YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, June 14, 2012

JESSICA  LANGE


1949年4月20日生まれですから今63歳のジェシカ ラングの最近のショットです。若くぴちぴちの写真もたくあんありますが 実はこの後 ニック アンド タック 
(引っ張って つまむ つまりフェイスリフトの事です)をしたようで 今は目が吊り上がって 少し怖い顔になって来ました。
ハリウッドならずとも 外見で勝負の世界は 痛い手術も耐えなければならない過酷なものです。


ラングに初めて会ったのは 「熱き愛に時は流れて」(88)でデニス クエイド扮する
花形フットボール選手と結婚するホームカミング女王の役を演じた時。原題は 「EVERYBODY'S ALL AMERICAN」とずっと適切なタイトルで アメリカのスタースポーツマンの典型的生き方、プロになり もてはやされて 良い気になっているうちに
ロートルとなり アル中になって行く。原作者は スポーツイラストレイテッドの敏腕記者だったフランク デフォーですから スポーツの世界がビビッドに描かれてます。
ラングは美しかった人気者が 徐々に年を取り だめな夫を支える と言う一昔前の
アメリカの女性を痛ましく演じて 美男美女のカップルが外見はハッピーでも
家の中は苦労の連続と言うドラマはアメリカーナの片鱗でした。


ラングは「キングコング」(76)の摩天楼の空高くキングコングの手のなかでばたばたとあがく美しい女性の役をして注目され 「トッツイー」(82)ではダステイン ホフマンが恋心を抱く女性の役でオスカー助演女優賞、後にトミー リー ジョーンズ扮する
軍人の欲求不満の妻を手がけた「ブルー スカイ」(94)で主演女優賞 とハリウッド
の若い女優がこぞって 憧れる 美しい演技派です。
2011 「アメリカン ホラー」


“ 私はミネソタの寒い田舎に生まれ 大都会で モデルとかウェートレスなど色々な仕事をしましたが やはりふるさとが良くて 今は田舎暮らしを心から楽しんでいます。
畑を作り 鶏の卵を拾い 四季の行事と義務を執り行うのは 私の感性にしっくりするのですね。今の情熱はカメラいじり。写真を撮っては 思いがけない結果に驚いたり がっかりしたり。”


そう言う訳で彼女の手は 大きくてごつごつです。繊細な顔と畑仕事の手のコンビネーシヨンに畏敬の念を抱きました。


パートナーもスペイン人の写真家から ロシアの名バレーダンサー ミハイル バリシニコフとの有名なロマンス、そして82年からは 渋い名優 サム シェパードと最近まで
共同生活をしてました。厳しくて 自己訓練に長けた男性がお好きなようです。


私めは「ロブ ロイ」(95)でリアム ニーセンのロブ ロイの妻を演じて 美しい
スコットランドの湖のほとりで やおら長いスカートをまくり上げて おしっこをするシーンが何とも好きです。ちなみにロブ ロイはスコットランドのロビンフッドみたいな英雄だったのですが 本物は背が小さく 腕が異常に長くて 地面に手が付くほどだったとか! オランウータンみたいだったのですって。
 
そしてやはりスコットランドの英雄 ウィリアム ウオレスをメル ギブソンが「ブレーヴハート」(95)でスコットランドの国旗の色の青い色を顔に塗ったくって猛演してましたが ウオレスは大変に背が高い人物で地元のひとは小男のメルが演じてがっかりしたとか。


最近はテレビの仕事が多く 「グレイ ガーデン」(2009)ではジャッキー ケネデイー(オナシス)の従姉妹 エデイス ブーヴィエ ビールのエキセントリックな生き方を描いたドラマで主演 ドルー バリモアが娘を演じてともに高い評価を得ましたし
目下 放映中の「アメリカン ホラー」(11−)では不気味な隣のおばさんを怪演中。
1999「タイタス」
そうです。40歳を超した女優達は今こぞって ケーブルTVでの美味しい役を待っているのです。

No comments:

Post a Comment