YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, March 29, 2012

MEL GIBSON




メル ギブソンとは87年の最初の「リーサル ウェポン」のロケであって以来妙に気があって(スターとお友達になると言うのは職業上なんとも居心地悪いので絶対にないし そういう風な事を言いふりまく人たちは本当のお友達ではないし)たくさん会っているうちに お互いに露悪的なところがあると分かって 公共の席でも仲良くしてます.

「エア アメリカ」(90)と言う映画で日本の芸能記者が大勢集まった時 メルが私とお気楽態度で話しているのを見て メルと出来てる!なんて囁かれたのも 嬉しい思い出です.もう22年も前なのだ!

悪戯小僧がそのままと言う態度とグッドルックスが合わさってデンジャラスな魅力
のメルは何かと言うとセクシュアルなトーンのジョークを言うのです。

反ユダヤ的なことを言ったと飲酒運転で捕まった時騒がれた後に また性懲りもなく “今度ユダヤ人の役をするときはサーカムシジョン(おチンチンの皮を取る手術)でもするか” 等と言うのですから。

最近の映画「THE BEAVER]は親友のジョデイー フォスターが監督.共演で全く
ヒットしなかったのですが ジョデイーは ”ある時 自宅の庭で怪我をして メルを電話で読んだら すぐに駆けつけてくれて 自分の車に積んでいる救急セットでしっかり手当をしてくれたのよ.友達の為ならどこにでも来ていくれる頼りがいのある人なの.”と言うエピソードを語っていました。

当人はそう言う話に “え. ジョデイーが助けを求めるなんて滅多にない事だからどんな顔しているのかと好奇心で行ったのさ”  と知らんぷり。

ハリウッドの大半を占めるユダヤ人たちから干されっぱなし  ロシア人のガールフレンドから暴力を振るわれたと訴えられ メルは目下 村八分 の状態ですが じっくり ゆっくり
THE BEAVER (2011)の時
手がけたいともらしていた ヴァイキングの映画 の構想でも練っているでしょう。頑張れメルです。

No comments:

Post a Comment