YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, June 29, 2012

JOHN  C.   REILLY




お団子みたいなルックスのジョン C ライリーは1965年5月24日にシカゴで生まれました。C はクリストファーというミドルネームで 父親はアイリッシュ系 リネン
の問屋のオーナー 母親はリチュアニアの女性 6人兄弟の5人目 と典型的 アメリカの移民ミックスの家庭に育っています。彼のお茶目な表情を見ると暖かい家族なのだろうなと想像できます。


“ カトリックの家に育ち今も教会によく行く。昔 俳優になりたいと神様にお祈りして
俳優になった今 この仕事を神から与えられた使命と思っている。特にナマの劇場での
劇は6日間に8回のパーフォーマンスをしなければならなく これは僧侶の生活と同じ。
そして暗く奥深い精神的な演技をするとスピリチュアルな高揚感を得るのだよ。”


8歳から地元の劇場で色々な役をし シカゴで有名なステッペンウルフ劇団に入り
ここでシェイクスピアの作品をたくさん手がけ 89年にブライアン デパルマに
自分の舞台のヴィデオテープを送って 「カジュアリテイーズ」(89)に応募。

この撮影でショーン ペンとすっかり意気投合し 二人はこれからずっと友人関係を続けて行きました。


“ ショーンとは何も言わずとも巧くやっていけるが 故意に私生活で交際したりしない。彼の友人だから役を貰う などと不必要な文句をつけられたくないし。
「シン レッド ライン」(98)で一緒に出演したときなど お互いの顔を見るのも嫌で おい!この女の腐ったようなばばーめ、ほっておいてくれよ! などと罵詈雑言を交わしたものだった。”


ジョンに初めて会ったのは「ブーギー ナイツ」(97)の時。既に監督のポール トーマス アンダーソン (PTAと呼ばれている)の映画「ハード エイト」(96)に出ていてお互いに 映画に掛ける熱情と
コミカルな才能を確認し この後も「マグノリア」(99)と二人のコラボレーシヨンはとびきり冴えた味を出しています。


“ 映画が完成する前は ただならぬ期待を抱くものだが 後から失望する事が多いい。ポールはアーテイストだからアイデイアがキテレツで それを励行してしまうところが嬉しいよね。波長が合うと言うのか 変な趣味が合うと言うのか
お互いに無言でうなずきあったりする。”
と言ってにやりとしてました。
PTAの映画は突然空からカエルが降って来たりと 意味不明のところが多くて それがまた彼の魅力なのです。


「シカゴ」(02)では亭主役をして 歌って踊ってアカデミー賞にノミネートされたマルチ才能の持ち主でもあります。


一番最近会ったのは「カーネージ」(日本での題はたしか「おとなのけんか」)(11)でジョデイー フォスターの夫を演じた時でポランスキー監督が有名な舞台劇をそっくりそのまま映画化したものです。


ケイト ウィンスレットとクリストフ ウオルツの夫婦とたった4人だけが登場する それも小さな居間で繰り広げられる精神的ドラマですから ジョンの大男ののっそりとした動きとイライラしている妻のジョデイーの神経を逆撫でするような焦点を外した返答とかが喜劇的効果を出してました。特に他の3人がスノッビーでハイテンシヨンだったのでジョンの熊のような存在が救いでもありました。
2008  [STEP BROTHERS]

Thursday, June 28, 2012

お知らせ

6月28日から7月12日まで台北と東京に言って来ます。
亜熱帯の台湾は好日度が高いと母が言ってましたから その辺りが楽しみです。
と言う訳でしばらくお休みします。
成田陽子
HARRY  BELAFONTE




デーオ!イデデーオ!「バナナボートソング」のハリー ベラフォンテです。
実に耳に残る懐かしいメロデイーと歌詞でした。1950年に歌ったのですって。
「マチルダ」も良かったですね。 一時はバナナのコマーシャルもしていました。


1927年 ニユーヨークのハーレムに生まれ 少年時代を英国領西インド諸島のジャマイカで過ごし それでジャマイカのサウンズが身にしみ着いたとか。
53年カーネギーホールでのコンサートは大盛況だったそうです。


ハリーとシドニー ポワテイエはたった9日間しか誕生日が違わず 20歳のときからの親友でずっと結びつきを保っているそう。二人ともスリムでハンサムで知的な魅力にあふれてますね。


映画デビューは53年の「BRIGHT ROAD」ですが、ドロシー ダンドリッジと共演した「カルメン ジョーンズ」(54)はドロシーの恋人 オットー プレミンジャーが監督 パール ベイリーも加わって黒人ミュージカルとして好評を得ました。「日のあたる島」(57)でブラック パワー炸裂、映画俳優としても認められる様に。もっとも演技派にして2枚目のシドニー ポアテイエの比ではありませんが。


ポアテイエと同様 政治意識も強く 黒人の向上運動にも積極的に参加。ジャマイカの関係でキューバのカストロと非常に仲が良いと言ってます。

1968年には歌手のペトーラ クラークとテレビの特別番組に出て 彼女が歌いながらハリーの腕に触れたシーンが問題となり スポンサーのプリムス モーターズはこの場面をカットすると言い張ったのですが ペトーラはこの瞬間をカットしたら もう私は出ないと抵抗して 新聞がこれを書き立て テレビの視聴率はグーンと上がったそうです。


ハリーに会ったのは「ジャンクシヨン」(95)という映画でジョン トラヴォルタと
共演した時。黒人が優位の社会で白人は差別されていると言う逆の世界を描いたストーリーで日系3世のデスモンド ナカノが監督した意欲作でした。
既に68歳の彼はソフトな口調で 酸いも甘いも噛み分けた達人の風格を見せてました。“ アイデイアは面白いが なかなか受け取りにくい話ですよね。”などと
複雑な表情でした。


何せ政治的に攻撃的で 黒人の軍人にして政治家になっただったコリン パウエルを批判し ジョージ ブッシュ大統領に至っては 最悪の指導者と吐き捨てる様に言い 色々と難しいい立場に
1995  [WHITE  MAN'S  BURDEN]   [ジャンクシヨン」
立たされる事もしばしばだったようです。





Wednesday, June 27, 2012


CLIVE   OWEN


「グリーン フィンガーズ」(00)原題は「CROUPIER」という映画で クールな
ギャンブルのデイーラーを演じて人気が出たクライヴ オーウェンは男臭くて ちょっと影があって 頑固そうで 存在感があります。


1964年に英国のコンヴェントリーに生まれ 父親はカントリー ウェスターンの歌手 (!)でジェス オーウェンと言い 息子が3歳の時に家を出て クライヴがテイーンのとき二人は再会したものの 又別離の関係が続いているとか。そういう過去がクライヴのダークな雰囲気につながっているのかもしれません。肌の色もかなりダークですが。
 
初めて会ったのは「すべては愛のために」(03)と言う映画でアンジェリーナ ジョリーと共演した時。アンジェリーナがカンボジアに興味を持ち 後に最初の養子を引き取る事になった そう言う意味では 映画史に残る映画です。


ロンドンで会ったのですが ベージュ色のスーツに白いシャツ そしてカラスの濡れ羽色の様に光り輝く真っ黒でウェイビーな髪 そして日に焼けたのか 真っ黒な肌で現れ
どこから見てもインド人か 中東のプレイボーイみたいでした。今でもその姿が目に焼き付いています。いつか写真を探してポストしましょう。


声が太くて低くて これ又 セクシーにして ちょっとデンジャラスで英国人俳優
ジュード ロー とか レイフ ファインズ、ダニエル クレーグなどとは違う
骨太の逞しさに溢れてました。


1988年の「ロメオとジュリエット」の舞台でロメオを演じたクライヴはジュリエット役のサラ ジェーン フェントンとお互いに一目惚れし 95年に結婚 娘が二人いますが これほどの性的魅力のスターにしてはスキャンダルがまったく無いのも
珍しい事です。


「クローサー」(04)で共演したジュリア ロバーツとナタリー ポートマンは
クライヴを褒めちぎっていましたし。
2004  [CLOSER]
いつも恥かしそうに 居心地の悪そうな表情を浮かべて会見に出てきて 余りべらべらしゃべりません。

一番最近の会見はテレビ用映画「ヘミングウェイ とゲルホーン」(12)で何と
あのパパ ヘミングウェイを手がけた時。マーサ ゲルホーンは1936年から45年まで彼と恋をし けんかをし 結婚 離婚した戦場特派員でニコール キッドマンが演じ 激動のスペインからキューバ、フロリダなどが舞台です。


