YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, April 19, 2014

RUSSELL CROWE #2

RUSSELL   CROWE    #2


4月20日は復活祭,子供たちにはイースター バニーのエッグハント遊びの日です。ミッション スクールに通っていた頃は西洋の映画を真似して,花のついた帽子をかぶって教会に行ったりもしました。
この頃には必ず聖書劇の映画が公開されるのですが,今年はラッセル クロウがノアを演じる「ノア 約束の舟」(原題はただ「ノア」で、この邦題を書く時,すぐ希望の舟,だったか、船だったか忘れて,いちいちノートを参照しています)がオープンして,ラッセルの激演が評判になってます。

現代の聖書ドラマは,特定の教会が反対したり,アダムとイヴの創世記を信じないグループなどから批判されたりと昔のように大らかな状況ではありませんが、今回の「ノア」はかなり好意的に受け止められ,評論家たちも認めていました。

ノアの役は「天地創造」(「バイブル」)(66)で監督を兼ねたジョン ヒューストンが演じましたが、この映画は不発に終わり,最近では「ヘヴン オール マイテイー」(07)と言う喜劇でステーヴ カレルがノアもどきの役を演じています。

聖書上の人物でも最も知られている、大昔のチャールトン ヘストンの「十戒」(56)のモーゼス役などになると、余りに型にはまっていて、誰も再び演じようとしなかったのですが,今年後半になるとクリスチアン ベールが勇ましくも取り組みます。

さて前に既に紹介済みのラッセルですが,昔の写真が少し出て来たのと、この4月7日で50歳になったお祝いを兼ねて。それにしても、もう10年前から50歳のような貫禄と自信と与太郎風の態度を見せて来たラッセルは、ますます演技に磨きがかかって,顔もぐんと面積が増し,時代劇の軍人や闇将軍的な役をすると安心して見ていられます。
テレビのトーク番組で,大好きなカントリーの曲をギターをかき鳴らしながら,リズミックに歌っていて,その声の良さとしっかりお楽しみは頂く!と言うためらわない姿勢が気持ち良かったし、相変わらず男らしさ充満でセクシーだなあと感心しました。

会見では質問をそらすベテランで,最近離婚したりのプライベートの事などになると,巧くウイッテイーに応えて行くテクニックは頭の回転の良さを見事に覗かせてました。
現代のスターの中ではだんとつに頼もしい漢であります。
2007「3時10分」


1997「L。A。コンフィデンシアル」

1995「クイック アンド デッド」

2014「ノア 約束の舟」

2012「レ ミゼラブル」

2003「マスター アンド コマンダー」ウサギのロゴは彼の所有しているラグビーチーム

No comments:

Post a Comment