YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, June 17, 2012

MARK    WAHLBERG




ボストンに生まれ 8人兄弟と言う貧乏なカトリックの家に育ち 少年時代はドラッグに窃盗 逮捕に釈放の繰り返し 路上でブレークダンスをしているうちに “ ニユーキッズ
オンナ ブロック” の初代メンバーとなっても 悪さの誘惑に耐えず 6ヶ月でヤーメタ が15歳の時。
次はカルビン クラインの下着のモデルになって人気が出て
95年の「バスケットボール ダイアリーズ」でレオナルド
デイカプリオと共演、レオのすぐに熱くなる親友を演じて
注目され
「ブーギーナイツ」(97)のポルノスター “ダーク デイグラー”(日本語のニヌアンスにすると 黒ぶりちんちん
ぐりぐり男)の役を張りぼてのチンチンを公開して大熱演。
一挙に有名に。


初めて会ったのは 「バスケットダイアリーズ」の時で
鼻っ柱の強い可愛い顔の いかにも街で怪しい行為に走り 色々とちょろまかしている少年院タイプでした。


99年の「スリーキングス」と翌年の「パーフェクトストーム」で続けてジョージ クルーニーと共演し 「ストーム」で大嵐にあって大波の海で溺れるシーンでは 二人の顔が
接近して 次は熱い接吻に! と言うスリリングな状態に。
こういう男性同士のホモつぽい友情の “ブロマンス” (ブラザーのロマンス) と言うスラングがぴったりのコンビでした。
“ジョージが迫ってくるから 僕は後輩としてああいう反応をしただけ。全てはジョージと監督のせい”
とマークは空とぼけていましたが ジョージもすかさず
“実は僕たちあのクローズアップの後 ぶちょっとキッスをしたのだが 惜しくもカットされてしまった!返す返すも残念だ!” とやりあうのでした。インタヴユーはボストンの波止場近くで行われ ローカルボーイのマークは意気揚々でした。
「デパーテッド」(06)ではオスカー助演男優賞の候補に
なりマークはオールラウンドの俳優としてもプロデイューサーとしてもハリウッドのAリストに。
2010年の「ザ ファイター」では憧れのボクサー、ミッキー “アイリツシユ” ワードを3年近くのトレーニングの後に手がけ 今度こそ主演賞!と期待されましたが 兄貴役のクリステイアン ベールと母親役のメリッサ レオが見事に受賞。共演者が受賞するのはとりもなおさず 主演者が
底力を発揮して 回りの俳優をレベルアップしたからで こういう相乗効果が良い映画の原因なのです。


新作「テッド」(12)は珍しくコメデイーですが ぬいぐるみのテデイーベアーを相手に感情を吐露したり 大格闘を見せたりのおかしな内容で ポスターを見ると又 気楽な気晴らし喜劇か と見えますが そのとうりで しかもちょっとセンチにさせてくれたりするのは マークの巧さならではです。この時の会見では
“ 実はソファの上に何にもない状況で想像力でテッドとの長いやり取りをしたのだが これを見たらみんな僕がとうとう頭がやられたか!と思うだろうね。監督はおもちゃの熊さえ置いてくれなかったのだから。何か魂胆があったのだろうが ”
とぶつくさいってから 父上のおもいでを。
“ 小さい頃の僕はみんなにモンキー、モンキーと呼ばれて凄く嫌だった。父さえもモンキーと呼んでね。ある時僕は父にモンキーって呼ばないで と訴えると父はどう呼んで欲しいか と言うのでずっとマイクと言う名が好きだったからマイクと呼んでと頼んだ。以来父はどこでも僕の事をマイクと呼んで年を取ってシニア施設に入ってからも看護婦たちに僕の映画のステイールなど見せては “ 息子のマイクだ!凄いだろう!” などと自慢して 相手を混乱させていたのだヨ。いいおとつあんだったなー。”
と涙ぐむのです。お父上は朝鮮戦争の帰還兵で運搬業者をしていましたが2008年に数度の心臓マヒの後になくなりました。
すっかり大物となったマークは数年前から経験なキリスト教信者となり日曜日にはミサに行くので インタヴユーなどの予定は入れません。4人の子供とレア ダーハムと言う女優だった奥方と幸せに暮らしているようですが
2012 「テッド」
 “ 妻がいないときは Rレーテッドの映画を子供と見たり ペイントゲーム (ペンキが出る銃で戦う戦争ゲーム)を庭でして大騒ぎとなり 隣人を含む何もかもにペンキを塗ってしまって 後で妻に怒られたのなんのって!”
と悪ガキぶりはしっかり残っているようです。

No comments:

Post a Comment