20ポンド程太ってアル中のヘミングウェイを熱演 しっかりパパ風アメリカン アクセントもマスターして 立ったまま タイプを打つ格好も力強く 余り似てはいませんが人となりをしっかり映していました。


“ 立ったままタイプライターを使うのは彼なりの文章と戦う姿勢なのだと思う。
キューバにはヘミングウェイの住んでいた家がそのままとってあって 原稿から
ベッドなど まだパパが生きているような感じでとても役に立った。世界中の人が知っているヘミングウェイを演じる事に挑戦を感じたから トライしてみたが 彼の魅力に
改めて取り憑かれてしまったね。”


そう言ってにやりとしたクライヴは俳優としての自信にあふれていました。

Tuesday, June 26, 2012

KRISTEN   SCOTT   THOMAS




2010 [ NOWHERE BOY]
大好きなクリステン スコット トーマスは英国はコーン ウオール生まれ。やはり大好きな女流作家 ダフネ デユモーリアも英国の西の端っこのコーン ウオールに生まれ この地の歴史をひもとくロマンス ドラマ、「レベッカ」とか「従姉妹レイチェル」などを書きました。海賊が隠れる入り組んだ海岸線とヒースが茂る荒れ地で有名です。いつかゆっくり訪れてみたい場所です。


さて60年5月24日に生まれたクリステンは有名な南極探検家のサー ロバート
“ファルコン”スコットのひい姪にして 英国貴族院のサー リチャード トーマス海軍提督の姪という勇敢な血筋を引いています。父親はサイモン スコット トーマスと言い大英帝国海軍のパイロットでしたが1964年に墜落死、未亡人になった母親は
再びロイヤル ネイビーのパイロットと再婚しましたが彼もまた70年に墜落死
と悲劇が続きました。


1998  [THE HORSE WHISPER ]「モンタナの風に抱かれて」
内気だったクリステンは演劇に活路を見つけますが 母の反対にあい名門女子大に入りたものの16歳で退学し 演劇学校へ。19歳になった時 フランスに行き2週間のつもりが永遠のパリ住まいとなるのです。ここで演劇学校に入り 頭角を現し舞台に
出るチャンスを得たのです。全てフランス語で!


映画の方は 1986年のプリンス(アメリカの歌手の)が自分で制作 監督した「アンダー チェリー ムーン」で余りクリステンが上手なので 最初は小さな役立ったのを彼の恋人役、遺産相続人の女性という役柄で この時から彼女の冷たい貴族的な女
というイメージが有名になったと言えましょう。


「ア ハンドフル オブ ダスト」(88)ではアレック ギネス、ジュデイー デンチと言ったエリート俳優たちと共演して 
“もの凄くナーヴァスになってしまった” と告白しているものの 見事に 英国王室の女性という主役を演じて 感情を表さない 相手を許さない 高貴な女性の役はクリステン という評判を呼ぶ程になったと言います。


世界中に知られたのは「フォア ウェデイング」(94)でのヒュー グラントの友達役ですが その前にやはりグラントと共演したポランスキー監督の「ビター ムーン」(90)は至極風変わりなストーリで妙に猟奇的なポランスキー好みの映画で一見どころか3見の価値はあります。


初めて会ったのは「イングリッシュ ペイシャント」(96)でレイフ ファインズ
と砂漠で恋をする上流社会の夫人を演じたとき。道ならぬ情愛を美しく セクシーに見せてこの作品は恋愛映画のトップ10などに選ばれた程でした。


“ 監督のアンソニー ミンゲラにこの役は絶対に私の為にある と力説して何とか説得したのです。本能的に私こそ一番ふさわしい と感じたのですよ。”
と静かに話していました。服装も姿勢もエレガンスの粋を極めて私めは ぼーつと見つめるだけでした。近寄りがたい雰囲気も漂っていましたし。


1987年にフランス人の産婦人科医と結婚して3人の子供があり 主な住まいはパリだそうですが もちろんロンドンにも頻繁に行くクリステンは 2005年に夫君と別れました。お医者様 それも産婦人科というのがちょっと彼女の御主人とは意外ですが。スペインの貴族で一緒に乗馬をして葡萄畑を行くってな生活をしているイメージ
ではありませんか?


ともかくクリステンには以後かなり会見と重ねて来ましたが 最近はずっと気さくになって ケラケラと笑ったり かなりきわどいジョークなども披露してくれます。
変わらないのはワードローブで相変わらず 仕立ての良い 上等なスーツや由緒ありげなアクセサリーをさりげなく着けて現れます。そういつもさりげないのです。過剰な
スタイルは絶対にせず シンプルにしてシックが優雅なルックスにぴったり。


“ 最近はシャンゼリゼにも H&M などがお店を開いて ああいう凄く安い服は
とても駄目。良い服を何十年も大事にして着るのが私のモットーですから。”
とこちらには痛いコメントを吐いていました。実は私めの予算にぴったりの御贔屓のお店なのです。


フランスの映画や舞台に出ては英国やハリウッドの映画にも出て 実にスムースに
両方の言葉を操るのは演技力以上の才能でしょう。
「ノーホエア ア ボーイ」(10)ではジョン レノンの一見怖い伯母さん役を演じて 実母ではないものの深い愛情をジョンに注ぐあたりにクリステンの実力が見て取れます。ビートルズ ファンでなくてもリヴァプールの風景とか ブルーカラーの家族などのデイテイルが充分楽しめる映画です。




 
WINONA    RYDER




日本人好みの華奢で 目鼻立ちが細かく整っているウィノナ ライダーは一時大変な人気スターでした。オードリー ヘップバーンに通じる妖精のタイプですが何と本当は
金髪なのだそうです。


本名はウィノナ ホロウィッツと言うように ユダヤ系で 大勢のハリウッドの有名なスターたちがエスニックな本名をアングロ系の名前に変えた様に 彼女もライダーと言う安全な名前に変え 「ルーカスの初恋メモリー」(86)でデビュー。
「ビートル ジュース」(88)や「ヘザース」(89)ではコミカルな演技力も発揮して 「シザーハンズ」(90)で共演したジョニー デップとロマンス、婚約までしたのです。ジョニーは腕に “ ウィノナ フォーエヴァー ” と言うタトウーまで彫って愛を表し 後に別れてから “ ワイノ フォーエヴァー ” (アル中 永遠に)と変えたそうな。


ウィノナは体が弱い為に数々の役を降りています。精神的にも不安定なところがあるようで 「ゴッドファザー 3」(90)に出る為にローマに行って ホテルでベッドから出られなくなり この役はコッポラの実の娘が代役を果たしたり というエピソードはかなりあるようです。


重度の不眠症で 強い薬を使っているのも 彼女の可憐さ とか弱々しさの背景にあるのかもしれません。


初めて会ったのは 「ルーカスの初恋メモリー」でまだ15歳のウィノナは 小学生の女の子の様に小さく でも表情は28歳の大人のもので 年齢を超えた深い知恵を持った ちょっと不思議な少女でした。


「愛と精霊の家」(93)ではアルゼンチンの家族の一人を演じて ラテン系の人々が
どうして白人のスターばかりを使うのか と抗議してました。 ウィノナは ジェレミー アイアンズ や メリル ストリープ、グレン クローズにヴァネッサ
レッドグレーヴたちと並んでラテン系の人を演じたのですから。


今でこそ メキシコ人はなるべく その国の俳優を アジア人の役もアジア人の俳優にとポリテイカリーに公正な状況になって来ましたが 昔はマーロン ブランドやミッキー ルーニーが日本人を演じたのですから。それもひどいメークで。


「17歳のカルテ」(99)の会見では しきりに共演の若手女優たちを褒めていましたが 内心はかなり苦しかったはず。この役の為にウィノナは4年も掛けて 制作にも関与したそうですが 突然現れたアンジェリーナ ジョリーのめくるめくような存在感
にすっかり影が薄くなり アンジェリーナはアカデミー助演女優賞を受賞。


ともかくウィノナの巨大なトラブルは2001年 ビバリー ヒルスでの万引き事件
でした。その後にも高級デパートで “ 買ったと思った品物 ” がバッグの中にあったとかで 彼女の精神状態が話題に上がり 以後のウィノナは “ 万引き女優 ” という最悪なレッテルを貼られ 今だにジョークのネタになっています。


1999  「17歳のカルテ」
会うと 静かで 冷静なのですが 堂々と意見は吐くし 郷里のペタルーマで起った少女誘拐殺人事件に協力して20万ドルの寄付をしたり などしっかりとした態度の持ち主です。
最近は 「ブラック スワン」(10)で引退直後のプリマ バレリーナを演じてましたが 今年の10月に41歳、女優としては難しい年齢にさしかかって来ました。

