歳でテレビのデイレクターと結婚,4年後に違う男性の子供を身ごもってスキャンダルに,子供が生まれて一ヶ月もたたないうちに,劇場主宰者と情事を始め,さらに驚く事に,この男性はゲイであったと言うメロドラマも顔色を失いそうな,男性歴を続けたのです。運の良い事にジャッキーが演技派の女優だった為に「芸の肥やし」と思われて,仕事にあぶれる事は無かったそう。
それからもジャーナリストと結婚したり、犯罪事件に巻き込まれたり,エイズになった元の愛人の世話をしたり、あらゆる葛藤の真っ只中で自伝を書いたりしているうちに,アル中になって行きます。
その彼女に「アニマル キングダム」の仕事が舞い込んで、ここで一念発起したジャッキーが渾身の演技を見せたのでした。

小柄で,頭が大きくて,5頭身の彼女がスクリーンに出ていると巨大な存在感を出します。自らの情熱の為に苦労をして来た深い皺が又,生きる痛さを見せ,下卑た表情をしても何処かに人格が覗く,風雪を経た,錆の色合いも良い上等の女優の風格が漂うのです。
「あたしゃ5歳の時からボーイフレンドが居たんだから,大変な男狂いなのですよ。今も4番目か5番目の夫がシドニーに住んでいて,私は仕事でアメリカが多いので,長距離交際を楽しんでいます。とってもダンデイーで優しい男性なのよ!」
と女傑ならではのコメントも頼もしいのでした。
2014「グレースポイント」の独り住まいの老女役
「世界にひとつのプレイブック」(12)では主人公のブラッドレー クーパーの母親役にしてロバート デニーロの妻を暖かく演じ、ニコール キッドマンとミア ワシコウスカ主演の「イノセント ガーデン」(13)では,叔母さん役で出ています。アメリカが舞台なのに、考えて見るとこの映画の女優は3人ともオーストラリア人なのですね。怪しいおじさんは英国人のマシュウ グードでしたし、監督も韓国のパク チャヌクのハリウッド初陣作でした。

2014「グレースポイント」

「イノセント ガーデン」


目下テレビシリーズ「グレースポイント」(14−)で浜辺のトレーラーに,猛犬と住む怪しい老女と言ったオハコの役を楽しそうに怪演中です。

No comments:

Post a Comment