YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, July 24, 2014

CHADWICK BOSEMAN

CHADWICK  BOSEMAN

チャドウイック ボスマン と名前だけ見ると貫禄たっぷりの英国人俳優をイメージしますが,実はアメリカは南部出身の若手黒人俳優なのです。
去年(2013)の「世界を変えた男ー42」(原題はただの「42」ですが、わたくすの先輩が邦題を考えたのです)と言う映画で伝説的な黒人野球選手のジャッキー ロビンソン(42は彼の背番号)を熱演して,一躍ハリウッドの新人ラインアップに並びましたが,実は既に舞台俳優としてはベテランで,首都ワシントンでは、ハワード大学で、英国はオックスフォードに渡って,演劇学校でも演劇を学んだと言うそこらの新人とは異なる、真剣な演劇人なのです。

1982年にサウス キャロライナ州のアンダーソンに家具張替え屋の父と看護婦の母のもとに生まれ,子供の時はバスケットボールに夢中だったとか。
「演劇を学んだのは,監督と脚本をやりたかったからで,その為には俳優として演技する経験が役に立つと思ったからなのだよ。しかしトレーニングをしている間にどんどん楽しくなって来た。それでも将来は監督だと思い,そちらは焦点を絞って来たのに、ロスアンジェルスに来てからテレビの役が色々舞い込んできて,今はすっかり俳優専門になってしまった」
と「42」の会見で話してました。知的で,堅実そうで,おまけにスリムな体にハンサムと来てますから、カメラの前での活躍が当分続きそうでした。
そして今年の「ゲット オン アップ」(14)での「ハーデスト ワーキング マン イン ショウビジネス」と言う枕詞で有名なロックンロール歌手ジェイムス ブラウンの役を再び激演。
「この役のオファーが来た時,僕は続けて伝説の偉人を演じるのは,余りにもやりすぎのような気がして,しばらく辞退していた。しかし監督のテイト テイラーが君じゃないと映画が出来ないと強く訴えて来るので,もう一度,偉人に挑戦しようじゃないか、と引き受けたのです。それからの訓練が凄かった。もちろん歌はオリジナルのジェムイムス ブラウンとは言え,ソウルを込めて歌わねばならないし,何よりも有名なダンス ナンバーが超人的な動きだから,苛酷な練習だった。マイケル ジャクソンより遥か前にバックスケートやつま先を上げての歩き,おまけにあのスプリット(両足を180度広げたまま、床に着地する)だろう。スプリットから床に手など付かずに,すくっと立ち上がるのもそこらのプロの運動選手以上の筋肉と技術がいるし。撮影の間はジェイムスの声で話し,表情を浮かべ,独特の歩き方を通して,彼になりきって生活してた。幸いな事にロケ先では独りで家を借りていたので,暇さえあれば,彼のモーシヨンをし,鏡に向かって,セリフの練習をしていた。誰かと一緒に暮らしていたら,あそこまでクレイジーに役になり切れないからね」

当初の監督は黒人監督のスパイク リーだったのが「ヘルプ」(12)を手がけた白人のテイト テイラーに変更された事にもちろん文句など言いませんでしたが、
「ぜひともいつかスパイクの映画に出てみたい!」と今回のチャンスをミスした事を残念がっていました。

会見に鮮やかな青のダブルのスーツを着て来たので,素敵なスーツですね,デザイナーは誰?と聞くとはにかんで、自分で探して買ったスーツでデザイナーなどのものではない、と答えるではありませんか! せいぜい2年間の俳優をしただけで,デザイナーにただのスーツを要求する今のご時世で,何と言う謙虚な姿勢! と改めて彼の姿勢に感心しました。

次は「ゴッズ オブ エジプト」と言う古代エジプトの時代劇で,ジェラルド バトラーやジェフリー ラッシュと共演するそうですが、今度もおそらく濃いメークで古代の武者を演じるに違いありません。
2014「GET  ON  UP 」




No comments:

Post a Comment