Monday, June 25, 2012

GENE     HACKMAN






ジーン ハックマンとダステイン ホフマンはニユーヨークで全く売れない下積時代に共同生活をしていたのです。最初はジーンが一人で1寝室のアパートに住んでいて ここにダステインが転がり込み 台所の床に寝ていたとか。 数日のはずが全然出て行かないので 我慢できなくなったジーンが別の部屋を借りたとか。ジーンは引っ越しやのアルバイトの仕事をして 一人で冷蔵庫を背負って階段を上がったりする力持ちだったのですって。 居直るダステインと黙って行動するジーンの二人の性格が垣間見えるようです。二人で屋上に行きボンゴとコンガをぶっ叩いて マーロン ブランドのまねをしたりしたそうです。


ジーンは1930年にカルフォーニア州のサン バーナデイーノに生まれ ひどい貧乏家庭で16歳で年齢をごまかして海兵隊に入隊 GIビルで演劇学校に入って俳優を目指し 1967年にジーンは「俺たちに明日はない」でデビュー、同じ年にダステインは
「卒業」でブレーク。


初めてジーンに会ったのは おそらく「ミシシッピー バーニング」(88)ではなかったかと思います。当時既に53歳だったジーンはかなりシニカルで 自己宣伝などとんでもないと言った静かな人となりを見せ 言葉少なに “ 映画は好きだが それに付随するプロモーシオンやプレミアとか授賞式とかは好きではない ” と素直に白状してました。


「フレンチ コネクシヨン」(71)の思い出も 相手が興奮するのを白けた表情で
眺めて “ もうずっと前のことで カーチェイスとかばかりが知られて困惑しています。しかしポパイ ドイル刑事は好きな役ですね。 ”
と短く答えるのみ。次の「フレンチ コネクシヨン 2」(75)は 題名に沿って
フランスまで行くストーリーが楽しめた。”
とあくまで控え目でした。


“ 僕はスターになる為に俳優になったのではない。あくまで演技を見せる俳優でありたい。” と毅然としている姿はとびきり素敵でした。


最後にあったのは 旧友 ダステインと共演した「ニユーオーリンズ トライアル」(03)で会見の場所はニユーオーリンズでした。相も変わらずダステインは騒がしく
法律のこと 南部の慣習などの講釈を長々しくしてくれて その後に現れたジーンは
2003 「ニユーオーリンズ トライアル」
日系ハワイ人のピアニストの奥さま、ベツツイー 荒川さんを同伴してにこにこと
柔らかな微笑を浮かべていたのを覚えています。この奥様が1984年にヘルスクラブでタオル係をしていたとき 知り合ったそうで 1961年生まれのエレガントな女性でした。1991年に結婚して 今はニユーメキシコのサンタフェに住んでいるとか。


2004年の「ムースポート」と言う喜劇に出た後 半分冗談で もうリタイアーする
と言ってましたが そのまま映画には顔を出していません。
絵画をたしなみ フィクシヨンの小説を書くのが毎日の楽しみと言っていたので
空気のきれいなサンタフェで 奥様のピアノを聴きながら 絵など描いているのでしょう。



Saturday, June 23, 2012

LESLIE    CARON




レスリー キャロンは1931年7月1日にフランスはブローニュに生まれました。母はアメリカ生まれのバレリーナ、父親は科学者と言う家庭に育ちもちろんパリのバレー教室で修行。シャンゼリゼ バレー団で巡業中に ジーン ケリーにスカウトされ 有名なミュージカル 「巴里のアメリカ人」(51)で映画デビュー。


小柄でキュートな顔のレスリーはアメリカ人男性にしては小柄なケリーの格好のダンス
パートナーとなりました。
「リリー」(53)ではアカデミー賞候補に。戦後日本の少女だった私めは「足ながおじさん」(55)が大好きでした。
「恋の手ほどき」(58)とか「ファニー」(61)なども良かったですね。


ハリウッドのダイナミックなミュージカル女優たち、ミッチー ゲイナーとかシド シャリース、アン ミラー たち とは違うフランスのエスプリと言うのか ぴりりとスパイスが効いた存在でした。
もっとも私めは エレガントでミステリアスなシド シャリースが大好きで将来はミュージカルに出ようと宝塚歌劇団に入るのが最初のステップか などと真剣に
考えていたこともあったのです!!。家にお客様が来るとテーブルの回りで足をあげたり くるくる回って 見て来たばかりのミュージカル映画のナンバーをを披露していたものでした。


レスリーは後にシリアスな女優となり「パリは燃えているか」(66)などにも顔を出しています。
この写真はレスリーが久しぶりにハリウッドに来て出演した「ル デイヴォース」(03)の時のもので 主演はケート ハドソン(ゴールデイー ホーンの娘)でフランスでのロマンスを描いた軽い映画でした。


“ パリに住んでいると生きているって言う感覚が濃厚になります。食べ物のせいかしら? ともかく私はもうアメリカには住みたくないですね。”
2003 「ル デイヴォース」
と静かに言って 相変わらずシックで 体の線もしっかりと整って とても72歳には見えませんでした。

Thursday, June 21, 2012

MICHAEL     FASSBENDER




ファスベンダーと言う名前から察せられるとうり 父親はドイツ人、ハイデルブルグ生まれの35歳。母親はアイルランド人でマイケルが2歳の時に祖国のケリー郡キラーニーに移り ここでウェストエンド ハウスと言うレストランを始め (父親はシェフ) マイケルのアイルランド訛りの英語と流暢なドイツ語が培われたのです。


アイルランドの若者の典型的パターンでロック歌手を目指していたマイケルはギター,アコーデイオン、ピアノが弾けて 中でもギターに自信を持っていたようです。
ある日 コメデイーとドラマのクラスの掲示板が目に入り ここから演技熱が沸き
2012  GOLDEN GLOBE SHOW
タランテイーノの「レゼボア ドッグス」の舞台版に主演したばかりか監督まで手がけたそうな。92年の事でした。すっかり舞台の魅力に取り憑かれた彼はロンドンへ。


演劇学校で鍛えられたものの3年目には余りに純粋な台詞ばかり言う劇に不満を感じ
バーテンダーをしながらテレビと映画の仕事のオーデイシヨンに通い 小さな役を得て
スピールバーグ監督の「バンド オブ ブラザース」(01)ではバートン パット
クリステンソンを演じたそうです。テレビのシリーズで第2次大戦の新兵訓練から戦地に出て終戦までを描いた10回にわたる大作でした。大勢の英国若手俳優が顔を出しているので もう一度見てマイケルを確認しないと。


次のハリウッドの大作は「300」(06)で スパルタ戦士 ステリオス を演じてます。
そして英国の監督 ステイーヴ マックイーン(あのハリウッドスターを同じ名前ですが こちらは創作アーテイストで黒人なのです)の衝撃的な「ハンガー」(08)のボビー サンズ役に取り組んだのです。既にスリムな体をさらに飢餓状態にする為36ポンドも減らしてのリアルな役作りは英国映画界の注目を引きました。1981年に起こった北アイルランドのIRAのアクテイビストだったサンズのハンガーストライキはサッチャー首相の否定的な処置のために悲劇的な結果となり ボンズは英雄的な足跡を残したと言う実話でした。メイズ刑務所での党員達の英国に反抗する姿は目を覆うばかりの凄まじさでまず一生忘れられない映画になると思います。


“ ナッツとイチゴとイワシのカンだけを毎日食べて 体重を減らしているうちに 精神的な絶望感と抵抗精神にも襲われたね。小さい時からアイルランドの英雄 マイケル コリンズの話を聞いていたし 06年にはエジンバラの「アレジアンス」と言う舞台劇でコリンズを演じたのだよ。だからIRAの行動にも興味があったし。”
と後にマイケルは語っていました。


2012 [ PROMETHEUS ]
しかしアメリカで最初にマイケルの研ぎすまされたような端正なルックスを見たのはタランテイーノの「イングローリアス バスターズ」(09)で英国のレジスタンス ファイターを演じたとき。ブラッド ピットをも押しのけるような存在感を見せてました。ビールのお代わりを2杯と頼むとき 親指と人差し指を使ったシグナルでスパイと言うのがばれてしまうシーンを覚えてますか? アメリカ人と英国人は人差し指と中指をちょうどとVサインの様にだすのです。日本人もそうですよね。


