YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, June 3, 2013

BILL    PAXTON


ビル パクストンには,ビル プルマンより頻繁に会っているのですが,何せ整理整頓はこの20年来後回し,と言う状態ですから,写真等がそう簡単に出てきません。
割合最近の写真ですが「ビッグ ラブ」(2006−2011)と言うテレビシリーズでモルモン教の夫,つまり妻はひとりでなくとも良い,と言う一夫多妻の家庭を描いたドラマの亭主役を実にさりげなく,巧みに演じて,この時のグループ写真が見つかりました。

1955年5月17日にテキサス州フォートワースに生まれたビルは,運命の1963年11月22日,フォートワースのホテルを出てきたケネデイー大統領を歓迎している群衆の中の8歳の少年でした。当時のニユース写真にしっかりビル少年が手を振っているのが写っているとか。
お小遣い稼ぎにゴルフ場でキャデイーをして,名物プロ,ベン ホーガンについたりもしたようです。

18歳でロスアンジェルスに出てきたビルはロジャー コーマンの現場で大道具係等して,「クレイジー ママ」(75)と言うコーマン制作,ジョナサン デミ監督の映画がデビューでした。
次にビルはニユーヨークに行ってステラ アドラーの演技スタジオで学び,「エイリアンズ 2」(86)の役を得て,翌年はキャサリン ビゲローの「ニア ダーク」に出演。
「トレスパス」(92)でいい味を見せて注目され,「アポロ13」(95)では,トム ハンクスらに混じって宇宙飛行士の役。
そして「ダヴィンチ コード」(06)では主役のオファーがあったものの,ビルは既にテレビの「ビッグ ラブ」からはなれられずに、トム ハンクスが役を演じたのですと。

「いつかクリント イーストウッドのような仕事をしたい。何と言っても指揮権を取って,良い作品を創る程,誇り高い満足を得るものはないからね」
とビルは語ってました。
最近はやはりテレビの映画「ハットフィールド アンド マッコイ」(12−)でケヴィン コスナーと共演,当たらぬ筈の西部劇なのに,高い視聴率が記録され,これからの展開が楽しみなのです。

プルマンより,肩の張らない,ちょっと喜劇的な味がこちらのビルの身上でしょう。
1998 「シンプル プラン」
2009「ビッグ ラブ」左がパクストン

No comments:

Post a Comment