YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, August 1, 2012

HALLE    BERRY


「チョコレート」(01)でアカデミー主演女優賞を獲った時のハリー ベリーの身悶え 号泣 歓喜雀躍 ぶりは歴史に残る強烈なものでした。
その翌年に主演男優賞を取り 前の年の受賞者 つまりハリーからオスカー像を手渡されたエイドリアン ブロデイーが彼女をがっしり抱きしめて 熱烈な接吻を交わしたのも
オスカー史上初のユニークなジェスチャーでした。


1966年オハイオ州クリーブランドに黒人の父親と英国はリバプール出身の白人の母親のもとに生まれ このハリーという名前は地元の有名なデパートから取ったそうな。
日本でなくとも アメリカ人でさえハーレ とかハールなどと呼びかねない珍しい名前です。
“ 小さころはオレオ クッキーって呼ばれたりもしたけれど ほんのちょっとでも黒人の血が混じっていたら 黒人に属したほうが ずっとい居心地がいいと後になって気がついたの。そして自分の立場に誇りを持つことが何より大事だとね。”
もちろん オレオ クッキーはチョコレート色のクツキーの間に白いクリームが入ったお菓子、ミルクに浸しながら食べるのがアメリカ人の子供たちのおやつです。


2002 「 007 ダイ アナザー デイ」
初めてあったのは「ジャングル フィーヴァー」(91)の時で大リーグ選手のデイヴィッド ジャステイスと交際中で
した。翌年の92年に結婚、そのうち家庭内暴力など起こって97年に離婚。
ハリーは若い時にボーイフレンドに暴力を振るわれて片方の耳が不自由な上に糖尿病ともろもろの困難をしょって、その上にこのトラブルでした。
生涯の目的だったドロシー ダンドリッジの伝記を自分で
制作 主演した「イントロデユーシング ドロシー ダンドリッジ」(99)はテレビ用ですが 彼女の美しさと黒人女優としての勇気が画面からはじけて 映画ファンにはたまらないハリウッドのあざとい側面も伺える面白いドラマです。
ダンドリッジのメンター兼恋人のオットー プレミンジャー
(高名な白人プロデユーサー)をオーストリア人俳優のクラウス マリア ブランダウアーが手がけ 人種差別と性的虐待の異常な関係を激しく見せていました。
床にダンドリッジが倒れているシーンのアングルがハリーの腰から太ももをもっこり厚く見せていた あとで本人にパッデイングでもしたのですか? と聞いたら
“ あらー。何も付けてないのよ! ヒップと腿は元々 凄く太いのだから。私はその部分をカヴァーするドレスを選ぶのがとっても上手なの。顔立ちが細いこともあって 私の下半身だけをみると その巨大な差にみんな驚くのね。”
と平然と答えていました。


05年のハリウッドのオスカー賞パロデイー イベント “ ラジー賞”に「キャット ウーマン」(04)の主役で最悪主演女優賞に選ばれた 勇ましく出席し
“ 認められのは嬉しいけれど 2度とこの式に招待されないことを願うわ!”
とユーモラスにスピーチ。


歌手のエリック ベネと2001年に結婚 彼の浮気とか色々と問題が出て05年に離婚。
“ もう2度と結婚はしないわ。男の人はこりごり。ひとりでせいせいしたわ!”
と晴れ晴れとした表情で言ってましたが すぐに白人モデルのガブリエル オーブリーと親密になり 08年に娘が誕生したももの2年後に別れ、
“ 今度こそ 子供も授かったし 結婚は絶対にしませんよ!” と鼻息も荒かったのです。


とは言うもののもちろん男性達がほっておく筈もなく 性懲りもなく(?)目下フランスの男優、それも名うての女優たらし(?)オリヴァー マルテイネスと2012年1月に婚約したのです。







No comments:

Post a Comment