「X メン:ファーストクラス」(11)で初めてロンドンでマイケルに会いました。
黒いソフト帽をかぶって どこから見ても男性モデルの様に完璧なスタイルでおまけに
あのクールなルックスですから 取っ付きにくそうですが ケラケラと笑って自分を重要視しない軽いのりの楽しい人でした。パブで会いたいような雰囲気と言いましょうか。映画で共演したゾーイ クラヴィッツ(ミュージシャン、レニーの娘)と付き合ったいたそうでこの事を聞くと 
“もうデートしてない。つまらない事は聞かないでくれ” とけんもほろろでしたから
どうも女性関係の話題は禁物、つまり大もてで 困っているのでしょうと察した次第。


次にインタヴェユーしたのは 巨大な注目を引いた「シェーム」(11)でセックス
中毒の孤独な青年を演じたとき。再びステイーヴ マックイーン監督の作品で


“ ステイーヴの映画なら何でも出たい。彼の感性と才能にすっかり惚れているから。
もっとも初めて会った時は お互いに違う周波数を携えていて ボビー サンズの役は出来ない と断ったのだよ。それでももう一度考えて欲しいと言われて 引き受けた。当時の僕は頭でっかちで 自己中心で 猜疑心のカタマリだった。以来ステイーヴと僕は無二の親友と言うか 心の友になったのさ。”


「シェーム」での全裸シーンが余りにも注目されて かなり白けてもいました。


“ 血だらけの脳細胞が飛び散る場面なんて日常生活ではまず見ないだろう。でも男性の性器なんて男なら毎日10回は見るし 女性でも兄弟や友達のを見てるだろうし 日常茶飯事の事じゃあないか。大騒ぎするなんてばかばかしいくて やってられないよ!”
とね。
最も大騒ぎの理由は 平然とマスターベーシヨンなどする行為とそのサイズだったのですが。


そして一番最近会ったのは 「プロメテウス」(12)でアンドロイドのデーヴィッド
をまさに怪演したとき。ロボットなのに 「アラビアのローレンス」など見ては
主人公のピーター オツールのまねをして 話し方から髪の毛の色まで変えてしまったりの密やかな楽しみを持ったり 人間に お前なんか感情がないだろう と言われて
静かに怒って 仕返しをする時の表情とか マイケル自身がかなり完璧な外見を持っている為に この怖さが倍増するのです。リドリー スコット監督は最初からファスベンダーを考えていたと言うのもよく分かります。


又ロンドンでの会見でしたが 飛脚も穿けない様な細いズボンに 洒落た上着を着て
赤毛のひげを蓄え どこから見てもセレブリテイーのアーテイストでした。


2011   [ SHAME ]
“ 次はまたステイーヴが監督する「12 YEARS A SLVE  (奴隷として12年間)」と言う映画にブラッド ピットとチボテル エジオフォーと出る。それから 再び リドリー スコットが監督する「ザ カウンセラー」と言う映画にハビエ バーデムと出るんだ。良い監督に恵まれて凄くラッキー。”
とニキニキしてました。
 
その夜 ロンドンのクラブ「アクア」と言うところでプレミアのパーテイーがあって
そこでマイケルを見かけたのですが テラスのはじに陣取って 回りを友達やリドリー
スコットが囲んで 誰もそばに近づけない様に 戦術的なスタンスを取っていました。


おぬし やるな。のファスベンダーでした。



Tuesday, June 19, 2012

BLAKE   LIVELY


不思議な名前の若手女優です。ファーストネームは男女不明ですし イキイキとしたと言う意味のラストネームもユニークですが本名だそうです。
2012   [SAVAGES] 細いウェストを強調するドレスが好きですと。
今の時代にぴったりの柳の様にひょろっとした肢体と色々なアングルで変わるルックスはまさにスーパーモデルですが 演技力もどんどん付いて
新作「サベージス](SAVEGES) ではオリバー ストーン監督が 
“ まず美しいのが 画面で目立ち それでいて 独特な情感を見せる。演技も素直で努力の結果がしっかり見て取れる。” 
と絶賛で バークレー大出身にして ドラッグ取引に走り メキシコの組織に追いかけられ頭脳戦から凶暴な諸場争いに引きずり込まれる男2人女一人の3人組のひとりを熱演。


テレビシリーズの「ゴシップ ガールズ」(2007−)の東部道楽令嬢役で一躍人気を得、「ザ タウン」(10)では娼婦役に挑み 映画女優として認められました。ベン アフレックが監督主演したボストンのチンピラ兄弟のドラマで
ブレークはドラッグ中毒のチンピラ娼婦と言う設定です。


“ こういう女性はメークなど取らないままで寝たりするでしょう。だから撮影中は髪も洗わず メークもきちんと取らないで昨日の残りの上にまた塗りをしたり 本当は子供が好きで いい子なのに ずるずるとヤクにはまってしまう感じを出したかった。”
と意気込みぶりを可愛らしく語っていました。
何と言っても身長が170センチぐらいあって 手足が長いので 近くにくると
圧倒されますが 懸命に身を屈めて 親近感を持とうとする姿勢が健気です。


父親は監督兼俳優、母親はタレントエージェント、5人兄弟の末っ子で殆どが俳優と言う芸能一家に育ち 5歳からちびっ子役を手がけていたベテランなのです。しかしこの業界の不安定な生活もよく分かっていて しっかり学業にも励み
生徒会長に選ばれたり コワイア合唱団やチアリーダーとしても大活躍。名門スタンフォード大に受かった程でしたがここで女優の道を選ぼうと決意したそうな。


彼女のエレガントなドレス姿も話題になってますが
“ 小さい時から洋服や家具やインテリアを考えるのが大好きで 今もドレスやアクセサリーを選ぶのを人に任せるなんてとんでもない!と自分で決めて 自分でトータルの効果を仕上げます。ヘアーもメークも自分でしないと気が済まないの。私なりのセンスを楽しむのが大事ですもの。”
とプロのスタイリスト達に任せない自信も頼もしい限りです。


長い事 「ゴシップ ガール]の共演者のペン バジェリーと交際してましたが
2011年にはレオ デイカプリオと5月から11月までのよく言われる”サマーラヴ” を経て 現在は「グリーン ランタン](2011)で共演した
ライアン レイノルズと恋に落ち 二人が住む家をニユーヨーク郊外のベッドフォードに2百万ドルで購入したとか。ちなみにレイノルズ君はスカーレット
ヨハンセンの前亭主殿であります。まさにゴシップガールを地でいく生活は自然の成り行きとは言え かなり嵐が吹きそうですがそれも大女優になるプロセスと見ましょう。
“私は本当は凄くシャイなの。でも役を得ると向こう見ずになれる。恥ずかしくても立って意見を言わないと駄目と家で躾けられたし 自分の性格とキャリア
をいかに育んでいくか が私の問題提起なのです。”
2010「ザ タウン]面白いブラウスでしょう。
と殊勝な事を言うブレークですから 将来が楽しみではないですか。

Sunday, June 17, 2012

MARK    WAHLBERG




ボストンに生まれ 8人兄弟と言う貧乏なカトリックの家に育ち 少年時代はドラッグに窃盗 逮捕に釈放の繰り返し 路上でブレークダンスをしているうちに “ ニユーキッズ
オンナ ブロック” の初代メンバーとなっても 悪さの誘惑に耐えず 6ヶ月でヤーメタ が15歳の時。
次はカルビン クラインの下着のモデルになって人気が出て
95年の「バスケットボール ダイアリーズ」でレオナルド
デイカプリオと共演、レオのすぐに熱くなる親友を演じて
注目され
「ブーギーナイツ」(97)のポルノスター “ダーク デイグラー”(日本語のニヌアンスにすると 黒ぶりちんちん
ぐりぐり男)の役を張りぼてのチンチンを公開して大熱演。
一挙に有名に。


