YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, May 10, 2013

WALTER  HILL   and  WES  STUDI


荒くれもの専門の監督、ウオルター ヒルとアメリカの誇る本物のインデイアンのスター,ウェス スツデイ との写真は1993年の「ジェロニモ,アメリカの伝説」から。

ウェスの他にジーン ハックマン,ジェイソン パトリック,ロバート デユヴァルが主演,駆け出しのマット デーモンが顔を出している「ジェロニモ」は監督のヒルとウェスが心血を注いで作ったインデイアンのストーリーでした。
世界中の子供たちがカウボーイごっこをすると,インデイアンをやらされるのは,きまって子分や弟たちで,馬に乗ってテンガロンハットに二丁拳銃の白人カウボーイに殺されるのでした。

ジョニー デップは小さい時からインデイアン役を選んでは,カウボーイや騎兵隊をやっつける「反抗的西部劇ごっこ」を好んだそうで,その情熱が今「ローン レンジャー」(目下撮影中)でインデイアン役のトントを演じる快挙(?)に至ったのです。ちなみに覆面の快男児のローン レンジャーを演じるのは,現在アメリカ俳優の中では、だんとつの美男子アーミー ハマー。


余談はさておき,ウェスは1947年12月17日,オクラホマ州のその名もインデアン保留地らしい"ノーファイアー ホロー"にチェロキー族の一員として生まれ,小さい時から勉強にもスポーツにも秀いでて,同じオクラホマ州のタルサのアメリカン インデイアン シアターに学びます。

その後ベトナム戦争に従軍,インデイアンの社会活動にも情熱的に取り組み,音楽家としても彫刻家としても才能を見せて来ました。

ケヴィン コスナーが監督 主演した「ダンセズ ウイズ ウルヴス」(90)でのタフエスト ポウニーの役で世界中から絶賛され、
「ザ ラスト オブ モヒカンズ」(92)ではワグアを演じて、威厳に満ちた存在を再び見せてます。

本人も怖い顔の裏に,ユーモアと知性にあふれた詩人のような人となりを持ってました。

最近では「アヴァター」(09)に顔を出しています。

ウエスは家族と芸術家が集まる、ニユー メキシコ州のサンタ フェでアートの創作に取り組む日々を送っているそう。

ウオルター ヒルは1942年カリフォルニア州のロング ビーチに生まれ,男っぽい作品を作る事で知られています。
「ワイルド ビル」(95)ではジェフ ブリッジスが主人公のジェイムス バトラー 
1993  「ジェロニモ」
"ワイルド ビル" ヒッコックを演じ,エレン バーステインがカラミテイー ジェーン,キース キャラデインがバッファロー ビル コデイーに取り組むと言う曲者俳優のオンパレードでした。西部劇が売れない状況でしたがヒルは,必死で頑張ったものの,やはり余りヒットしませんでした。

黒澤明監督の傑作「用心棒」のリメイク、「ラスト マン スタンデイング」(96)でもブルース ウイルスを主役に挑戦しましたが,これも泣かず飛ばず。

久しぶりに監督を手がけた、今年公開の「ブレット ツー ザ ヘッド」はロートル スターのシルヴェスター スタローンがシャツの上からも筋肉の盛り上がりを見せて大熱演しています。相変わらず,おとこのパワーをまき散らす,いささか古っぽいドラマですが,スタローンのストイックな一匹狼ぶりが,何となく身に沁みてくる映画になってました。
Wes Studi  from GERONIMO

No comments:

Post a Comment