YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, November 20, 2012

BROOKE    SHIELDS


我らが国の皇太子さまがその昔,ブルック シールドのポスターをお部屋に貼っていて,さらに彼女が来日の折りには,デート(!)をしたと言う,プリンスと青い眼の女優のロマンスがかなったら,ブルック姫になっていたかもしれないのでした。

後になってブルックにこの事を聞いたら,ほんのり笑って
2011
「プリンスはとっても優しくて,博識な方でした」てな安全なコメントをしてきました。

「プリテイー ベイビー」(78)の少女娼婦役で話題になりましたが,何と言ってもステージママと言う言葉を広めた
彼女の母親の果てしない野望のもとに,11ヶ月の赤ちゃんの時からコマーシャルに出ていたすでにヴェテランの11歳(撮影当時)だったのです。ちなみにこの映画はフランス人のルイ マルが監督で、買春宿に住む美しい少女のブルックが競売にかけられると言うかな猟奇的なものでした。

その母上のテリーも元モデルで,自らの夢を美しい娘になぞらえたのでは。赤ちゃんモデルノブルックが15歳の時のギャラが一日1万ドルだったとか。90年代はじめの1万ドルですぞ。その後もカルビン クラインのジーンズの広告に性的不純本能をモヨオすポーズで登場してマネージャーの母親の常識を問われたり。

その “不沈戦艦テリー” が今年の10月31日に79歳で亡くなりました。長いことアル中で老人性痴呆症だったとか。ずっと前に会った事がありますが,ものすごいエネルギーと迫力のやり手マダムでした。

「母のことを批判する人は多いいけれど,勉強だけは優先だったのです。学校の時間内には絶対に仕事を引き受けませんでした。「ヴォーグ」誌の表紙の撮影が10時と連絡が入ると「ありがとう!では午後の3時に会いましょう」と答えてました。」
その母上のおかげで優等生のブルックは晴れて名門プリンストン大学に入ったのです。

ブルックは1965年5月31日生まれですから今年47歳,テニスのプロのアンドレ アガシと結婚と離婚、のちに脚本家と結婚し、現在2児の母と安定した暮らしを送っている様子。
映画歴を見るとめぼしい作品は余りありませんが,ブロードウェイの「キャバレー」などのの舞台劇に出たり,テレビシリーズでコミカルな演技を見せたりとそれなりに活躍しているようです。かっちりと目鼻立ちの整った有名な美人顏だけに役の巾も狭まってくるのかもしれません。

No comments:

Post a Comment