初めて会ったのは 「バスケットダイアリーズ」の時で
鼻っ柱の強い可愛い顔の いかにも街で怪しい行為に走り 色々とちょろまかしている少年院タイプでした。


99年の「スリーキングス」と翌年の「パーフェクトストーム」で続けてジョージ クルーニーと共演し 「ストーム」で大嵐にあって大波の海で溺れるシーンでは 二人の顔が
接近して 次は熱い接吻に! と言うスリリングな状態に。
こういう男性同士のホモつぽい友情の “ブロマンス” (ブラザーのロマンス) と言うスラングがぴったりのコンビでした。
“ジョージが迫ってくるから 僕は後輩としてああいう反応をしただけ。全てはジョージと監督のせい”
とマークは空とぼけていましたが ジョージもすかさず
“実は僕たちあのクローズアップの後 ぶちょっとキッスをしたのだが 惜しくもカットされてしまった!返す返すも残念だ!” とやりあうのでした。インタヴユーはボストンの波止場近くで行われ ローカルボーイのマークは意気揚々でした。
「デパーテッド」(06)ではオスカー助演男優賞の候補に
なりマークはオールラウンドの俳優としてもプロデイューサーとしてもハリウッドのAリストに。
2010年の「ザ ファイター」では憧れのボクサー、ミッキー “アイリツシユ” ワードを3年近くのトレーニングの後に手がけ 今度こそ主演賞!と期待されましたが 兄貴役のクリステイアン ベールと母親役のメリッサ レオが見事に受賞。共演者が受賞するのはとりもなおさず 主演者が
底力を発揮して 回りの俳優をレベルアップしたからで こういう相乗効果が良い映画の原因なのです。


新作「テッド」(12)は珍しくコメデイーですが ぬいぐるみのテデイーベアーを相手に感情を吐露したり 大格闘を見せたりのおかしな内容で ポスターを見ると又 気楽な気晴らし喜劇か と見えますが そのとうりで しかもちょっとセンチにさせてくれたりするのは マークの巧さならではです。この時の会見では
“ 実はソファの上に何にもない状況で想像力でテッドとの長いやり取りをしたのだが これを見たらみんな僕がとうとう頭がやられたか!と思うだろうね。監督はおもちゃの熊さえ置いてくれなかったのだから。何か魂胆があったのだろうが ”
とぶつくさいってから 父上のおもいでを。
“ 小さい頃の僕はみんなにモンキー、モンキーと呼ばれて凄く嫌だった。父さえもモンキーと呼んでね。ある時僕は父にモンキーって呼ばないで と訴えると父はどう呼んで欲しいか と言うのでずっとマイクと言う名が好きだったからマイクと呼んでと頼んだ。以来父はどこでも僕の事をマイクと呼んで年を取ってシニア施設に入ってからも看護婦たちに僕の映画のステイールなど見せては “ 息子のマイクだ!凄いだろう!” などと自慢して 相手を混乱させていたのだヨ。いいおとつあんだったなー。”
と涙ぐむのです。お父上は朝鮮戦争の帰還兵で運搬業者をしていましたが2008年に数度の心臓マヒの後になくなりました。
すっかり大物となったマークは数年前から経験なキリスト教信者となり日曜日にはミサに行くので インタヴユーなどの予定は入れません。4人の子供とレア ダーハムと言う女優だった奥方と幸せに暮らしているようですが
2012 「テッド」
 “ 妻がいないときは Rレーテッドの映画を子供と見たり ペイントゲーム (ペンキが出る銃で戦う戦争ゲーム)を庭でして大騒ぎとなり 隣人を含む何もかもにペンキを塗ってしまって 後で妻に怒られたのなんのって!”
と悪ガキぶりはしっかり残っているようです。

Friday, June 15, 2012

RICHARD   HARRIS


“ 姪や甥っ子の為にこの役を受けたのですよ。原作?そんなもの読みません。脚本だけで充分です。”
「ハリーポッター」第一弾 「賢者の石」(01)で魔法学校の校長先生の役(みんな変な名前で 覚えていられません)を得た時に会う機会があって 既に71歳だったリチャード ハリスは “がきの本など読めるか” と言うトーンで
しらばくれていました。
この会見はロンドンのサヴォイホテルで行われ ハリスはここのレジデンス ウィングに住んでいて 毎晩となりのバー
でぐびぐびしていたそうな。


何しろアイルランドのライムリックに30年に生まれ ラグビーの名選手だったハリスは同じアイルランド出身のピーター オツールと同様 血管にアルコールが流れているような
人生飲まずにしてやっていけるか!と言う古き良き時代の
役者 いやアイリッシュ メン全員のパブ ライフこそ
命と言う生活を送ったと言えましょう。


“ このあいだトム クルーズを見かけたが まあその小さい事!大男のボデイーガードに囲まれて まさに小人だったね。コミカルな光景だったよ。いやだね。ボデイーガードを連れていなければ 外に行けないなんて。
その昔 ジェイムス キャグニーは一人で荷物を持って駅にたどり着いて 迎えにいった僕とそのままパブに直行して
やんやと愉快なときを持った。最近の役者ではラッセル クロウがいいね。何度か一緒に飲んだがラグビーの話から
人生観までいや 話がうまくて 色々良く知っている。”


とまるで私たちもパブに同席しているような気分にしてくれたものです。


「孤独の報酬」(63)原題は 「THIS SPORTING LIFE」では北アイルランドを舞台に頑固なラグビー選手を演じて アカデミー賞の候補になり 初主演の快挙、それからも独特の反抗的な表情とセクシーな外見で英国映画にとどまらず ハリウッドでも人気スターとなって
 「ダンデイー少佐」(65)(前にチャールトン ヘストンのページで紹介しました。)や「カサンドラクロス」(76)「許されざるもの」(92)などなどたくさんの映画に出ています。
「キャメロット」(67)では歌と言うより モノローグのような歌い方で王様役を手がけ 前に書いたようにテレンススタンプは あんなのなら俺の方がまし と歌手ではないから役を退いた事を悔いてました。この映画の主役陣、ヴァネッサ レッドグレーヴ、フランコ ネロなどみんな歌が大した事がなく それでもミュージカル映画というあたりがおかしいです。


「ザ フィールド」(90)は1930年頃のアイルランドの土地への執着をぶつける(又もやの!)頑固じじいの役で激演。監督はジム シェリダンですから アイリッシュの血がむんむん たぎるギリシャ悲劇のような映画でした。 


2001 「ハリーポッター 第1巻 賢者の石」
「ハリポタ」のすぐ後 2002年10月25日 悪性リンパ腫のためロンドンで亡くなりましたが息子のジャレッドは目下ハリウッドでちょっとひねくれたタイプの性格俳優として親父の延長をたどっています。

Thursday, June 14, 2012

FRANCES  MCDORMAND


クリス クーパーに引きつづき 画面でぎらりと光る 独特の魅力を持つ そして 玄人好みの性格派女優 フランシス マクドーマンドの番です。
彼女が映画に出てくると 面白みと人間味がどっと濃くなります。本当にいい味を持ってますよね。
「ファーゴ」(96)の臨月間近で よたよた歩きながら 深い雪を真っ赤に染めた壮絶な殺人現場をしれっと調査したり のおばさん警察官の役でアカデミー主演女優賞を受けても全く名女優などと言う意識のかけらもなく 相変わらずひょうひょうと 外見と言動はちょっと変でも心は錦と言った女性の役を手がけています。


この6月に55歳になりますが 若い時から しわっぽくて その上にわざとしわを作る表情がトレードマークですから この10年ぐらい ずっと50歳代の女性を演じ続けていたような。
「ミシシッピー バーニング」(88)の時に初めて会ったのですが 服装もメークも
全く普段着で げへへと笑いながら
“ メークや何を着ていくと言う時間が勿体ない。どっちにしろグラマー ギャルとして売る気持ちも期待も持ってないし。本を読んだり 子供と一緒に密な時間を作る事さえ 今のスピード時代には難かしいと言うのに 不必要に着飾るなんて とんでもはっぷん!”


と見るからに楽しそうな人となりを見せてくれるのです。


“ 80年代はとんだ貧乏暮らしで 安くて危ないブロンクスのアパートにホリー ハンターと一緒に暮らしていて 彼女の紹介で コーエン兄弟を知り 一時は サム ライミ(監督になった)も含めて 5人で共同生活をしていたのだから。それからコーエン兄弟の初監督作品 「ブラッド シンプル」(84)に出してもらった訳。いつもひとに言うのよ。どうやって役を得たのですかと聞かれると 監督と寝たからってね。”


アカデミー賞には4回ノミネートされた上に “ラジー賞” (最悪演技賞)にも「イーオン フラックス」(05)でノミネートされると言う賞取り女優でもあります。


最近では 「ムーンライズ キングダム」(12)とうウェス アンダーソン監督の映画でビル マレーの妻を演じている。絵本の中の出来事のようなおはなしで この妻はローカル シェリフのブルース ウィリスと浮気中なのですが 全く外見を気にしない あっぱっぱのようなサマードレスを着て 相変わらずのノーメイクでとうしています。


