YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, July 11, 2014

DEMIAN BICHIR

DAMIAN   BICHIR

この8月1日に50歳になる,非常に格調のあるメキシコ人の俳優がダミアン ビシアです。
ベニシオ デル トロがチェ ゲバラを演じた「チェ」(08)でキューバのフィデル カストロを熱演。最も注目されたのは「ア ベター ライフ」(11)でメキシコ移民の庭師がロスアンジェルスで寝る暇も惜しんで仕事をして家族により良い生活を提供しようと努力する日々を描いた映画に主演した時でした。ちょっとグッドルッキングできちんとした服装がすぎる庭師でしたが,人を信じる崇高な心が活きて,労働許可証が無くてメキシコに送り返されても又違法で戻って来る人々のやりきれない暮らしを淡々と描いた良い作品でした。

1963年8月1日 メキシコのメキシコシテイーはフェデラル地区に劇場監督のアレハンドロ ビシアを父に,マリクルス ビシアと言う女優を母に生まれ兄弟3人全員が俳優という演劇一家に育ち,ダミアンと言う名はヘルマン ヘッセの小説から取ったそうです。極貧の状況に育ち,4年間程ロスアンジェルスに仕事を探しにいったそうですが成果ゼロで、メキシコに戻り,話題騒然となったメキシコ映画「レッド ドーン」(ROJO  AMAMECER)と言う1968年のメキシコ軍が学生を大量虐殺した事件を描いた作品に出て,もろもろの賞を得ました。
「テイル デス」(HASTA  MORIR)(94)と言う犯罪ドラマでメキシコのオスカー賞,エアリエル賞を受賞。

最近はテレビドラマの「ブリッジ」(12−14)と言うメキシコ国境の犯罪を背景にメキシコの刑事役で登場、アメリカの精神不安定な女性の刑事(ダイアン クルーガー,ドイツの美人女優)を助けたり、嫌がられたり,誤解されたり,されつつも厳しい目線で捜査を続ける姿を見せてます。

素顔は男らしい爽やかさに溢れた快男子の清潔感があって,常に賄賂を狙っているタイプのメキシコの警官たちと一線を引いているところがこのドラマの新鮮なアングルです。
そしてユーモラスな返答を次々にして来るシャープで,楽しいスターでもありました。
暇さえあれば,良質のメキシコ映画に出演して郷里の映画産業に貢献している愛国者でもあります。
2014 「ザ ブリッジ



No comments:

Post a Comment