YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, August 10, 2012


EVAN   RACHEL   WOOD


たまには可愛くて若い女優を載せましょう。もっともこの
エヴァン レイチェル ウッドは綺麗ですが鼻っ柱の強い
かなり風変わりな若手です。
1987年9月7日 ノースカロライナ州ラリー生まれですからまもなく25歳。父親は劇団の団長、母親は女優、兄弟も全員俳優と言うシアトリカルな家庭に育っただけあって
エヴァンは四六時中、全身をドラマの中に浸して生きているような女優です。

「インタヴー ウィズ ヴァンパイアー」(94)のオーデシヨンに最終選考で落ちたのが5歳のとき。受かったのはあのクリステン ダンストでした。
学校の成績は抜群で15歳で高校を卒業。(と言ってもこのエヴァンですから学校の集団行為が嫌いでホーム スクーリングを受けたそうな。)
2009 「人生万歳!」
衝撃の主役デビューは「サーテイーン・あの頃欲しかった愛のこと」(03)と言う映画で反抗期の13歳を生々しく
痛々しく熱演したとき。
英語でテイーンエイジャーというと13歳から19歳までの
数字にテイーンがつく期間で13歳はそのスタートになる訳です。
ホリー ハンターが母親役で例によって経済的に不自由、夫とは別れ 不満度ハイレベルと言う状況で 娘は始めのうちは優等生だったのが 何せテイーンになるとホルモン亢進
精神的に不安定になるのが当たり前で 隠れて自分の体に傷をつける症状を見せ始めます。こういう娘を画面で見ると
ほとんどの女性は嫌だなーと母親に同情しますが エヴァン
レイチェルのリアルで 率直な感情表現が、あーこの子も悲しいのだ、助けを叫んでいるのだ、と理解出来るのでした。

同じ年に「ミッシング」でヒーラー(癒し師)のケイト ブランシェットの娘を演じています。トミー リー ジョーンズがブランシェットの父親で誘拐された孫娘(エヴァン)の捜索を手伝うのですが、 ニユーメキシコの岩山を舞台に、インデイアンの神話の魔術等も出て来て ロン ハワード監督のちょっと変わった面白い作品でした。


さてエヴァンはハリウッドの “イット ガール” として注目を集め 頭が良くて反抗的 と言うタイプの娘役を繰り返すのですが いつも異なるアングルで演じて おまけに整った美人顏がちょっと怖い感じで そこらのキュート!だけが取り柄のヤングとはひと味も7味(唐辛子)ぐらい違います。
レッドカーペットのスタイルが又 レトロでヴィヴィアン
リーかキム ノヴァクか!と言う今では余り流行らない濃いメークに大時代的ドラマテイック ファッシヨンで登場し カメラに愛嬌を振りまいたりせず、つーんとお澄ましするのが 個性的で良いのです。

“ わたしはわたし。両親が俳優だったから この世界に巨大な期待を抱いたりせず 実力こそもっとも大事で 心身のバランスを保つことが演技力を育てる基礎でもあると分かっているの。裸になるのも全く気にしない。女優の体は道具ですもの!
2008 「レスラー」ヴィヴィアン リー にそっくり!
母の影響で古き良き時代のハリウッド映画をたくさん見たから 公共の席に出る時は 目一杯 自分の好きなスタイルを決めたいし トレンドなんて大嫌い。
メークも自分で心ゆく迄楽しんでする。マリリンの影響?
一緒にメークごっこなんてする時もあるわ。”

ここに出たきたマリリンは あのモンローではなく 2007年から08年まで交際していたミュージシャンのマリリン
マンソンで二人の厚化粧はしばらくの間パパラッチのごちそうでした。
05年に音楽ヴィデオで共演したジェイミー ベルとのロマンスが再び再燃したとかで あの怪物のようなマリリンはエヴァンの毒渇望期間だったのかも。英国人で健気な熱情家のジェイミーのほうがどこから見てもお似合いですから。
もっともエヴァンにとっては 言うまでもなく余計なおせっかいでしょうが。

「アクロス ザ ユニヴァース」(07)はビートルズの曲が30個ちりばめられた60年代のアメリカの青春もの、「レスラー」(08)ではミッキー ロークの又もやの反発娘。
凄い演技を見せたのは テレビ映画の「ミルドレッド ピアース」(2011)で昔ジョーン クロフォードが主演してアカデミー賞を獲った一大メロドラマで 母親役をケイトウィンスレットが演じ 苦労に苦労して令嬢に育て上げた娘
をエヴァンが激演、母親の恋人まで誘惑する自己中心のかたまりを美しくも おぞましく演じてました。
そして最近の「IDES OF MARCH] はジョージ クルーニーが制作、監督、主演した政治ドラマでエヴァンは
選挙キャンペーン事務所で働く若い女性と言う役どころで
純情な熱血漢のライアン ゴスリングと親しくなり それがとんでもない方向に言ってしまうと言う悲劇に進むのです。

No comments:

Post a Comment