“男の映画はカーチェイスや爆発を見せる。女の映画はすぐ泣き顔をクローズアップする。
そりゃあ私だって週に3回は泣きますよ。でもクローズアップではなく遠くに引いた状態で 自己憐憫に浸っている場合ではないのです。全く下らない女のドラマが多くて
頭に来ますよね。”
と憤慨してから 本物の生活を持つ事を強調していました。
“ 舞台でも映画でも休みなしにずっと続けていたら駄目。しっかり合間には普通の生活をして 地に足をつけないと。映画も舞台も空想の世界で。ここに入り浸りだと現実を忘れてしまって 気持ちの悪い人間になってしまいます。私はあくまでもキャラクター アクトレスですから スターとは違って 現実の世界でもでもスターでいるようなタイプではないのです。”


1996 [FARGO]

JESSICA  LANGE


1949年4月20日生まれですから今63歳のジェシカ ラングの最近のショットです。若くぴちぴちの写真もたくあんありますが 実はこの後 ニック アンド タック 
(引っ張って つまむ つまりフェイスリフトの事です)をしたようで 今は目が吊り上がって 少し怖い顔になって来ました。
ハリウッドならずとも 外見で勝負の世界は 痛い手術も耐えなければならない過酷なものです。


ラングに初めて会ったのは 「熱き愛に時は流れて」(88)でデニス クエイド扮する
花形フットボール選手と結婚するホームカミング女王の役を演じた時。原題は 「EVERYBODY'S ALL AMERICAN」とずっと適切なタイトルで アメリカのスタースポーツマンの典型的生き方、プロになり もてはやされて 良い気になっているうちに
ロートルとなり アル中になって行く。原作者は スポーツイラストレイテッドの敏腕記者だったフランク デフォーですから スポーツの世界がビビッドに描かれてます。
ラングは美しかった人気者が 徐々に年を取り だめな夫を支える と言う一昔前の
アメリカの女性を痛ましく演じて 美男美女のカップルが外見はハッピーでも
家の中は苦労の連続と言うドラマはアメリカーナの片鱗でした。


ラングは「キングコング」(76)の摩天楼の空高くキングコングの手のなかでばたばたとあがく美しい女性の役をして注目され 「トッツイー」(82)ではダステイン ホフマンが恋心を抱く女性の役でオスカー助演女優賞、後にトミー リー ジョーンズ扮する
軍人の欲求不満の妻を手がけた「ブルー スカイ」(94)で主演女優賞 とハリウッド
の若い女優がこぞって 憧れる 美しい演技派です。
2011 「アメリカン ホラー」


“ 私はミネソタの寒い田舎に生まれ 大都会で モデルとかウェートレスなど色々な仕事をしましたが やはりふるさとが良くて 今は田舎暮らしを心から楽しんでいます。
畑を作り 鶏の卵を拾い 四季の行事と義務を執り行うのは 私の感性にしっくりするのですね。今の情熱はカメラいじり。写真を撮っては 思いがけない結果に驚いたり がっかりしたり。”


そう言う訳で彼女の手は 大きくてごつごつです。繊細な顔と畑仕事の手のコンビネーシヨンに畏敬の念を抱きました。


パートナーもスペイン人の写真家から ロシアの名バレーダンサー ミハイル バリシニコフとの有名なロマンス、そして82年からは 渋い名優 サム シェパードと最近まで
共同生活をしてました。厳しくて 自己訓練に長けた男性がお好きなようです。


私めは「ロブ ロイ」(95)でリアム ニーセンのロブ ロイの妻を演じて 美しい
スコットランドの湖のほとりで やおら長いスカートをまくり上げて おしっこをするシーンが何とも好きです。ちなみにロブ ロイはスコットランドのロビンフッドみたいな英雄だったのですが 本物は背が小さく 腕が異常に長くて 地面に手が付くほどだったとか! オランウータンみたいだったのですって。
 
そしてやはりスコットランドの英雄 ウィリアム ウオレスをメル ギブソンが「ブレーヴハート」(95)でスコットランドの国旗の色の青い色を顔に塗ったくって猛演してましたが ウオレスは大変に背が高い人物で地元のひとは小男のメルが演じてがっかりしたとか。


最近はテレビの仕事が多く 「グレイ ガーデン」(2009)ではジャッキー ケネデイー(オナシス)の従姉妹 エデイス ブーヴィエ ビールのエキセントリックな生き方を描いたドラマで主演 ドルー バリモアが娘を演じてともに高い評価を得ましたし
目下 放映中の「アメリカン ホラー」(11−)では不気味な隣のおばさんを怪演中。
1999「タイタス」
そうです。40歳を超した女優達は今こぞって ケーブルTVでの美味しい役を待っているのです。

Tuesday, June 12, 2012

CHRIS    COOPER




玄人好みの 地味な それでいて 場面の中で きらりと光る 渋い役者です。顔はかなり違いますが 同じ苗字の ゲーリー クーパーに似た寡黙な男の魅力が漂うクリス クーパーはゲーリーと同じ様にアメリカの良心の産地である中西部はミズーリ州のカンサス シテイーに51年に生まれました。(ゲーリーはモンタナ州に01年に生まれ61年に亡くなっています。こういうハンサムで 只者ではないサスペンスを秘ませるような俳優が今はいなくて哀しい限り。)


父親は内科医で空軍の軍医となり 後に牧場主に。その影響でクリスはミズーリ大では農業と演劇を専攻。多くの俳優達と同様に演劇の道を選んでブロードウェイを目指したのです。


初めてクリス クーパーに会ったのは「ローン スター」(96)でテキサスの保安官を快演したとき。クリス クリストファーソンやマシュウ マコナヘー、フランシス マクドーマンドと行ったくせのある共演者が こだわりの監督 ジョン セイルズのもとに保安官の父親の記憶を辿っていくスリラードラマでした。こういう映画も今のハリウッドから なくなって 寂しい限りです。


“ (監督の)ジョンとは「マテワン」(87)でのオーデイシオンで初めて会い これが僕の映画初出演と知って 特別に興味を持ったようだ。それまでずっとブロードウェイやロンドンの舞台ばかりにでていたから 僕に取っては 初めての映画どころか 主役だったから
非常に不安だった。しかしジョンの完璧な段取りと際限のない才能を目の当たりにして
僕は大船に乗った気分になれたのだよ。以来ジョンとは仕事以上の仲になって 僕に取っては巨大なブレークになったし 良い友人を得る事が出来た。”




クリスは低い 安定した声で ゆっくり話してくれる。舞台に慣れただけに 静かだが
よく通る声で ひっそりとした立たずまいが 場を和やかにし 苦労人の気配りがよく見て取れました。
83年に結婚した女優のマリアンヌ レオーネとの間にジェシーと言う息子が87年に生まれたものの脳性小児麻痺で重度の身体障害児でした。このハンデイーキャップを抱えながらも 息子に対する愛情を連々と語っていたし 絶対に被害者の目で世の中を見ず 毅然とした姿勢は気持ちの良いものでした。
最高の医療を息子に とわざわざボストンの近くに引っ越し 息子も献身的な両親に応えて
高校の時は最優秀生になったとか。
しかしジェシーは05年に亡くなり クリスは前にもまして 仕事に没頭していったのです。
「アダプテーシヨン」(02)では蘭の栽培者の役を手がけて 見事アカデミー賞を受賞。
“ 蘭の事など全く分からなかったが監督のスパイク ジョーンズが次から次に 映画と全く関係のない妙な事を質問して来たり 命令するので 僕は多少混乱状態で役作りをしてね。
彼は編集を自分でするのだが 出来上がった作品を見て うなってしまった。すべてが
きちんと要所要所に収まっているではないか。”


「シービスケット」(03)ではサラブレッドにしては 大食いでのんきな馬の調教師の役を例の冷静沈着な動きで演じ ジェフ ブリッジェスのリッチで野放図のオーナー役と良いコントラストを見せていました。そして父の影響で馬が大好きとにこにこしていました。
会見の場所がロスアンジェルスの東にあるサンタアニタ競馬場でしたので出演者も関係者も
何となく浮かれて クリスも満足そうにロイヤルボックスや記者席 クラブのバー等を見て回っていました。私めもこの競馬場に数十年前 日本からの名サラブレッドが鳴り物入りで来た時 報知新聞の取材のために何日か日参した懐かしい思い出があります。例の物忘れ症で競馬馬の名を忘れてしまいました。後日 追加しましょう。


先輩のスタンデイング ホース氏のサポートで 1986年 3月29日 我が日本の7冠馬の名馬シンボリルドルフがサンタアニタ競馬場で7頭立てレース で6着と言う残念な結果だった事が分かりました。時差が原因だったのでしょう。


