YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, May 16, 2012

JULIE    ANDREWS






アメリカの兵隊達のための娯楽映画のベスト10のひとつが 「サウンド オブ
ミュージック」で 実際に米国内の基地を訪れた時 屋外の巨大なスクリーンに
ジュリー アンドルーズが登場し あの “ ザ ヒルズ アー アライヴ ウィズ サウンド オブ ミュージック !!”と言う懐かしい曲がかかると 満員の客席の兵隊達は わーわーおーおーと盛大に歌って拍手してました。


日本の自衛隊さん達は美空ひばりとかに鼓舞されるのかな などと思いましたが
心が暖かくなる光景でした。


2010   「妖精 ファイター」
いつまでたっても 「メリー ポピンズ」(64)のイメージのジュリーに初めて会ったのは 「THAT'S   LIFE ! 」(86)で 夫君のブレーク エドワーズが監督 映画の上の夫役はジャック レモン 60歳になったレモンが老いを憂い
妻のジュリーはガンの疑いで苦しみ と言う裕福な家庭のホームドラマで
周囲を囲む俳優達はほとんどが実の家族 か親しい友人達  何とペットまで
ジュリーの愛犬と言うまさにホームメイド ドラマでした。


あの鈴のような声で ちょっと上ずりがちなところが若々しいジュリーは
夫を立てるのに懸命で夫婦の絆を見せてました.やはり夫君の監督作品
「S. O. B.」(81)で胸をはだけて 乳房を見せた時のショックは相当なものでしたが 結局 またもとの善良で心の優しいメリー ポピンズのジュリーでした。


小さい時からどさ回りの芸人一家に育ち 腰を低くするのが 習慣になっている
どこかに寂しさを漂わせる謙虚なスターでした。


ロンドンで大評判になった 「マイ フェア レデイー」の舞台の映画化で
より美しく より人気のある オードリー ヘップバーンに役を獲られ
この映画で(64)オードリーは   既に「ローマの休日」(53)で脚光を浴びてましたがさらにオールラウンドの大スターに しかしジュリーもしっかりポピンズ役を得て 家族用ミュージカルの女優になったのです。


苦労した子役時代 当たり役を奪われるなどの経験と ま かなり長いお顔という
ハンデイーキャップがジュリーの控えめな態度を生み出したのでしょう。


声帯を痛めて 声が出なくなり 98年に手術をして 「プレテイー プリンセス
」(01)で会ったときは 細い 低い声で 注意深く話してましたが
第2弾 (04)の時は なんとか歌える様になったと嬉しそうでした.


いつの背を伸ばして 英国の誇りと身分をわきまえた姿勢が ぐだっとよれた
我々をしゃんとさせてくれます。
今年の10月に77歳になりますが メリー ポピンズ ここにあり!と
凛として立っているのです。

No comments:

Post a Comment