YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, October 7, 2013

BRITTANY MURPHY

BRITTANY   MURPHY


いつも抱きついて来て,ちょっとしゃがれ気味の甘い声で,お元気とか,久しぶり! てな事をまるで親戚の女の子のように親しげに言うのが,ブリッタニー マーフィーの想い出です。
初めて会ったのは「17歳のカルテ」(99)でアンジェリーナ ジョリーやウイノナ ライダーとしっかり張り合って獄中の女の子を熱演した時。

「私って生まれた時から,人前で注目されるのが好きだったみたい。笑ったり,何かの芸をしては訪ねて来る人を楽しませたって母が言ってますもの。それで4歳から歌やダンスを習って,13歳になった時,ロスアンジェルスに行きたいと母に訴えたら,母は持ち物を全部売って,すぐに一緒に行きましょうと言ってくれたの。母は私の全てを分かってくれて,私たちは一心同体みたいなもの。母が居るところが私にとってはホームなの」

と大きな眼をさらに大きくして,けらけらと笑いながら話してくれた。
2歳の時に両親が離婚,父親はアンジェロ バートロッテイと言うイタリア系だったそうですが余り家族を顧みず,戸籍の上でもブリッタニーにはバートロッテイーと言う名が付いてなかったとか。シングルマザーの母親は一人娘の夢を叶える為に見ず知らずのロスアンジェルスに来て,色々な仕事をしながら家計を立て,娘のレッスンやオーデイシヨンに付き添ったと言う典型的なステージ ママでした。
こう言う不幸で貧乏な母娘の状況がブリタニーの妙に寂しそうで,愛情に飢えたような雰囲気を作り,同時に彼女の絵に描いたような可愛い美貌が業界の毒牙にかかりそうになった事もしばしばあったに違いありません。何かそう言う痛み付けられた深い傷があるような脆さが一緒の魅力でもありました。

「ジャスト マリッジ」(03)で共演したアシュトン カッチャーと熱い関係になって,婚約までしたのですが,お互いにキャリアー先行で,自然解消に。ヴィジュアルにキュートなカップルでした。この時の会見では
「アシュトンと私は生まれた時から結ばれていたみたい。何かそう言う運命的な巡り合わせを感じたの。繊細で,私の求めるものをすぐに察知してくれて,本能なのか,彼と同じウエーヴ レングス(波長)を持っているせいか。母も彼を気に入ってくれて,もう死にそうにハッピー!」
などと恋に溺れた様子をあっけらかんと話してました。

2005「シン シテイー」
2002 「8マイル」
1977年11月10日 ジョージア州アトランタに生まれ,ニユージャージ−州のエデイソンで育ち,9歳から地元の劇団で子役として活動、と芸能界以外の世界を知らずに育ったイノセントなところも微笑ましく,同時に痛ましくもありました。

「ジャニス ジョブリンの役に挑戦するの!ああいう声で唄う猛練習をしないと」
などと張り切っていた姿が思い出されます。

2007年5月に英国のスクリーンライター,サイモン モンジャックと結婚,ハリウッドヒルズの大きな邸宅に夫と母親と3人で住む生活を送ってましたが,この英国人は無職に近く,ブリッタニーにはそれなりのプレッシャーがあったに違いありません。
2009年12月20日,救急車がシャワールームで倒れたブリッタニーを病院に運びましたが,デッド オン アライヴァルでした。死因は肺炎と貧血ともろもろの薬のミックスと発表され,この年のクリスマスにハリウッドのフォレストローンセメタリーに埋葬。32歳の若さでした。

それからがミステリーで,なんと夫君が1年後の2010年5月23日にやはり肺炎と貧血で急死するのです。
母親はふたりの死因は邸に生じた有害なカビのせいだと訴訟を起こしたのですが、受け入れられなかったようです。

もっと写真があるのですが,どれもこれも可愛いらしく、いじらしげで、いかにも子役から苦労をしている「いつも明るくして,みんなに好かれたい」と言う無意識の努力が感じられると思います。
リヴァー フェニックス,ヒース レッジャー,ブラッド レンフローなどなど若手男優のドラッグ中毒死はどこかにロマンテイシズムを漂わせて,受け取られるようですが,若手女優の死はどこか突き放されている方です。摩訶不思議なハリウッドの謎のひとつかもしれません。


2006「結婚前にすべきコト」
2003「ジャスト マリッジ」



No comments:

Post a Comment