YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, January 15, 2014

TOBEY STEPHENS

TOBY   STEPHENS
2002「ダイ アナザー デイ」右リック ユーンと。

英国のサラブレッド俳優トビー ステファンズは正統派のグッドルックスと格調高いクイーンズ イングリッシュを話すのですが、惜しい事にハリウッドの映画にはあまり出てきません。1969年4月21日ロンドン生まれ。父親は英国の舞台俳優,サー ロバート ステファンズ (「プライヴェート ライフ オブ シャーロック ホームズ」(70)では主役のホームズを演じています),母親は英国の名女優,デーム マギー スミス、歌舞伎の名門ファミリーに生まれたと同じようにトビーも舞台俳優として優秀な才能を見せました。4歳の時に両親は離婚、トビーは両方の親にくっ付いてはロンドンとニユーヨークを行ったり来たりの大西洋を股にかけた生活をし,そのためにアメリカ英語も自在に話すのですと。
マギー スミスとロバート ステファンズ
1970「PRIVATE  LIFE  OF  SHERLOCK   HOLMES」





デイム マギー スミス


ロンドンではロイヤル シェイクスピア カンパニー,通称RSCのハムレット男優としてもてはやされます。
「コリオラナス」の舞台ではジョン ギルグッド賞を獲得,ロンドンのウエスト エンドの寵児となるのです。

そして,才能がありすぎる名家の息子がたどる道,アル中になり,殆ど命を失いそうになったとか。トビーの父親もアルコールに溺れて,キャリアを失いそうになったのです。
彼を救ったのは,ニユージーランドの女優,アナ ルイス プロウマンと2001年に結婚した事だったと当人が言ってます。ふたりは次々に子供を作って,もう3人の子供の両親なのです。
「ハリウッドの映画には出たくない。どうもロスアンジェルスは苦手だし、スターの虚栄心にはついて行けない」
とはっきりものを言うところが憎いではないですか。
英国映画「オネーギン」(99)はレイフ ファインズ主演,彼の姉上のマーサ ファインズが監督、トビーはレンスキーの役を演じています。
アメリカのテレビ映画「グレート ギャツビー」(00)では実に華麗なジェイ ギャツビーを演じてますが、相手役のデイジーをミラ ソービノが手がけていて、ちと大柄にして大味なのがバランスを崩しているような。

「ダイ アナザー デイ」(02)ではボンドの宿敵役をしたり,ラジオではボンド自身の声を演じて評判になりました。声と発音が素晴らしいのでたくさんのラジオドラマを手がけています。2011年には英国版聖書のナレーシヨンもしたのですと。

わたくしめが好きなのは「ケンブリッジ スパイズ」(03)と言う英国のテレビシリーズです。トビーは英国スパイ史上最も悪名高いキム フィルビーと言う上流社会に生まれ,イートン校からケンブリッジとエリートコースを歩みながら、ロシアに魂を売る売国奴の主役を演じています。彼に付かず離れずの距離を保ちながら、ゲイの為により複雑な生活を送る同級生の役をトム ホランドが素晴らしい演技を見せています。名門に生まれてアル中になるのも,英国の名家に生まれてスパイになるのも,どこかに歪んだ反抗心があると言う共通点が感じられますよね。

目下トビーはテレビシリーズ「ブラック セイルズ」(14)で主役の海賊フリン船長を熱演中,男前の顔をヒゲや怪我で汚して,女性に言い寄られてもうんざりと言う表情を見せる風雪を経た感じが最高です。

去年ロンドンで会った時は,南アフリカはケープタウンのロケがスリリングで楽しいと言ってました。
わたくすは,やはりケープタウンで撮影したベネデイクト カンバーバッチの初期のテレビシリース「トウー ジ エンド オブ ザ アース」(2005)に出て来る船長のミーテイング部屋と「ブラック セイルズ」のそれがひどく似ていると指摘しおそらく同じセットなのではないかと言う結論に達したのでした。
母上が大人気の英国のテレビシリーズ「ダウントン アビー」(11−)については、
「ああいう貴族社会の生活のドラマなどには興味が無いから全然見ていない」
とにべもないのも不必要な社交辞令を言わないトビーらしいではないですか。
2013 ロンドン「ブラック セールズ」

2013ロンドンのおすしや「ノブ」で。右はルーク アーノルド。


No comments:

Post a Comment