YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, October 18, 2014

BRAD PITT at 50

BRAD   PITT   AT  50


つい3日前にブラッド ピットに会って来ました。彼が制作と主演の「フュエリー」(激怒)と言う映画のプロモーションですが
昨年の12月18日に50歳になってから,良い事づくめで世界一の晴れ男と言えるでしょう。
長年の共同生活者のアンジェリーナ ジョリーと8月に晴れて結婚。新妻は,6人の子供達がそれぞれの絵を描いたモチーフを生地にコピーした白いウェデイング ドレスを着て、新郎は結婚指輪を忘れて,息子に借りた,などなどの微笑ましい挙式のようでした。
その上アンジェリーナは英国女王からデームの勲章を受勲。その後家族全員で女王にあって,ブラッドは子供達が,お辞儀やカーツイーを猛練習した後の本番で,女王の前でじーっと緊張している姿にいたく感動したと誇らし気に行ってました。
今年の2月のオスカー授賞式で「それでも夜は明ける」の制作者としてブラッドはベスト映画賞を受賞。
そしてこの「フュエリー」の評価も高く,おそらく賞候補となるでしょう。第2次大戦が正式には終結したもののドイツではまだまだ軍人が戦争をやめず,これを片ずける為に米軍のタンク軍団がドイツ本土に侵入します。米国のタンク車はドイツ製に比べると酷いシロモノで,まともに一騎打ちすると全く勝負にならなかったそうです。
このタンク車のひとつ,その名も「フュエリー」と名付けられたグループのリーダーがブラッドで,子分達を叱咤激励して戦い続けます。
今までとは異なる視点での戦争映画で,胸に迫るシーンが多く,新鮮なドラマ仕立ては若い人たちの理解を集める筈ですし、戦争の惨さを改めてリアルに見せています。
ポークパイ帽をかぶって、相変わらず三枚目風と言うかミュージシャンのような格好で現れたブラッドは,ひょうひょうと自分の事を軽視するユーモアに溢れていました。
期待のアンジェリーナとの共演作「バイ ザ シー」もクランクアップ,この映画は彼女が脚本,監督,主演。ヨーロッパを舞台に展開するロマンスだそうで、ブラッドはかなりの数のフランス語のセリフを話すとか。何となくこそばゆい気もしますが楽しみではありませんか。
「制作は手がけるが監督業
2014 「フュエリー」
は余りに時間がかかるのと僕には忍耐心が無いので向いてない。その点アンジーは凄いエネルギーと才能を振りまいて監督をやってのける。凄いワイフなのだよ!」

と照れ笑いを見せてました。

ちなみに会見の場所はニユーヨークのトライベッカ グリルと言うロバート デニーロがオーナーのレストランで,煉瓦の壁のあちこちに,彼の父上のロバート シニアの油絵が飾ってあります。古びた雰囲気が魅力のレストランです。


No comments:

Post a Comment