YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, June 10, 2013

SIENNA    MILLER


どことなく不安さが漂う金髪の美女,シエナ ミラーはしばらくの間スキャンダルの渦の中に生きてました。
「アルフイー」(04)で共演した当時,最初のワイフと別居中のジュード ロウと婚約した矢先に,ジュードがベビーシッターと仲良くなって,子供が出来たり,しばらくして又くっ付いたり,離れたり、ゲテイー財閥の末端どら息子,バルサザー ゲテイーと婚約したり。最近ではウエールズ出身の俳優リース アイヴァンズと婚約,破棄をしてました。
婚約,不倫,破局の騒動に巻き込まれがちな,育ちが良くて,世間知らずの哀愁を帯びたタイプなのですね。

アクセントも態度も英国人なのですが,シエナの父親はアメリカ人の投資銀行家でとても裕福で,離婚後はアメリカ有数のインテリア デザイナーと再婚。シエナは1981年12月28日にニユーヨークに生まれてますが母親が南アフリカ生まれのモデルで,一時はデヴィッド ボウイの仕事をしていたなど,と華やかな環境なのです。その母親は後にロンドンでリー ストラスバーグ 演劇学校を経営し、そのせいでシエナは英国の私立の名門校で教育を受けてます。

イギリスのハイソサエテイーのアクセントで話し,モデルをしていたり、
2005 「カサノバ」
どことなくお高いポーズをとってしまうのが,ジュードたちを魅了したのでしょう。


「アルフィー」では、ニユーヨークに住むリムジンの運転手にして,ロンドン下町育ちのプレイボーイのジュード ロウが籠絡する女性のひとりと言う役でしたが,ふたりの情事が発覚され,ほとんどストーリーにそったロマンスだったので,映画自体も注目されたのです。オリジナルのマイケル ケインの「アルフィー」(66)とは比べ物にならない弱い内容でしたが。

「ファクトリー ガール」(06)がシエナの演技力を見せたベストの作品でしょう。東部の名家に生まれたエデイー セジウイックがアンデイー ウオーホールのアトリエ,「ファクトリー」で彼のミューズとなり,アルコールとドラッグびたりの生活を送ると言う実話をもとにしたドラマでした。
彼女がエデイーを熱演,ウオーホールをオーストラリアのガイ ピアーズが,ボブ デイランをモデルにした歌手をヘイデン クリスチアンセン、と配役がイマイチでしたが。

新作「ザ ガール ヒッチコックに囚われた女」(12)はテレビ映画ですが,トビー ジョーンズがヒッチコック監督を怪演,シエナがテイッピ ヘドレンを,か弱く,美しく、演じてます。ほとんど同時に映画版「ヒッチコック」(12)が出てきましたが,アンソニー ホプキンズのヒッチよりトビーの方がずっとらしくて、上手です。映画版は「サイコ」(60)の撮影状況,テレビ版は「鳥」(63)でのヒッチのテイッピにする異常な所有欲を描いています。

現在のところシエナは,トム スタレッジと言う俳優との間に生まれた娘(12年生まれ)の母親になって、少し安定した暮らしを送っているようです。

No comments:

Post a Comment