YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, May 31, 2014

MATTHEW BOMER

MATTHEW    BOMER


最近のハリウッドは余り珍しくありませんが,マット(と普通は呼びます)ボマーはカミングアウトしたばかりか,パートナーの男性と結婚して3人も子供が居る堂々の同性愛俳優なのです。美貌と頭脳とスタイルとどれもがA+のスターのマットは現在,テレビ映画の「ノーマル ハート」(14)と言う80年代初期のエイズが台頭した時期のゲイの人々のドラマに主演,もともとスリムな体から35ポンド(!)と言う驚愕の減量をして,エイズ患者の壮絶な状態を見せつけています。このドラマは最初は85年に舞台劇として公開され,2011年に再びブロードウエイで上演されたジャーナリストで自身もゲイにしてエイズ患者のラリー クレイマーによる話題作でした。
今回ケーブルテレビのHBOが放映,監督はやはりゲイのライアン マーフィー,主演でクレイマーとおぼしきライター役はマーク ラッファロー,その恋人でニユーヨーク タイムズの記者をマットが演じ,当時の一流新聞社では、ゲイを隠して働かなければならない状況などもビビッドに描いています。その他に,ジュリア ロバーツが小児ポリオになって車椅子の女医,いつもは男っぽいアクシヨンものを手がけるテイラー キッチュが髪を金髪にして,ゲイの兵隊役,やはりオープンリー ゲイの俳優,ジム パーソンズがここでは、マークが怒りっぽいのとコントラストを見せる静かに,落ち着いてゲイの組織を運営する優しいゲイの男性を熱演しています。パーソンズは2011年の舞台でも同じ役を演じたそう。
マットは,それまでソープ番組の美男役や映画では,ジョデイー フォスター主演の「フライト プラン」(05),テレビでは「ホワイト カラー」(09−)で犯罪者転じてFBIの情報提供者と言ったスタイリッシュなアクシヨンものの役が多かったのですがここで初めて実際に存在したのゲイのジャーナリストの役を得て,一年発起。家で子供たちの前では不可能と独り住まいをして役作りに専念,ちょうど「マジック マイク」(12)で共演したマシュウ マコナヘイが「ダラス バイヤーズ クラブ」(13)で大減量を果たした為に彼に助言を貰って,医師の監視のもとに過激なダイエットをしたのだそうです。
「僕は自分を修道院に入ったと考えて,集中力を養い,体重が無くなるにつれ,頭の冴えが強くなって行くという,禅の修行のような経験を味わった。この役の為ではなく,僕自身の為にも非常に為になるプロセスだったね」
と誇らし気に言ってました。

その苦労が見事に成果を生んで,マットが最初に登場する時の高級スーツに身を包んだエリート記者がベッドで見せる整った,豪華なボデイー、特に彼のシャープな臀部は見ものです!の美形から,体中に黒班が出て,鳥のガラのように痩せた体を見せる経過に我々は息を吞みます。

マットは1977年10月11日テキサス州スプリングにダラス カウボーイズのプロフットボール選手だった父親,ジョン ボマーのもとに生まれました。テキサスという男っぽい場所,プロ選手の父親と言う環境で、ゲイであると白状するのは大都会で自由人の家庭に育つより遥かに難しい事を考えるとマットのこれまでの波乱の人生がより理解出来ます。

3人の子供は全員,人工授精で生まれたそうですが,大変に平和で,バランスが取れた家庭を築いた由。
自分の信念に忠実に、自信を持って生きるマットに、わたくしは力強い励ましのエールを送ったのです。
2014「ノーマル ハート」

2009  「WHITE  COLLAR」





No comments:

Post a Comment