YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, May 10, 2012

ROBERT    REDFORD




永遠の2枚目は今年の8月に76歳 最近は公共の席に出るのを敬遠する様になり
グレダ ガルボ 又は 原節子 の域に入っていきそうなロバート レッドフォードに初めて会ったのは85年でした。


当時49歳のレッドフォードはブロンドの髪は豊かに 彫刻の様にシャープに刻まれた目鼻立ち 均整のとれた無駄の無いスレンダーな体 そしてそう言う美男子
特有の無意識に意識してしまう “ 外見より中身ですよ “と言った無駄な抵抗
があって 知性を強調するのも 不必要な試み と見たのです。


映画は おそらく「愛と悲しみの果て」(85)でしょう。メリル ストリープがデンマーク語訛りをひたすら話すかたわらで 英国人の冒険家を演じたレッドフォードはアクセントの台詞を拒否し アメリカのアクセントで通した原題は
「アウト オブ アフリカ」と言うロマンス巨編です。


会見ではいやらしくない程度に気障で 自然が自分の生活に とてつもなく大事なのだとか話してました。


彼が野球を大好きなのは 「ナチュラル」(84)などで知られてますが
ブルックリン ドジャース(ロスアンジェルスに移る前のチーム)のスター選手だったドン ドライスデールとヴァン ナイス高校時代 (54)同級生だったのですって。


2007  [大いなる陰謀」
ご存知ですか? レッドフォードは「ゴッドファザー」に出るのを勧められたそうですがコッポラ監督が ちょっと君ではね と言ったかどうかはともかく この役は アル パチーノに行きました。髪を黒く染めたレッドフォードのマイケル
コルレオーネを見たかったですよね。




自宅 というか広大な牧場兼スキー場があるユタ州を若き映画人達の発表の場にしたいと始めたパークシテイでのサンダンス映画祭は今や巨大化してメジャーの映画祭になっていますが 90年頃ここであった時は さすがに自分のベイビーですから にこにこと親分風を漂わせていました。


最後の会見は「大いなるの陰謀」(07)の時。写真もこの時のもので当時71歳でした。
“ 自然に年を取って それなりの老人になりたい。” と頻繁にコメントしていますが やはりどう見ても 顔をいじっているようですし 髪もしっかり染めています。虚栄心と言うのか 職業病とでも呼ぶのか 何となく 複雑な気持ちにさせられる70歳の2枚目でした。


ドイツ女性画家のシビリー シガース(SIBYLEE SEAGGARS) と96年から交際 09年には晴れて結婚しています。ですからドイツ語を嬉しそうに話します。


昔の写真とお話は又いずれ。

No comments:

Post a Comment