YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, June 15, 2013

ELIZABETH     HURLEY


女優としてより,スーパーモデル,そしてヒュー グラントとの長すぎた春,レッドカーペットでの安全ピンで,全側面をとめた,斬新すぎるデザインと騒がれた黒いドレス,等で知られている、英国は,ハンプシャー州,ベーシングストークに1965年6月10日に生まれたグラマー美人です。

父親は王立陸軍の中佐,母親は教師とお固い家庭に育ったせいか、12歳からダンスを始め,髪をピンクに染めて,鼻にピアースを刺して,パンクロックに夢中になっていたとか。ロンドンのカレッジ在学中にも演劇とダンスのレッスンは怠らず、ちょろちょろとテレビ等に出始めます。

1987年スペイン製の映画「幻の城 バイロンとシェリー」(「REMANDO AL VEINTO」)と言う映画で共演したヒュー グラントとロマンスが始まり、
ヒューは「モーリス」(87)等に出て,どんどん有名になり,「フォー ウエデイング」(94)のロスアンジェルス
プレミアで,エリザベスは冒頭の安全ピンドレスを着て、
ここで化粧品会社のエステー ローダと契約。15年間も広告を続け,終に44歳になって,若いモデルと交代させられ,もちろんエリザベスは訴えたりして,多額の追加金をもらうのでした。

92年に「パッセンジャー57」で共演したトム サイズモアと情熱的な関係を持ち,ヒューとはロンドンで,トムはロスアンジェルスと言う便利な交際を続けたのも有名な話です。ヒューはヒューでロスアンジェルスで女装の男娼をピックアップしてスキャンダルになったりと彼女の回りにはそこはかとなく,不道徳の「もや」が立ちこめてました。

今迄3度程会見しましたが、トツプファシヨンに身を包んで自信満々で現れ,スタカートの効いたクイーンズ イングリッシュで,ウイッテイーに,セクシーに会話を続ける姿は,さすがヒューが彼女の方にも色々あっても交際を辞められない理由が覗けました。

「オーステイン パワーズ」(97)で会った時は、

「映画に出るより,映画を作る側の方が遥かに面白い
!」と張り切ってました。その言葉通り,ヒューを主演に使って「ボデイー バンク」(96)や「恋するための三つのルール」(「ミッキー ブルー アイズ」)(99)等のプロデユーサーとしての才能も見せてました。

ヒューとは2000年頃,終に別れ、2002年には息子が生まれて,ステイーヴ ビングと言うプレイボーイの富豪が父親と訴えて,彼の方は覚えが無い!と返事をして血液検査をした結果,彼の子供だと分かっての大騒ぎ。

その年にインドの織物産業の大富豪と親しくなり,07年にインドで皇族のごとくに豪華絢爛な結婚式を挙げ、
2010年にオーストラリアの美男クリケット選手と仲良くなり,インドの富豪とは11年に離婚。

美女の華麗なるサバイバルを繰り広げています。
1997 「オーステイン パワーズ」


No comments:

Post a Comment