YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, June 22, 2013

TEA   LEONI


テイア レオーニってお茶と同じ綴りで面白い名前です。本名は,パンタレオニと言うイタリー系の苗字ですと。

1966年2月25日 ニユーヨーク生まれ。父親は企業弁護士,母親は栄養士と言う恵まれた家庭に育ち,私立の有名校から,名門サラ ローレンス大へ。大学2年の時 コロラド州に友人と山登りにいって,崖から落ちて顎を折り,手術の結果,変わった顎の形とユニークな顔立ちになった上,しゃべり方もたどたどしくなってしまったと当人が言ってます。
2001 「ジュラシック パーク 3」


1998 「DEEP  INPACT」
「フラーテイング アメリカの災難」(「フラーテイング ウイズ デイザスター」)(96)で現代女性の逞しさを見せて,知的キャリア ウーマンの役が続きました。それから,「デイープ インパクト」(98、)「ジュラシツク パーク」(01)と化学者や記者の役,「スパング 太陽の国から来たママのこと」(「スパングリッシュ」)(04)ではアダム サンドラーの高慢ちきな妻をいかにもアメリカ女性の物質主義と自分の事意外には全く無関心な典型的タイプに演じて,それなりに面白かったし,「ファン ウイズ デイック アンド ジェーン」(05)でもアメリカの家庭の軽い喜劇を楽しそうに見せてました。

2度目の結婚の相手は,ハリウッドでもインテリで知られるデイヴィッド デユコフニー(「X−ファイル」)でしばらくは知性的なカップルとして,親しまれてましたが,夫君がセックス中毒になって,二人は別居。有名人のセックス中毒は,マイケル ダグラスに継いで(知られているのは)二人目で,おまけにデイヴィッドは,当時テレビシリーズで,売れない脚本家の女性歴と言った役を演じていたので,必要以上に騒がれました。こう言う症状は本人にとっても巨大なダメージですが,妻にとっては,なすすべの無い,苦悩に違いありません。
別居したものの,再び仲良くなり,しかし終に2011年6月に離婚を訴えたようです。

テイーのちょっとハイブローの姿勢と優等生風の性格は会見でもよく見て取れるので,かなり取っ付きにくい女優です。人工的な愛嬌や媚は全く無く,その分さっぱりしてますが,もう少し色気と言うのか,可愛らしさが会ったらと思ってしまいました。
毛並みの良い女優の殆どが,40代に突入すると芸能界からしばらく遠ざかって,子育てや社会福祉に励みますが,彼女もユニセフの活動に献身的に取り組んでいるとか。
そのうち,年に応じた格好の役がテレビ映画などで見つかるでしょう。
2005「デイック & ジェーン 復讐は最高」(「FUN WITH DICK & JANE」)

No comments:

Post a Comment