YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, May 26, 2012

JAMES   MCAVOY




2005年の「ナルニア国 物語 第1章」のファウヌス(半人半ヤギ)ミスター
ツムナスで人気が出たスコットランドはグラスゴー出身のジェームズ マカヴォイ
はソフトな顔立ちの そして中身も とびきり 繊細で 優しい33歳。


“ 僕は5フィート7インチ(西洋では低い方)で真っ白どころか 青色の顔色だけれど 醜いとは思ってない。でも絶対にブラッド ピットではないのだから 無謀な期待は持ってませんよ”


としおらしい事を言う。実際 華奢な体つきで 波打つ髪 古風な顔のマカヴォイは
古典劇から出てきたようにクラシックな立たずまいの俳優なのです。


翌年の2006年はマカヴォイの獅子奮迅の年で


まず 「ラスト キング オブ スコットランド」では ウガンダの独裁者 イデイ
アミンに仕える医師の役を熱演。アミンの情婦に手を出して 凄まじい拷問を受ける
場面は 妙に猟奇的で ゲイに受けそうでした と言うのは 勝手な解釈で
アミンを演じたフォレスト ウィテカーはオスカー賞を取ったほどに 衝撃的な映画でした。


次が私めの大好きな小作品ですが 知性と暖かさがあふれた大学生のドラマ 「スターター
フォア テン」。タイトルは英国で人気があったクイズ番組で それぞれの大学から選ばれた物識り学生がチームを組んで 東西南北の難問に答えていき 勝つとその大学に
賞金が入ると言う いかにもイギリスらしいノーブルなショウです。


マカヴォイ君はおきまりの貧しい家の秀才 近所のだちは不良のドミニック クーパー、
ガールフレンドの一人はユダヤ系でレベッカ ホール、キャプテンで博識で金持ちの子息
2007  「つぐない」
をベネデイクト カンバーバッチと目下注目の若手スターがごっそりと出演していた。


ドラッグびたりとかミュージシヤン志望の若者の生態の映画が多い中 勉強に励む大学生
の生活は新鮮で 健やかでした。


もうひとつ「ペネロピ」と言う豚の鼻を持った女の子 (クリステイーナ リッチ)の映画にも潔く共演してます。


「つぐない」(07)は召使いの息子でありながら ご主人様のお嬢様に恋をする、そして
その二人の逢い引きを盗み見ては ふてくされるお嬢様の妹の浅はかさの為に マカヴォイ君はレープのぬれぎぬをきせられると言う 大時代のメロドラマで お嬢様役のキイラ
ナイトリーが輝くようなグリーンのドレスを来て 書斎で めくるめくセックスをする
シーンは忘れられません。長身のキイラに蝉の様にへばりつく と言うと大好きなマカヴォイ君に失礼ですが かなりアクロバテイックなプロセスではありました。



この映画で金持ちのどら息子に扮したのが 「スターター フォア テン」でキャプテン
になった例のベネデイクト カンバーバッチでありました。目下 ベネデイクト君は

「裏切りのサーカス」(11)では スマイリー氏の助手のピーターを、「戦火の馬」(11)では英国騎馬隊の司令官 とめきめき才能を見せ 次は「スタートレック」と「ホビット」に出演しますし テレビでは 異色の現代版 「シャーロック」でクールな主人公の名探偵 ホームズを熱演し 大変な評価を得ています。


さて 名前も外見もカンバーバッチほど華やかではないものの 良心のカタマリのような
マカヴォイに君は 舞台女優のアン マリー ダフと言う9歳年上の妻がいて
2010年にブレンダンと言う息子も生まれました。ダフも華麗な外見は持ってないものの
演技力には定評がある堅実なベテラン女優で 夫君主演の「終着駅」(09)に顔を見せてます。


「ラスト キング..」で会ったときは グラスゴー訛りのグランジ スタイルのロッカー風でパブの外でギターを弾いているような風情があって 背伸びした 可愛らしさが いっぱいでした。
気さくで 軽い冗談を飛ばして その夜にパーテイーであったときも そこらの若者と変わりなく スターからは遠いアーテイストでしたね。


それから数回会う度に しっかり覚えていてくれて 若さの記憶力 とは言え 嬉しい気分を味わったものです。


“ いつもチャレンジしたい。同じような役でも 全く違う取り組み方をするのが 僕ら
プロの俳優の務めだと信じているから。ストーリー展開もちがうし 僕自身の成長の為でもある。「ウォンテッド」(08)でアンジェリーナ ジョリーと共演して 初めてのアクシヨン ドラマだったけれど しっかり筋肉トレーニングをして 役作りに備えた。僕が
アンジェリーナとアクシヨン!!とみんなショックを受けたみたいだけど 何事も
トライしてみないと。撮影が終わったとたんに もりもりの筋肉は すっかり無くなってしまったけれど。”


純粋で 健気で 誠実なマカヴォイ君の将来は 確実で 実り豊かなものになるでしょう。
 
2011   [X-MEN :  FIRST CLASS]

No comments:

Post a Comment