YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, January 18, 2014

BRYAN CRANSTON

BRYAN  CRANSTON


渋ーい俳優,ブライアン クランストンは此のところ,ゴールデン グローブ賞,俳優組合賞(SAG Award, Screen Actors Guild  )などなどテレビ部門のドラマ主演男優賞を総なめです.苦労人で,風雪を経た逞しい男の味の人間味がある上に,彼が主演している「ブレイキング バッド」(08−13)がついにエンドマークとなり,その功労賞の要素もあるのです.不治の肺がんになった高校の化学の教師がふとしたきっかけでドラッグ工場を始めるという現代のひずめを描いたドラマで,クランストンはテレビのエミー賞を3年連続受賞しているという人気番組でした。

映画の方も「プライベート ライアン」(98)、「リトル ミス サンシャイン」(06)、「リンカーン弁護士」(11)、「アルゴ」(12)などで軍人,裁判長,又はシャープな悪漢などの役をオハコに出ています。
1956年3月7日 カリフォルニア州のサンフェルナンド バレーのカノガシテイーにやはり俳優の父とラジオ女優の母親のもとに生まれ,この両親が全く無責任で,自宅はローンを払えなくなって手放し,ブライアンは祖父母の養鶏場で育ったそうです。
大学では犯罪科学を専攻した程にポリスに興味があったとか.野球が大好きで高校までは結構な選手だったそうで,彼が40歳になった時の誕生日はドジャース球場でしたのですと.もちろんロスアンジェルス ドジャースの大ファンですがフィラデルフィア フィリーズも大好きだと漏らしてました。
マラソンを走り,オートバイで大陸を横断したり,ドラムを叩いたりといかにものアメリカのスポーツマン タイプで、話をしていても全く,気張ったりしない普通のおっさんです。

80年代からテレビに出ていますが「マルコム イン ザ ミドル」(00−06)の父親役で人気が出て,「ブレーキング バッド」(08−13)では、カルト級の注目を浴びるようになり、そのちょっと怖もての押し出しが独特の魅力になってます。
2014年公開予定の「ゴジラ」ではジョー ブロデイーと言う主役を演じるそうです。
「僕は偉ぶった馬鹿な男を演じるのが好きだから死んだら墓碑に「ここに偉い面を下げた横柄な男が眠る」とでも書いたら良いよね」
と事故諧謔の彼らしいコメントをするのでした。



2012  「アルゴ」

No comments:

Post a Comment