YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, May 31, 2013

SHARLTO    COPLEY


「第9地区」(「デイストリクト 9」)(09)と言う南アフリカの SF 映画を覚えていますでしょう? 低予算なのに,ストーリーがオリジナルで,怪獣がロブスターのようで,スリル満点にして,ちょっと愉快な作品でした。そしてたちまちのうちに評判になって,アカデミー賞の作品候補にもなったのです。

その主人公の官庁の役人を演じたのがシャールト コプリー。1973年11月27日南アフリカはヨハネスブルグ生まれで父親は大学教授,たくさんの栄誉を受けた名誉ある人ですが,今は癒しの歌のバンドリーダーとして巡業したり,色々不思議な行動をとっているようです。弟はドノバンと言って,南アフリカでは有名なバンドのメンバーですと。
2013      「エリジアム」
  [DISTRICT 9]

大学生の22歳のシャールトは、16歳のニール ブロンカンプに出会い,貧乏なニールにコンピューターを貸したのが縁で,ふたりはクリエイテイヴな仲間同士になります。

しばらくシャールトはプロダクシヨンの社長として,テレビ映画等を製作し,少年時代から願っていた俳優の仕事から遠ざかる一方でした。

ニールの恩返しがシャールトを一挙に有名にします。あのニールが監督を手がけた「デイストリクト 9」です。
南アフリカに凱旋したシャールトは「ウイクス アンド シャーリース」と言う歌を作って,ファンたちを喜ばせたのでした。ウイクスはシャールトが「9」で演じた役名,シャーリースはもちろん南アフリカ生まれのセロンで,ふたりの有名スターが南アフリカから出て来た,と言った内容なのですって。ひょうきんな人なのです。

「特攻野郎 A テイーム」(THE A TEAM)(10)は リドリーとトニーのスコット兄弟の映画で,昔の映画のリメークですが,シャールトは,マードックと言う男が大好きで,この役を得て,色々な訛りを多用して,面白い役に仕上げたとか。

2013年はシャールトの豊作のようで,まず再びニールと組んだ「エリジアム」ではマット デーモンとジョデイー フォスターと共演の極楽のような金持ちの地区に貧乏人が押し掛けると言うアクシヨンドラマ,お次ぎは韓国映画「オールドボーイ」(03)のリメークをスパイク リーが監督し,主人公をジョッシュ ブローリン,悪役のアドリアン プライスをシャールトが演じるのです。

この役の候補はクリスチヤン ベール,ウイル スミス,ダニエル クレーグ,クライヴ オーウエン,コリン ファースと007役の候補の類いが名乗り上げたそうで,何とも楽しみです。もっともオリジナルの韓国版は,ビル ナーイが「生のイカを食べるシーンを見て,死にそうだった。見るべきではない」と直接わたくすに忠告したので,見てませんが。

その上に「ヨーロッパ レポート」と言う宇宙飛行士のSFもの。
さらに13年は,アンジェリーナ ジョリーが魔女の女王になる「眠り姫」の成人版「マレフィセント」と言う映画でステファン王の役。

おまけにニールがシャールトと「チャッピー」と言うSFコメデイーをしたいと最近発表。

まだ独身のシャールトは,希望していた俳優生活に忙殺されている様子です。

No comments:

Post a Comment