YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, March 8, 2014

GEORGE CLOONEY 2

GEORGE   CLOONEY

日本にいる時、ジョージ クルーニーのCMが頻繁に出て来るのにびっくり。アメリカでは全く出て来ません。コーヒーと小鳥が緑色の足跡を残す(何を宣伝しているのか忘れました)のコマーシャルはどちらも無難で、彼の女性に受ける魅力を存分に見せてました。ご存知でしょうが、ハリウッドのスターは殆ど自分の国ではCMに出ません。イメージを保つためと商品と一緒くたにされたくないからでしょう。ジョージはイタリーやヨーロッパでもかなりの数のCMをこなしています。
彼のイタリーにあるコモ湖湖畔のヴィラはつとに有名ですが、ここには部屋が15室、主寝室は3階の高さなのですと。コマーシャルで稼いたお金をここに注ぎ込んでいる観ありです。
新作「モニュメント メン」(14)は第2次大戦の終わり頃にナチドイツがヨーロッパの主要な美術や協会の礼拝堂等をいち早く奪い取って、鉱山や古い工場に隠し、それを奪回すべく,アメリカ人の学者と英国やフランスの専門家が終戦時の混乱の中で探し出す、と言う歴史的事実を面白、おかしくスリリングに描いた戦争スリラーです。
昔「ザ トレイン」(64)と言うジョン フランケンハイマー監督、バート ランカスター主演の傑作があって、ほとんど同じ題材を扱ってますが、ジョージの映画は自分の好きな仲間内の俳優、マット デーモンやビル マレーにヨーロッパの俳優を起用して、それなりに、娯楽要素溢れる作品になってます。何時も上手なケイト ブランシェットがフランス人の美術管理人になって、ナチの軍人たちの飲み物に、ペッと唾を入れたりするシーンが(どこかで観たシーンですが)溜飲ものです。
わたくしには痛快アクシヨン(ちょっとふざけすぎの部分もありますが)戦争ものだったのですが,アメリカでは酷評され、ヒットもしませんでした。
彼が制作、脚本、監督、主演を兼ねる映画は、いかにも彼の趣味を反映し、センスの良いものばかりですが、いかにせんミーハー受けは期待出来ないものばかり。
そのあたりにわたくしは彼の魅力を痛感します。ルックスや甘いマナーには余り魅せられませんが。

ジョージは顔面神経痛のような症状を持っていて、時どき顔の筋肉が勝手に動いてしまうのだとか。
ガールフレンドをとっかえひっかえ替えて、独身遺族としても悪名高いですが、89年から93年まで、性格俳優のマーテイン バルサムの娘、タリアと短い結婚生活を経験してます。
一時は、大きな豚のマックスが恋人と吹聴してましたが、2006年に18歳で他界。自宅に友達を呼んでバスケットボールをしてから、バーベキューを食べるのが一番の楽しみと言う、どこかピーターパンのような成人していない部分もある、男友達のヒーローのようなジョージなのです。

ツーショットはもっと昔のものもあるのですが、今は見つかりません。いつかアップします。

今回はジョージの大ファンだと言う毋のヘルパーさんだったHさんのリクエストで書きました。Hさん、ありがとうございました。


1996

2014 MONUMENT MEN, Tシャツにはウクライナの女性首相の顔が。

No comments:

Post a Comment