最近では マット デーモンの「ボーン シリーズ」にレギュラーとして出たり マットの親友のベン アッフレックが監督し主演した「ザ タウン」にもベンの父親役で顔を出したりとボストンの街の仲間意識を強めているようです。


2003「シービスケット」






Monday, June 11, 2012

MICHELLE    WILLIAMS


ハリウッドのスター女優でいつもウルトラ ショートヘアーなのは ミシェル ウィリアムズとケアーリー マリガン (英国 「17歳の肖像」09)ぐらいのもの。


よく考えると昔もジーン セバーグが ばさっとカットして話題になったり いつも短いオードリーヘップバーンぐらいしか 思い出せないほど 女優 イコール 波立つロング ヘアーが基本条件みたいです。あ。シャーリー マックレーンもいましたが 彼女のケースは
美女と言うより コミカルな味がアピールでしたから。


ミシェルには あのヒース レジャーに “ 僕は君のショートヘアーが好きだ ” と言われ
彼が急死した後もしっかりショートを保っていると言う 涙ぐましいエピソードがあるのです。二人が共演した「ブロークバック マウンテイン」(05)は歴史に残るゲイのカウボーイのドラマでしたし これがきっかけで親しくなって オスカー授章式にそろって現れ
ミシェルの目にしみるような黄色のドレスもレッドカーペット史に残るドラマテイックなものでした。
 
結婚し 2005年には娘が生まれ オーストラリア生まれのヒースは 国歌の “ウオルチング マチルダ” から取ってマチルダと名付けたり ニユーヨークの庶民が住むブルックリンに新居を求めたり と新鮮なカップルでした。


未亡人になったミシェルは マチルダとヒースの愛犬と共に逞しく生きて
「ブルーヴァレンタイン」(10)では もう一人のヒースとも言える演技没頭タイプのライアン ゴスリングとうまく噛み合ない夫婦を強烈なセックスシーンもものかわで演じたり 去年は「マイ ウィーク ウィズ マリリン」でマリリン モンロー役に取り組み 見事アカデミー賞候補に。


“ 誰もが一度が恋をしたモンローを巨大なスクリーンで演じるのは 惨事につながるけれどそれを敢えて 試みてこそ 女優の魂と思ったのです。顔も体も似ていないからこそ可能だと信じて。マリリンの映画やニユース リールを毎日毎日見て 聞いて 彼女の心を
2010  [BLUE VALENTINE]
自分の中に育もうとしました。 プライヴェートな時もそばにひとがいると マリリンはマリリンを演じていました。これでは疲れる訳です。演じているうちに 私にもマリリンの性格がのりうつって来て 怖い思いもしました。”




と素直に 優しく言うミシェルは か弱そうで 痛々しかったのを思い出します。


「ドーソンズ クリーク」と言うテレビシリーズ (98−)で人気を得たのですがこの時の共演者に 目下トム クルーズ夫人のケイテイー ホームズがいました。
当時のミシェルは 可愛い顔の下に 演技派として 前進する と言う固い決意が
漂っていました。ちなみにケイテイーにもガッツがありましたが ミセス クルーズの道を選ぶとその野心はおあずけとなります。ニコール キッドマンしかり。


ミシェルは動物が大好きで 「ウェンデイー アンド ルーシー」(08)は 鄙びた村の心暖まる若い娘と愛犬のおはなしです。


娘がいたらマット デーモンと結婚して欲しい 息子がいたら ミシェル ウィリアムズをお嫁さんにしたいと多くの母親が私めと同感するはず。




2011   [MY WEEK WITH MARILYN]

Sunday, June 10, 2012

TOM   HANKS




いやはや 今のトム ハンクスの映画に食指が動く人は余りいないのでは と心配してしまうほどに 大物スターになって 精気と言うのか 性的魅力 いや スクリーンから放出するオーラがめっきり無くなってしまいました。


あのアメリカの素晴らしい健康性をこの人ほど満タンで見せてくれるスターは他にいないし 頭はとびきり良いし 人当たりと来たら 機嫌が悪い時で 普通の人の
機嫌の良いときぐらい 万年陽気マンですし このところいつも会う度に


“ 大統領が家系にいるのだから 政治家になって欲しいです。ロナルド レーガンやシュワルツェネッガーよりはるかに 資格があるし。”
等と訴えてみるのですが


1995「アポロ13」
“ いやー ヨーコ、僕は映画の世界で人々を楽しませ 恵まれない人たちを僕なりに助けていく方が ずっと効果があると思うよ”


とおもむろに答えるばかり。


ご存知かと思いますがハンクスの母方の先祖にリンカーン大統領がいるのです。


1984年の「スプラッシュ」以来 実に30回以上も会っている事と
当時はそれほど日本人の記者がいなかった事 私めの質問がユニークな事などで
トム と ヨーコの仲なのです。と言っても 初対面でも 友達の様に 親しげに
話すのが彼の自然な態度で 気楽で ジョーク連発の楽しいスターですから
これは特別な訳ではありませぬ。
と断って それにしても 彼の臆面もなく 臨機応変に滑らかにスピーチをする才能とひとの名をしっかり覚えている記憶力は見事です。


一度だけちょっと叱られたのは “ お父様はコックでいらしたから お料理はお得意ですか” と聞いた時
“ 僕の父はコックではない! ちゃんとしたレストランのシェフだ!”
1999「グリーン マイル」の時、次の「キャストアウェイ」役のためにひげをのばしている。
と誇り高い息子の矜持を示した時です。


今年の7月に56歳。まだまだ壮年ですから これは!と言う役を探しているのでしょう。それにしても「フォレスト ガンプ」(94)や 「ビッグ」(88)の父ちゃん坊やの役が余りにも強烈で ナイスガイのイメージを打ち破ろうと
「ロード トウ パーデイシオン」(02)などでは 悪役を手がけてましたが
どうも行き止まりのカンは拭えません。


最近の「ダ ヴィンチ コード」(06)と続きの「天使と悪魔」(09)など
の博士/探偵ぶりもぱっとしませんし
ジュリア ロバーツと組んだ「ラリー クラウン」(11)はロートル ロマコメ
スターの “どうだ まだいけるだろう”という傲慢さが感じられて げへ !でしたし
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」(11)の父親役は彼の持ち味が活かされているとは言え ちょい役ですし
親友のスピルバーグと組んで テレビドラマシリーズ 第2次大戦ものの制作に
励んでいるのが今のハンクスの誇り高き成果でしょう。彼は第2次大戦おたくで
その造詣たるや そこらの教授がこりゃだめだ!と逃げるぐらいなのです。
 

Saturday, June 9, 2012

KRISTEN    STEWART




ぐっと若いスター、「トワイライト」シリーズの ヒロイン ベラ スワンを08年から今年の秋に公開される最終回まで5巻に渡って演じて世界中の女の子達から
羨ましがられているクリステン ステユワートはこの4月に22歳になったばかり。
“ 私の兄は録音係、母は脚本家、父は監督。それもいつも仕事がくるか来ないか
分からない状況の程度。だから業界のハード ワークは身にしみている。普通だったら 私だって平均以下の女優でずっと行ったと思う。”


何しろ 10歳にしてジョデイー フォスターの娘役を 「パニック ルーム」(02)で獲得、スリラー ドラマをしっかり把握した演技は あの厳しいフォスターも褒めちぎり ここで二人の鼻っ柱が強いベテランとルーキーが強い絆を持ったと言う。


小学校のクリスマス パーテイーの舞台でタレント スカウトの目に留まり 以来
テレビや映画の子供役を次々にこなし 「トワイライト」の役を演じたときは
2010「ランナウェイズ」
相手役のロバート パテインソンやテイラー ロートナーより遥かに経験も
ガッツも豊富なベテランで 撮影中は青い二人の世話を焼いたそうな。


“ 合宿みたいなロケ現場だったから 気分転換にお料理を始め ロブ (パッテインソン)は野菜たっぷりのスープ、テイラーにはロースト チキンと二人の好物を作って 美味しい 美味しいと食べてくれると凄く嬉しくて 子供達に食事を作っている母親みたいな気分を味わったのよ!”


