YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, March 31, 2014

STEVE GUTTENBERG

STEVE   GUTTENBERG

ステイーヴ グッテンバーグは「コクーン」(85)や「ポリス アカデミー」(84)、「スリー メン アンド アベイビー」(87)などの軽いドラマでタイトルの上に名前が載るほどに有名で人気のあるスターでした。キュートな丸顔に,愛嬌たっぷりな表情、近所の優しいお兄さんと言うタイプで日本の映画雑誌にもたくさん記事が載っていた筈。

さて今、彼はどうしているかと調べたところ,ブロードウエイの舞台に出たり,数々のストレート トウ ヴィデオ(完成して劇場公開無しにヴィデオになる映画)に出演,その上若者のホームレス救助活動にも励んでいる様子。

1958年8月24日にユーヨーク州のブルックリンに生まれ,電気技師の父親のもと,ユダヤ系の家族の中で育ち,俳優を目指してジュリアード音楽院で名優ジョン ハウスマンの講義を受けたりし,最初の頃の映画が、当時テイーンの心を揺さぶった「ダイナー」(82)でした。とびきりハンサムなミッキー ロークにケヴィン ベイコン,ダニエル スターンと現在はとうに50歳過ぎのベテラン俳優たちの30余年前の若さとみなぎるエネルギーが今も思い出されます。
軽食堂のダイナーと言う言葉を知ったのもこの映画からでした。バリー レヴィンソン監督はボルテイモア出身で,この映画もそうですがボルテイモアの庶民的なローカル色を鮮やかに見せてます。そしてステイーヴはより美男のミッキー達より上のトップビリング(つまり主演スター)なのでした。

次はお馬鹿な若者たちが繰り広げる警官学校でのコメデイー「ポリス アカデミー」でシリーズとなる程の人気を得て,ステイーヴはかなり有頂天になった兆しを見せます。
そして、おひげのトム セリック,長い顔のテッド ダンセンとステイーヴが独身トリオで、ここに赤ちゃんが現れるという喜劇映画「スリー メン アンド ベイビー」。これも大好評でシリーズとなりました。
「ショート サーキット」もアリー シーデイーと言う当時の人気青春女優を相手に,軽妙な演技を見せてます。

「アンダードッグ(負け犬)の君たち!何時もびりで、ルックスも悪く,頭も悪いと思って,尻尾を巻いているだろうが、やる気を出せば,君たちもヒーローになれるんだ!だから挑戦を続けろ!」
といったいエールを送ったのもころころでしょう。彼自身ルックスも平均で,背も平均,ユニークな特長など無しにあそこまで有名になったのですから。

88年にはストリッパー(とわざわざ書かれているあたりに嫌味を感じますが)のデニース バクスラーと結婚し、91年に別居,92年に離婚しています。
昔壮絶に美しかったキム ノヴァクが今年3月のオスカー賞で整形の為に張りつめた不気味な顔を見せてましたが,ステーヴの場合は今もぽっちゃりフェースのおじさんで、あの,やはりオスカー賞に修正顔で登場したカーク ダグラスの路線はたどっていません。何となくほっとしました。
「ダイナー」(82)左からケヴィン ベーコン,ミッキー ローク,ダニエル スターンとステイーヴ











1985「コクーン」

No comments:

Post a Comment