と殊勝なところが微笑ましい限り。


それでもタフな姿勢をクールと見るジェネレーシヨンの女の子ゆえ 会見では滅多に笑わず ふてくされた表情 反抗的な返事をしてきます。よく見ていると
手を固く握りしめ 手が真っ白になっていたり 足を貧乏揺すりしたりとかなり
緊張しているのが見て取れ こういう状況がとてもやりきれないのだなーと言う本音も覗けます。
「イントウ ザ ワイルド」(07)はショーン ペン監督の大学を卒業した若者がたった一人でアラスカの野生の自然に挑戦すると言う冒険ドラマでしたが ここでクリステンは若者に歌を歌って ほんのりとした愛を交わす女の子を演じてましたが 彼女の媚びない姿勢を見ているとペンの生き方に強く共鳴しているのでは
とも思いました。


「ランナウェイズ」(10)では女性初のロッカー、 ジョーン ジェットを熱演、当人とかなり一緒の時間を過ごして ここでもすっかり意気投合と強く
逞しく ゴーイング マイ ウェイの生き方をする人たちに魅かれるのだなと。


新作 「スノウ ホワイト アンド ハンツマン」(12)(白雪姫と猟師)
ではジャンヌ ダルクさながらに鎧に身を包み白馬にまたがって 悪魔のお妃
を征伐する勇敢な白雪姫を熱演。


“ 正義のために戦うと言うところがとっても好き。王子様に頼ったりしないで
泥だらけになって格闘したりして 綺麗なドレスなどに興味がないところがユニークでしょう!”
と誇らしげでした。


もうひとつの新作「オン ザ ロード」(12)ではジャック ケロアック原作
のワイルドな旅を続ける3人組の一人、メリルーの役を熱演。


既に「トワイライト」のベラを卒業し もっと現実的で苦しい行動をとる女性の役
2011 「トワイライト ブレイキング ドウン」
に集中しているあたりが頼もしく 良い女優になりそうな予感がします。

Friday, June 8, 2012

VIGGO   MORTENSEN




ヴィーゴ モーテンセンは胸が締め付けられるほどの自然人間です。数々の会見に 大きな木綿の袋とかと持参して 中から 自分用のドリンク、大好きなアルゼンチンのサッカー
チームの旗、そのロゴが入った置物などを並べておもむろに席に着きます。


スクリーンの上では 貴族的な二枚目 とか 底知れぬ暴力性を秘めた謎の男 等を美しくも破壊的に激演していますが 素顔のヴィーゴは そうですねー 湖で体を清め 木の下で寝る巡行者のスパルタ生活を励行している清らかさを漂わせています。洗いっぱなしのブロンドの髪は風になびき 木の実しか食べないような ひょうひょうとした痩せ過ぎの体に
彫りの深い顔立ち、安っぽそうな木綿のシャツにズボン 足には古びたサンダルと言うヒッピー スタイルが定番です。


父親はデンマーク人の農民で母親はアメリカ人、生まれたのはニユーヨーク、育ったのは
南米のアルゼンチンと言う訳で デンマーク語 スペイン語 英語 フランス語をどれも母国語の様に操ります。


“ 11歳の時にアメリカに移って来たのだが そのカルチャーショックと言ったらなかった。ののしり言葉の氾濫で 何にでも F ワードを付けるわ スラングは全く分からないし
僕はカーペンターズのファンだったから学校に行く時は 「トップ オブ ザ ワールド」なんかを大声で歌っていたが みんなが 野次るから 次第に止めて ブルーオイスター
カルト とかグランド ファンク レイルロード 等に興味を持つ振りをしてね。”


初めて会ったのは 多分 デミ ムーアが坊主頭になった「G I ジェーン」(97)で筋肉隆々のしごき軍曹を演じた時。あの優しい顔が 鬼の様になって 柔らかい体は ごつごつの兵隊型と変化して まさに米国海兵隊のシンボルになってました。


“ 僕はコントロール フリークで役作りに本物の忠実性を込める事に 必死になる。だからといって他人に対しても その要求をしたりしませんよ。
スタートした頃は ボーイッシュな顔で 悪役は全く来なかったが 一度 影のあるキャラクターを演じると認められて 次々に町のドラッグ デイラーのような役が入る様になった。ハンサムな主役なんて面白くないから 複雑な悪漢役を続けていきたい。”


と得体の知れない液体を 例のサッカー球団のロゴ入り茶碗からすするのでした。


「ロード オブ ザ リングス」シリーズ(01−03)のアラゴン役で一躍スターになりましたが このニユージーランド ロケでも 出演者とクルーの親分として チームとしての入れ墨を彫り 団結と忠誠を誓ったりし あのベテランのサー イアン マッケレンまでもが入れ墨をしたと言う独特の人を引きつける魅力を持っているのです。


写真集を出したり 作曲 作詞して自分で歌ったCD 等も袋から出して来て 恥ずかしそうに配るのです。
“ 良かったら見て下さい、聴いて下さいな。” と。しっかり大手から出版された売り物になっている商品なのに 大道芸人が配る様に 自分で 謙虚に 手渡すのです。傍らの
大物映画アシスタントたちが 呆れ顔をしているのを尻目に。


そのあたりの平和的反抗心が心憎いのです。


「イースタン プロミス」(07)のワイルドなセックス シーンは相手役のマリア ベロ
と共に  打ち身と怪我で 全身紫色になったと言う迫力でした。
“ 俳優連中は セックスシーンは嫌いだ なんて言うけれど 僕は大好き。ほとんど知らない人と裸になって 色々工夫をするのは 凄く楽しい!”


等とこれも一種のスターシステムをおちょくる反抗心でしょう。


2008 「アパルーサの決闘」 面白い西部劇でした。これが例のサッカーチームの旗。
最近の「デンジャラス マインド」(11)でのシグムンド フロイド博士の役もエレガントに どこか 戯れの下心を見せて 熱演。お互いに気が合う怪監督 クローネンバーグならではのオーストリア とスイスの社交界にみなぎる性的不満を覗かせた快作です。



Thursday, June 7, 2012

UMA   THURMAN


「危険な関係」(88)の浜辺にあがったヴィーナスのイメージで超現実的な美しさを見せたウマ サーマンを日本ではかなり長く “ ユーマ ”と呼んでいた。私めが必死に現地で
ユーマなどと言う人はいない、当人も “ 父がチベットの文化の専門家で私の名前はヒンズー語の光の女神と言う意味で そう 日本語では 馬 ホース と言う意味なのも知っています。” と言っていると原稿に書いても 後で雑誌を見ると しっかり ユーマ になっていたりしたものでした。ま、 ウマと言う響きが美人女優にそぐわないのもよく分かりますが。

183センチの長身と輝くブロンドの髪のウマに始めて会ったのは 「ヘンリー アンド
ジューン」(90)と言うヘンリー ミラーと妻のジューンとアニス ニンの三つどもえの
エロテイックなドラマに出た時。

“ 実は小さい頃の私は手足が異常に長くて アヒルみたいに変な顔で 全くバランスのない
醜い少女だったの。その上に聞いた事もないウマなんて名前で学校ではつまはじきされて
自信のない 可愛くない子供だったのよ。今でもメークやヘアーのおかげでまあまあ見られるけれど 絶対に美人なんて思った事もないわ!”

と力説していたが 実際良く見るとかなり 歪んだ目鼻立ちで それがえも言われぬ
魅力を生み出しているのです。

背が高いのに ぐっとかがんで やけに顔を近づけて親密感に溢れている写真を取る様に心がけるのも微笑ましかった。その後のどの写真もほとんどスキンシップ豊かなポーズを
見せているのは スターなどと言うステイタスにこだわらない インテリの家庭に育った
心意気と見よう。

“ 私の足のサイズは 男並みで 11なのよー! だから足を強調するアングルはタブーです。”
等と自分の事を軽く言う清々しい姿勢を見せてました。

2000「金色の嘘」
父親はリチャード ギアも崇拝するインドと チベット哲学の博士、母親はスウェーデン人で元モデル、後に精神セラピスト、元貴族の家柄に生まれ あのスペインの画家 ダリの紹介で前衛芸術家のテイモシー レアリーと結婚した前歴もある文化ヒッピーととびきり
エキセントリックな家庭でした。


ゲイリー オールドマンがまだドラッグ アル中の頃に結婚(90−92)していた頃
丁度カンヌ映画祭に来ていて 遠くから不思議なカップルだなーと観たものでした。

次はもっと可愛くて安定したイーサン ホークと結婚して 6年間と2児の後
離婚、 目下 フランス人の投資起業家にして ヨーロッパ指折りのプレイ ボーイ
のアーパッド ブッソンと交際中、まもなくベイビーが生まれるとか。


最近は余り映画に主演せず ちょい役ばかりで寂しい状態ですが あの「トワイライト」のスター、ロバート パッテインソンと「ベラミ」で共演。
色々と前評判が芳しくなく まだ公開の日程も決まってないのですが 色仕掛けで社交界をわたる若い男とのからみなど 面白そうです。ぜひはやく観たいものです。